Season greeting

19. 01. 01

そして時代は続く

あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いします。

去年の歳末、本当に多かったのが
「平成最後の」という言葉でした。

まぁ、「最後」とか「限定」という言葉で
自分ちの商品を売り込もうという
営業方針だったのだと思いますが。

それでもって、紅白歌合戦も
「平成最後の」ということを言っていましたけれども、、
後半は、ベテランの人の出番を持ってきたから
かもしれませんが、ユーミンにサザンに、
と、謙介が大学生だったころの歌が歌われて、、
懐かしいなぁ、と思いながら見たのでした。

今朝、起きて、ぼんやりとした頭で考えたのは、
「年号」のことでした。

毎度言いますが、「一世一元」ということが
決まったのは明治以降のことであって、
それまでは、同じ天皇の治世の途中で
年号が変わるなんていうことは
頻繁にあったわけです。

明治以降、天皇の治世中は
年号を変えない、ということに
なったために年号イコールひとつの時代、
という思いに変わってきたのだと思います。

ですが、昨日の紅白歌合○の後半のように
歌われていた歌は「昭和の歌」だったりしました。
平成になったから、と言って平成だけで、
ということはできません。
時代は、私たちの生活は続いているのですから。


今年の5月1日に新天皇が即位して
新しい年号の時代になりますが、
そうなったからと言って、
冷蔵庫の中のものがぱっと
新しいものになる、なんていうことは
ありません。 昨日の、平成時代の
使い残りのものが冷蔵庫に入っているわけで、、。

時代が変わりました、ハイすべてが
新しくなる、とはいきません。
私たちは生きてきたそれぞれの
時代のものを引きずりながら
生きているのです。 

それはもうどうしようもない、
ことです。


年号が変わったとしても、次の時代になった、
と明確な変化が生じるまでには、20年かかると
歴史学では言われます。 

それで行くと、真の平成時代というのは、
10年ほどだった、ということになるかもしれません。

謙介としてはむしろ今年の5月以降に始まるであろう
新しい年号の年こそが、
本当の意味での「平成独自の文化の時代」
になるのだろう、と思っています。

なので、謙介としては、あまり時代が変わる、
ということは意識せずに今年を
過ごしていくことになると思います。

ただ、その一方で
天皇の代替わりの儀礼については
自分の専門なので、
興味深く見ていきたいとも
思ってはいるのですが。

そんなことを起き抜けにぼんやりと
考えつつ、新しい年を迎えたのでした。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
(最後だけ取ってつけたみたいになりましたが。笑)

| | Comments (8) | TrackBack (0)

18. 12. 31

今年もありがとうございました

今年一年も、このブログをお読みくださって
本当にありがとうございました。

今年は、個人的には本当に忙しい年でした。
自分の仕事場の仕事ばかりではなくて、
いろいろなお役目が一気に回ってきて、
対外的な仕事が5つほどありました。

特に一番最後の12月7日から8日の
仕事が一番重かったように思います。

それは帯状疱疹になりかけで、その仕事を
した、というのではなくて、あとからその仕事を
一緒にやった人からも、大変しんどかった
という感想をいただいていたのでした。

普通に病気を持っていない人でさえ
結構ヘビーな仕事だった、ということでしたから、、

まぁそういう積もり積もった疲れとか
ストレスが重なって、その帯状疱疹が出た
ということだったのでしょう。

ですが、そのついでにMRIも撮って
頭の中の状態も知ることができましたし、
それはそれでよかったのだろうとは思います。


今回のこの病気を経て思ったことは、
もう無理はできないなぁ、ということと
改めて自分の人生のこれから、
ということに思いを致した、ということでした。

今回のことで、
友人にも言われましたことは、
身体を壊してまでする仕事はないぜ、
もっと自分の人生をよーく考えろよ、
ということでした。

このことについてはよくよく考えたいと
思います。


いつもいつもコメントを寄せてくださる方々、
そこまではないにしろ、たまに来てくださって
あいつ生きてるのか、という確認をしてくださる方々、
そうしたみなさんのアクセスに支えられてきた
ように思います。
今年一年、本当にありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いします。

みなさま よい お年をお迎えください。


              謙介拝

今年一年間で一番驚いたことは、
種田山頭火と壇蜜の誕生日が同じだった、
ということでした。
しかし、、この程度か、、。

(おまけの加筆)


