いなかのせいかつ

24. 03. 18

不思議なこと

実家に戻っていた時の話です。
うちの家は大通りから入った突き当りに近い場所にあります。
うちの家を通過して、少し(200m)行くと、お寺の境内になっていて、、
そこが道の突き当り(というのか後ろは山なので)です。
近くに観光名所があるんですけど、、、
どういうわけか、この突き当りに入って来る県外ナンバーの
車が非常に多いのです。
謙介が家にいるのが土日、ということもあるせいかもしれません。

こちらは1か月家を空けていましたから、庭の掃除をしたりしている
わけです。(落ち葉とか雑草とかの片づけが中心)
そうしていたら10分に1台くらい県外ナンバーの車が
入ってきます。それで、たいていうちの家の前に
集合住宅があるんですが、そこの駐車場で方向転換をして
帰って行きます。

最近の車って、たいていカーナビが付いているんじゃないんでしょうか?
(謙介はそんなの要らない、ってつけてないんですけど)
カーナビを見たら、そんなもの、突き当りって表示で分かりそうな
ものではないのでしょうか?
今回も車のナンバー見たら「わ」ナンバーとか結構多かったです。
「わ」なんてレンタカーでしょうから、カーナビは付いているでしょうに、、。

しかし、なぜに誤侵入が多いのか???
こないだはこういう人がいました。
門の前を箒で掃いていたんですよ。
そうしたら、県外の迷い込んだ車が入ってきて、、
謙介の前で停まります。窓が開いて、、
「すみませーん。ここは行き止まりですか? この奥は
行けませんか?」
「はい行き止まりです。奥に行っても次第に道が狭くなって
自転車しか通れません」
と答えたんですけど、、
その車、ちらっと見たらカーナビが付いていましたよ。
カーナビって、見ていないの? と思わず聞きたくなりました。

それでね、町内会から市に依頼して「この先行き止まり」
という標識を立ててもらったんですが、、、
その標識が、全然目立たなくて、誰が見るの? というような
位置にありましてですね。↓こんなの

20240318-231316

(もうちょっと考えて標識作って建てたら? )
と、その標識が建てられたころ、
うちの近所の人も言っていたようなことで)
カーナビがあるのになぜ間違って入って来る車が多いのか???
これは本当に不思議なことなのです。

 

| | Comments (0)

24. 03. 17

冬のお楽しみ終了

実家に戻っておりました。
土曜日、車の6か月点検がありまして、それを受けて帰ってきたら、
11時50分でした。 そういうことで近所のうどん屋に行ったのですが、、
え? というような行列で、、。
いや、謙介、店の中だけの列だったら、待って食べようと思ってたんです。
ところが、行ったら、店の外にも100メートルくらいの列ができて
いて、、うわー、と思いました。
うどん屋の行列は、基本、結構並んでいても、はけるの速いんです。
謙介の計算だと、店の中だけ列があった場合は、10分くらい待ったら
自分が先頭に来てうどんを食べられる、ということだったのですが、
あの行列だと、30分はかかりそうなので、列に並ぶのやめて
家に戻りました。家の自転車に乗って、ちょっと行ったところに
あるうどん屋に行こう、としたのです。別にうどん屋なんて
いたるところにあるし、その店のおいしいのは確かです。
謙介がどうしてそこに行こうとしたかというと、
その店の天ぷらに高野豆腐の天ぷらがありましてですね
(高野豆腐を甘辛く含め煮にしたのを天ぷらで揚げている)
他の店にあんまりないのです。それで久しぶりに高野豆腐の
天ぷらでうどんを食べたいなぁ、というようなことを思ったから
だったのです。

うどん屋の天ぷら、こちらでは結構そのうどん屋にしかない
ような天ぷらがあります。他地方のうどん屋行ったら、
エビとかなすとかサツマイモ、かぼちゃとかのどこでも
あるような天ぷらしかないですが。
謙介的には、
行こうとした店の高野豆腐の天ぷらとか、春菊の天ぷらとか
煮豆の天ぷらも好きです。でも、よその地方でこういう天ぷら
見たことないんですよね。

で、次に行こうとしたところで食べたいなぁ、と思っていたのは、
しっぽくうどんでした。
これは冬季しかない限定メニューのうどんです。
大根とか人参、ゴボウと言った根菜類と鶏肉、ちくわなどが
乱切りに切られてうどんのつゆで煮込んであります。
それをうどんにかけていただくものです。