例によっての
けんちゃなよ国のことについてですが、
今の大統領が決まった時に謙介さん
以下のような予想をしたわけです。


1.選挙期間中にけんちゃなよな(耳障りの良い)ことを言いまくる
 (あちこちで公約の大安売りをする)
    ↓
2.大統領になって、各所から情報が上がってきたら
 候補の時のようなお気楽なことが言えないないことが分かる
    ↓
3.あちこち調整したけど、無理
    ↓
4.こないだの公約はどうなった、と不満の声が上がり始める
    ↓
5.とりあえず求心力を復活させるために「反日」をしてみる
  で、慰安婦問題の合意は破棄と日本政府に告知する
    ↓
6.どうだ、日本に対して堂々と言ってやったぞ、と
 えっへんと自慢をする
    ↓
7.一時そのことによって世論は静かになる
    ↓
8.それでもやはり公約実現はできていないので
 各所から抗議の声があがる
    ↓
9.内政でにっちもさっちもいかないところに
  中国は「さあど問題」があるし、日本は「たけしま」やら、
  「うぃあんぷ問題」があって、外交的にも内政的にも
  行き詰ってしまって、しっちゃかめっちゃかの
  じょうたいになる
    ↓
10.やけくそ、もしくはけんちゃなよ、になって投げ出す


今は、8の段階ですかねぇ。 今や各所で文政権打倒の
デモが起こっているらしいですし、、。


本当にあの国だけは
いつまでも、いろいろな話題を提供してくれる
国だなぁ、と思います。 そういう意味で言えば
実に興味深い、といえるかもしれません。
来年もゆるーく眺めて行こうか、と思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

18. 01. 02

あけまして おめでとうございます

あけまして おめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

お正月、近所の神社に初詣に行くくらいで
後は、家で静かにしています。

今日の朝でしたか、
両親がテレビを見ていたのですが。

お魚のことに詳しい小学生とか、
難しい漢字の読める小学生とかが出てきていて
それぞれ大人の詳しい人と、対決する、というような
番組をしていました。

漢字の良く読めるお子には東大の漢字を
研究している学生さんが対決していましたが、、

見ていて、あああ、と思いました。
東大の学生さん、小学生のお子の出す問題
読めなくても仕方ないなぁ、と思ったのです。

というのが、小学生のお子の出していたのが
「たまくしげ」とか「め」とか、
要するに古事記・日本書紀に出てくる
やまとことばを漢字に置き換えた場合の
表記のよみを聞いてきていたわけです。

学生さんは漢字の成り立ちを研究している、
ということでしたから、きっと中国文学の専攻で
国文学の上代文学の専攻ではないでしょうし。
そんなの専門じゃないですからねぇ。
そら答えられなくたって仕方ないで、と思いました。
ちょっと大学生がかわいそうでありました。


今年、書いた年賀状、
戌年とは書かず、犬歳としました。
「戌」は、「滅」の意味があります。
新年早々、「滅」はやはりちょっと避けたい、
と思いました。

普通だったら、そこまで気にする奴なんていねえよ、
ということになるんでしょうけど、
何せ謙介の周囲は国文科の卒業生やら
漢文学の専門の人間がたーくさんいますから、
当然のように言葉の意味も分かっている人間だって
たくさんいます。

「戌年」なんて書こうものなら、「戌」は
当然「滅」の意味があるということは知っているわけで、、
どうせ儂に対する当てつけやろ、とか
言われたりしますし、、。

でもまぁそれも漢字の言葉の意味を知って
TPOに応じて遣う、遣わないようにする、ということですし、
漢字を生活の中に生かしている、ということでは
ありますね。(笑)

さてさて。
今年はどんな年になるのでしょうかねぇ。

ウエブの占いを試しに見てみましたら、
ある占いによると、ろくなことのない年で、
別の占いを見ると、3年間続いた不調から
脱出して最高の運気とありました。

どっちになるのでしょうねぇ。

それはさておき。
みなさまにはどうぞ良い年になりますように。

今年もどうぞよろしくお願いします。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

17. 12. 30

今年もありがとうございました

今年もここでお読みのみなさまと
いろいろな話ができたこと、
本当にうれしく思います。
来年もどうぞよろしくお願いします。
良いお年をお迎えください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

14. 01. 01

あたらしきとしのごあいさつ

Kinga_01


           今年もどうぞよろしくおねがいします。
                     2014年 謙介拝上

| | Comments (6) | TrackBack (0)

13. 01. 01

謹賀新年

年末28日の晩に実家に戻りました。
よく考えたら金曜の晩の移動ですから
普段と変りないのですが。

29日はオフクロを病院に連れていきました。
風邪をひいて咳がおさまらないので、、。
おそらく咳止めの薬なんて、
トローチとか例の濃厚ブロチンコデインシロップを
処方されておしまい! っていうのは、自分の場合を
想像して大体わかってはいたんですけど、
年寄りの場合、別のとんでもない病気だったりすると
怖いので、一応、と思って出かけたわけです。
前回採血して、血液の状況を調べてもらったのですが
血液は問題がなかった、とかで安心しました。
とりあえず薬を処方してもらっていただいてきました。

おせちの食材の
買い物に行こうかなぁ、とも思ったのですが
この時期、田舎はあっちこっちから
大根ができたの蕪あげるの、
干物たくさんもらったからあげるとか言ってもってきて
くださるので(おそらくその家でも持て余したので、
持ってきたに違いない)

そんなこんなしていたら、食べ物の備蓄が
ものすごいことになってしまいました。
家に体育会系の高校生とか大学生でもいれば
そんなに食べ物があっても、あっという間に消費してしまうの
でしょうが、大して食の進まないような大人3人では、
それを消費するだけで、もう十分、という気がしました。
なので、今年はおせちも作らず、スーパーで他の買い物もせずに
そのいただいたものを品々食べてお正月を過ごす
ということにしました。

31日のお昼は、それでも面倒だったので
近所のうどん屋に行きました。
うどん屋の店内には年越しうどん・そば用の
ブースができていて、そこで、うどんとかそばを
売っていました。そのうちの半分くらいは
名前が書かれていたので、予約なのですね。
予約だけで、食品ケースに10段くらいありましたから、、。
あの店の閉店は午後3時。食べに行ったのが
午後1時ですから、、後、2時間であれが全部
掃けてしまう、ということなのでしょう。


31日の午後3時ごろ、こちらは雪が降りました。
思わず家持さんの万葉集最後の歌を思い出して
しまいましたよ。

新しき(あらたしき)年のはじめの 初春の
今日降る雪の いや敷け 吉事

この家持さんの時代も本当に希望のない暗い
時代だったのでしょう。
これがその家持さんが勤務していた因幡国庁の跡です。

Inabakokucho
(21世紀の現代でもこれくらいしか人家が
見えないのですから、家持さんの時代の夜の暗さは
もっともっと暗かった、のだと思います。)

あたりはほとんど灯りの消えた暗い夜、
年をまたいで、静かに降り積もるその雪にさえ
新しい年が少しでも今より良くなることを
祈らずにはいられなかった、ということなのでしょう。
しかもその歌で万葉集は終わっているのです。


なんだか、全然希望が出てこない
今の状況とそっくりじゃないか、と
鉛色の空から降ってくる雪花の舞う中で
洗濯ものを慌てて取り込んだのでした。

それにしてもだんだんお正月、という感覚が
希薄になってしまっているのはどうしてなのでしょう。

12月31日が終わって、2013年の1月1日が来た
だけ、という気がしてならないのです。

何年か前に、京都の妙心寺の除夜の鐘の
鐘つきのお手伝いをしたことがありました。
あのお寺の除夜の鐘は、単に鐘を撞くではなくて
鐘を撞く前段としてさまざまな鳴らし物を
決まりに従って、決まった鳴らし方で決まった回数
鳴らさないといけないのです。ですから、
一般に鐘を撞くのを公開はしていません。

鐘楼に入るのが11時20分くらいで
それからさまざまな鳴らし物を鳴らしていきます。
そうして、前の年に1つ撞きます。
後の107つを新しい年に撞くのです。

年をまたぐということ。
前の年のさまざまな行いを悔過し、
すべて捨て去って新しい年へと。

年を越す、ということの厳粛な意味を
感じることができていました。

昨年は、と一言では決してまとめられないことのあった
1年でした。特に昨年後半は自分自身、今までの考え方が
大きく変った年になりました。
今までにもまして、一日一日を大切にして
生活していきたい、と思います。

あまりお正月、という気のしない
年のはじめではありますが、、。

Onenga
サイトの分で書いた色紙ですが、。

このブログ、今年も続けていきたいと思います。
お時間のあるときにでも、またよろしければ
のぞいてやってください。


ぼつぼつと今年も書いていきたいと思います。
お読みのみなさんといろいろなお話ができれば、
と存じます。
(なんだかあんまりおめでたくなさげな新年の言葉に
なってしまいましたね。)


なにはともあれ。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


でもまぁ、あんまりお正月、ということを
感じなかった分、日常の仕事にすぐ戻れそうでは
ありますが。
(それがいいんだか、悪いんだか。笑)

| | Comments (10) | TrackBack (0)

12. 01. 04

龍歳御慶

あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
みなさんのお正月はいかがでしたか?

昨年は辛卯(かのとう)の年でした。
去年の正月早々に届く年賀状に縁起の悪いことは
書きたくはなかったので黙っていたのですが、
かのとの「辛」は「つらい」ですよね。
辛い年にならなきゃいいですね、と思ったのですが
ふたをあけてみたら
本当に昨年は日本国中、火山の噴火にはじまり
巨大地震、台風、と天災の猛威の前に文字通りの
「つらい」年となってしまいました。
さて、「みずのえたつ」といえば文禄の役の年ですが。
(なんたってこの文禄の役の韓国での呼び名は壬辰倭乱ですから。)
おなじみずのえたつの今年はいかが相成りますことでしょうか。