大抵のうどんには、七味をかけるのですが
しっぽくうどんについてはおろししょうがでいただきます。
お店に着いて、店に入って注文口で、おっちゃんに
「しっぽくうどんできますか?」と聞いたら
「きょうまでです!」
ということで滑り込みセーフでしっぽくをいただくことが
できました。「次は11月からやけんな」という口上とともに
トレーの上にしっぽくを載せてくれました。

次に揚げ物、サイドメニューのコーナーに行ったら
揚げたてのコロッケがおいしそうだったので、それを一個。
代金は、二つ合わせて600円でした。

Img_7915

ぎりぎり間に合ったしっぽくをおししくいただいて、
もう春が近い、ということを改めて思いながら店を
出てきたことでした。

今日、朝、荷物をまとめて九州に戻るために
駅に行きましたら、ちょうどお江戸からの
寝台電車が着いたところでした。

Img_7919

さんらいずは降車のお客さんを全ておろして、
運転所にひきあげていきました。
ちょうどさんらいずが出ていくのと交代に
謙介の乗る快速電車が入ってきました。

 

 

| | Comments (0)

24. 03. 15

と、いうことで、本人に写真を見せました

今日は、朝6時過ぎの列車で新幹線の停まる駅まで
行って、そこで、6時半過ぎの新幹線に乗りました。謙介が
九州に赴任したころは新幹線も空席が目立っていたのですが
ここ1年くらいは満席です。

今まで新幹線は岡山以東ばかり乗るようなことでしたが
九州に住むようになった結果、ここ3年は、圧倒的に
岡山以西の路線の乗車が多くなりました。

今日は広島まで横の席は空席でしたが、
広島から外国の人が(ものすごく多く)乗ってきて
謙介の横の席もそういう外国人の方が着席しました。
外国人と言ってもアジア系の人はほとんどいなくて
欧米の方が中心です。横に座った人はドイツ語の
本を読んでいましたが、、
その本に地図が載っていたのでしたが
(たまたま謙介、本を読んでて目をあげたら
その地図が目に入りました。外国語で表記されていましたが
その地図を見たら、すぐにどこかわかりました。
だってその地図、嵐山・嵯峨野の地図だもん。
元右京区民ですから、そんな地図、「ああ」ってすぐにわかります。

そうかこの人、今から京都へ行くのか、、
と思いました、、。
だけど、なぜ広島から九州・山陽新幹線に乗るのか????
山陽・九州新幹線は、新大阪までしか行きません。
広島から京都に行くんだったら、のぞみにでも乗れば
いいのに、なぜにあなたはさくらに乗っているのか???
まぁ、新大阪で乗り換えるか、今日ではなくて明日でも
京都に行くのか、なんでせうか。
謙介は岡山で降りて、四国行きの電車に乗り換えました。
謙介は関係なかったのですが、この日、土佐山田で
線路トラブルがあったとかで、高知行の土讃線の列車が
すべてストップしていました。
謙介は別路線ですから関係なかったのですが。
実家に帰って、郵便物の片づけをして、、、
車を出して両親の施設にPCを持っていきました。

先日の下関の写真をオフクロに見せたわけですが、、
わからへん、しらんの連続で、、、、
まぁねえ、、
想定はしていましたが、、まぁそういうことになりました。

オヤジは20代の一時期、福岡に1年半住んだことがあって
よく天神とか姪浜とかというような福岡の地名を聞いた
ことがあります。
ですが、福岡の街もすっかり変わってしまっているので、
写真を見せても、、、?????というようなことになるでしょう。
(今回は福岡の写真はなかったのですが)

そういうことで、写真を見せましたが、ほぼ想定通りの
反応でありました。
実はオフクロの頭の中では、息子は以前に死んだことに
なっています。
オヤジのほうは、まだその辺の記憶はちゃんとしているの
ですが、もともと気が短い人だったのが最近は一層その度合いが
激しくなっているようで、、、、施設の方にも大変ご迷惑を
おかけしているようで、、いつも二人がご迷惑をおかけしています、と
最近は施設に行くと謝ってばっかりですが、、。
まぁそれでも、施設の方のケアのおかげで何とかかんとか
暮らすことができています。最後にもう一度、お礼を述べて
施設を後にして帰ってきたのでした。


| | Comments (0)

24. 01. 30

怒濤の1月が終わりました

といっても今日は30日で、
1月はまだもう1日ありはするんですが。
今日の午後5時が締め切りの書類の作成というのが
ありまして。

今日だって朝の6時から電話のやり取り、メールのやり取りが
あって、ずーっと書類の点検というのをやっていました。
そのうち、書類もおいおいに仕上がって、
何人かの担当が書類を提出していくことが
できるようになりました。
一番時間のかかった人が提出したのは午後3時。
でもまぁ年末年始からずーっとこの書類作成にかかりきりだったので
ようやっと一山越えた、という感じがして
しみじみとした感慨にふけっております。

やっつけ仕事で適当に出したのではないのですが
それでも細かいチェックが入ってなんだかんだと
修正をしろと言われるように思います。
でもまぁ直すくらい、1からの書類作成に較べたら
まだましです。

2か月くらいずーっと書類の処理ばかり
していた反動でしょうかねぇ、
さっきから2月3月の旅行の計画を
立てて、ホテルを予約してしまいました。
ブログの更新もできたらいいなぁ、と思っているのですが、、
ひとまず何とか一番忙しい日々は終わったので、、
ホッとしているところです。

| | Comments (2)

23. 10. 17

風にそよぐバナナ

ちょっと前にニュースになった道路に個人が植えたバナナ。
毎週火曜日に、このバナナの植わっている近くの施設に行く
用事があるので、今日、回り道をして見てきました。
Img_6918

中央分離帯の植木が枯れて、その後、市が何もせずにいたら
中央分離帯が草ぼうぼうになって美観を損ねたので
バナナを植えてやった、というのが植えた人の論理だそうです。

そう思って見てみると、中央分離帯だけじゃなくて
道路両側の緑地帯の植木も長らく世話をせずにいるので
植えたものやら雑草やらごちゃごちゃになっていますし、、
とにかく、手入れができていない状態です。

だからと言ってバナナを植えるのもどうかとは
思いますが、、。どうしてバナナを植えるに至ったのかは
不明ですが、、、。
このバナナの植わっているところから市役所まで直線距離で
500mと離れていないんです。(要するに市役所の
すぐそば)市役所の道路課の人、行こうと思えば、10分くらいで
行けるとおもうんですが、、、いつまで放置するんでしょうかねぇ。(微笑)

 

 

 

 

| | Comments (0)

23. 09. 30

近況ご報告

謙介です。
更新が滞っておりますが、本当に毎日、どうして? と思うくらい
いろいろなことが起こっていて、その対応で(自分の仕事ではない。
締め切りのある仕事なのに、他の人が遅いので、連日、
どうなったんですか? 締め切りがあるんです、と
督促していて、それで疲弊している。)そろそろ我慢の限界に
来ているので、督促もやめにしようか、と思っている今日この頃。

あまりに忙しいのですが、月に一度だけ、気分転換に
旅行に行くことだけは何とか続けています。
(忙しいというわりにそういうことはするのねぇ、、)
9月は砂の中からお湯が湧いて出るという佐賀の温泉に行きました。
10月は出張と称して、名古屋・岐阜・滋賀・大阪に行きます。
11月も出張で大分・別府に行きます。

朝ドラ、終わりましたねぇ。まきのまきので
高知は観光客が増えているんだとか。

高知県にとって坂本龍馬の次の観光資源を探すのが命題でした。
それで、長曾我部元〇とか、山内のお殿様とか、つぎからつぎへと
出したんですが、、みんな今一つクリーンヒットにならず、、

今回は牧野さんでしばらく引っ張っていけそうですね。
高知にはすでに五台山に県立の牧野植物〇もあるし、、
佐川町は平地にある町で山間部の多い高知の街にしては
行きやすいところですし。 

佐川って、高知から愛媛に抜ける街道の街なので
行ったことがある、というより、謙介的には何度も通った街です。
牧野さんのところもそうでしたが、水が良いので
良いお酒が造られています。
川の水が清らかで美しい盆地の街です。