年末年始、前々からお話していたように
食事と洗濯という家の手伝いをする以外は
ほとんどレポートにかかりきりでした。
なのでテレビも何も見ずひたすらレポートを仕上げることに
集中していました。
おかげさまで、何とか規定枚数には達しました。
明日、語句のチェックをして、読んでね、とお願いしている
人に見てもらって、それで再度直して来週中には提出したいと
思います。
1月13日が提出期限でその後20日がそのレポートの口頭試問です。

すっかり写真をアップするのが遅くなってしまったのですが
昨年のクリスマスに向けて、東京の友人が淡路町の近江屋
シュトーレンを送ってくれました。


Oumiya


中に入っているさまざまな木の実が洋酒に漬けこんであって
それがひとつひとつ非常に吟味されたもので
本当においしいそして真面目な作り方をしているなぁ、と
思うシュトーレンでした。
家族みんな、こんなにおいしいシュトーレンは
食べたことがないねぇ、といいつついただきました。
前にもその友人は近江屋のお菓子を送ってくれたのですが
本当にここの洋菓子店はどのお菓子も誠実な作り方を
したおいしいお菓子ばかりで、はずれがありません。


それからおおつごもりの日のことです。
午前中はパソコンで原稿を打っていたのですが
いい加減嫌になってしまいまして、午後から
オフクロと一気にあれこれと作ってしまいました。

Osechi1


うちでは年越の麺類は当然うどん(笑)ですが
このおせち料理をうどんに載せて食べてしまいます。
(菊花かぶだけは当然載せては食べませんけどね。)
だからわざわざうどん用の具は作りません。
せいぜいネギを刻むだけです。

Osechi2


こうやってお重に詰めてみましたが
このお重の中身は年越しうどんとともに無くなってしまい、
後はタッパーのものをお皿にきれいに並べてお正月
いただきました。なのでおせちも3日には全部無くなってしまいました。
おせちをいつまでも食べ続ける、というのも飽きますし、、。

ということでこの冬休み中の何とか、大きなテーマを片づけられたので
後はそのほかの小テーマにかかる予定です。
うーん。でも、、13日までに何とかなるのだろうか、、。
今年も新年早々ばたばたしています。

今年は書初め画像はありません。何せ↑のような
ことでそんな時間がありませんでした。

こんなブログの管理人ですが、お時間があったら見てやってください。
本当に今年もどうぞよろしくお願いいたします。


| | Comments (8) | TrackBack (0)

11. 12. 29

一陽来復

今年、一年、本当にいろいろなことが
ありました。
今年の年賀状には、「一陽来復」と書きました。
どん底にまで落ちたものに、ほのかな光が射し、
ふたたび息をもりかえそうとする営みのことです。

今年一年お付き合いくださいましてありがとうございました。
来年は、今年よりは、ましな年だった、と思いたい、
いや、そうなりたい、という願いをもちながら
新しい年に向かっていきたいと思います。
どうぞよいお年をお迎えくださいますよう。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

                謙介拝

| | Comments (10) | TrackBack (0)

11. 06. 08

と、いうことで。

無事に昨日で鉄ちゃんのお話を終えることができて
謙介もホッとしています。
明日から出張です。
(というのか、それに備えて
今から移動するのですが。)

しばらくPC環境のすこぶる悪いところに行くので、
更新ができませんが
また戻ったら、更新を再開したいと
思います。
それでは、みなさま、お元気で。
ごきげんようぅぅぅ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

10. 12. 29

よいお年をお迎えください

Onenga2


使いまわしで申し訳ありません。
サイトの「百の扉」のほうでも使ったものですが。

今年一年も「終着までは何哩」に
おつきあいくださいまして
本当にありがとうございました。

昨日、寝る前に 岩波新書 ハマノリコ先生の
『グローバル恐○』という本を読んでいました。
今の世の中、大きな時代の変わり目に
立ち会っている、ということなのでしょうね。

とはいえ、毎日、ごはんを食べたり、
こんなことがありましたよ、と
報告しあったり、お互いの気持ちを
通いあわせる、ということ自体は
大きくは変化しないだろうと思うのです。

お時間があるようでしたら
来年もたまにお越しくださって見てやってください。
ついでに何かしら声をかけてやってくださると
もっとうれしいです。

あちこち出かけることは
なかなかできないですが、その分
これをお読みのみなさんから、
いろいろなお話を伺えることを、
すごく楽しみにしています。

今年もあっとい間に終わろうとしています。
(来年も同じことを言いそうですが、、。)
来年は果たしてどんな年になりますか、、。

何とか今年も年を越せそうです。
(しかし、仕事が、、。)
今年一年、本当にありがとうございました。
またここでお会いできるのを楽しみにしながら
俺もがんばってやっていきたいと
思っています。


来年もまたどうぞよろしくお願いします。
それではどうぞよいお年をお迎えください。


                 謙介拝上

| | Comments (6) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