高知がまきのまきのと大騒ぎしているのですが、、
10月からの朝ドラのヒロインは、謙介の実家のある県の出身なのですが、、
今のところ全くと言っていいくらい、盛り上がっていなくてですね、、。
地元のNHKでさえ、特設ページくらい作ればよさそうなのに
何もない、というありさまです。

また、落ち着いたら9月の旅の記録を上げたいと思います。

| | Comments (0)

23. 09. 05

2度あることはまた起こりそうな(おまけ)

謙介、いつも新幹線の指定席はエクスプレス予約、ということで
ネットで予約します。
JRときたら、もうすぐ価格・サービスの見直しをするらしいのですが、
ネット予約だと、自由席料金と同額で指定席に乗れるのです。
あと、ポイントがたまったら同額でグリーン車にも乗れます。
(これはもうじき廃止になるそうです)
自由席と同額で指定席が購入できる、というのが良いです。

 

新幹線の停車駅であれば、乗車券も一緒にエクスプレス予約をして
紙のチケットも不要で、カードをかざすだけでオッケーなのですが
謙介みたいに、乗車券は四国まで、新幹線特急券は九州⇒岡山
という場合は新幹線の特急券をJRの駅まで発券してもらいに行かないと
いけません。 いちいち本当に面倒ですけれども。

で、今回の場合は、四国にいましたから、謙介前日の8月15日に
台風で雨風がひどい中、JRの大きな駅まで切符を取りに行ったのです。
みどりの窓口に行ったら、ここではJR西の発券はしていません。
外の機械でしてください、と言われました。
ちなみにJR九州ではみどりの窓口でいつも発券をしてもらって
いました。そんなことで、JR西の発券ぐらいできるだろうと思ったら
できないんだそうで。

で、言われたお外の機械でしようとしたら、何度やっても予約がありません。
という表示しか出ないのです。
やれやれ、、と思って、もう一度みどりの窓口に引き返し、
何度やっても発券ができない、と表示が出ます、と言ったら
「あ、JR西の発券はここではしていません。岡山駅でやってください」
という係のお話でした。
ということで、雨風の中、家に帰りました。

帰ってから、お昼ご飯を食べて、仕事の準備をして、、本当にこっちで発券は
できないのか、と思って、JR西のサイトにアクセスして、、
説明を読んだら、、JR四国の一部の駅でもできます、と書いて
ありました。その一部の駅は、さっき行った駅だったのです。
だから結論としてはできる、ということだったわけです。

それで次に駅構内図をサイトで調べてみました。
そうしたら、朝、行って機械にできません、と言われた場所とは
正反対の、コンビニの横に、その端末があることが分かりました。
外は台風のためにますます雨風がひどくなっています。
でも、こっちでできるんだったら行こう、と謙介は思いました。

なぜかと言えば、前回の大雨ストップで、岡山駅、広島駅の
みどりの窓口や案内所に長蛇の列ができていて、発券だけで
2時間くらいかかるのを見ていたからです。
15日段階では、16日は新幹線通常運行する、ということでしたが
みどりの窓口なんて恒常的に混んでいるので、
岡山駅でも発券だけは避けたいと思ったのでした。

そんなことでもう一度雨風の中、駅まで行って、機械を探しました。
案内図の指示のあったところに行きますと、、なるほど、ありまして、、、
無事に発券をすませることができたのです。

で、翌日の岡山駅です。
謙介が四国から岡山駅に着いた段階で、上りの新幹線が止まっていて、、
みどりの窓口にはものすごい列ができていました。
こんなことになることは全然予想はしていなかった、のですが
前日、雨風の中を2回も行って切符を取ってきたことはよかった、
と思ったことでした。

しかしそれにしても、、JR四国です。
発券できる端末があるのに、それはうちではできません、
って、、、。そりゃ、みどりの窓口ではできないんだろうけど
駅の中ではできるんだし、、不親切じゃないか、と
思いました。
JRは、カード予約とか、ネット予約が便利便利と言いますが
ちっとも便利じゃありません。
いちいち切符を発券してもらいに行かないといけないし、、
JR九州のネット予約で、JR四国各駅までの乗車券は買えない仕組みです。

便利、というのであればカードで日本国中JRのチケットが全部買えて、
チケットレスで乗車・決裁までできるのであれば、便利と思いますが
一部の駅しかできないのですから、それは「不十分」で、「不便」です。

おとくおとくとは言うけれども、カードですと、自由席料金で
指定席に乗れるのはお得です、が、そこくらいかなぁとも思います。

それとこういう大規模な列車運行停止になった時ほど
JRの社内連絡というのがあって、そこで情報伝達をして
知らせないといけないと思うのですが、東海道新幹線は
JR東海で、山陽新幹線はJR西日本で、九州新幹線は
JR九州で、と会社が違ってしまった結果、
そういう連絡が何もできていないのだなぁ、ということも
わかりました。
社内連絡の手段もないみたいでした。
前回の大雨の時には謙介、広島駅でみずほが運転打ち止め
になって放り出されました。下の広島駅案内所に行って
今後の運転情報を訪ねた時に、、
駅員さんがタブレット端末で調べ始めたのが
グーグルから、JR西日本運行状況と入力したのでした。
これにはびっくりしました。そんなの誰でも見られる
サイトです。わざわざ駅員さんに訊いたのは
JRの車内でそういう運行情報の連絡が来ているか、
と思ったからなんですが、
その状況を見て、
あ、社内でそういう運行情報の連絡ってないんだ、
と、思うとともに、そんなのもしていないの?
と驚きました。こういう時こそ、運行情報の
迅速な連絡って要ると思うんですけど、、。

 

JR東海が今回の大雨の運行停止の検証をするとのことですが、
そんなもん、JR東海だけでいかんやろ、JR西もJR九州も
全部入れて合同でやらないといけないんじゃないか、と
思いますけど、、。

 

とはいえ、どうせまた台風が来たら、運転打ち切り、とか
になって利用者が右往左往するのが繰り返されるんだろうなぁ
とか想像しています。

 

 

 

| | Comments (0)

23. 09. 04

2度あることはまた起こりそうな(後半)

14日は朝から病院に行って入院の手続きをしました。
父はICUに入っているのですが、病院からは特段の電話連絡も
なかったので、まぁ何とかなんているのだろう、と思いました。

自分のほうは「取りあえず」で九州から戻ってきたので
一度九州に帰らないとなぁ、と思いました。
折あしく、8月15日は台風が来ていたので、
16日だったら台風も通過した後だし、影響もないだろうと
踏んだわけです。

16日の朝、(なるべく早くに九州に移動したかったので
7時過ぎの本州行の列車にしたのです)
で、四国から乗った列車は定刻に岡山駅に着きました。
岡山駅から、九州新幹線のさくらに乗りました。
前日にパソコンから指定席を取っていたのです。
謙介の乗るさくらは少し遅れて岡山駅に着きました。
岡山を出たら、本州は 福山、広島だけに停まり
小倉、博多、久留米、熊本と停まって、鹿児島中央に行く
電車だったのです。

実はその段階で岡山駅がとんでもないことに
なっていました。その時は、静岡県地方の大雨の関係で
上りの新幹線がストップしていて、その乗れない乗客が岡山駅の中に
あふれていたのです。
静岡、雨かぁ、と思った後で、謙介のは新大阪始発やし、
西に行く電車なんやから、関係ないやろ、と思っていたのです。
ところが、謙介の乗った列車、広島に着いたあと、
そこから先、うごかなくなってしまいました。
暫くして放送のあったのには「ただいま、静岡県地方大雨のため
新幹線の運行を見合わせております。再開のめどは立っておりません」
ということでした。
「どうして西に行く電車で運行停止なのかわからん」と思ったのですが
動かないものは仕方ありません。

だけど大雨で新幹線が運行中止になったのは、7月もありました。

おまけにその時も広島で足止めでした。
今年はこれで2回目の運行停止です。

お隣の席のやくざみたいなこわもてのおっちゃん(腕にいっぱい模様入り)
と話をするようなことになりました。
そんなこんなで、「どんならんな。うごかんって」とおっちゃんが言うので
「どうして静岡の雨で西に走る電車が止め、なんでしょうね」

ホームの謙介の車両の横の辺に、お弁当屋さんがありました。
時間は11時半です。が列車は動く気配はありません。
謙介、お弁当とお茶を買っておきました。

とりあえず何か食べておこうということです。
これも前回の学習です。
前の時は、そのうち動くだろうと思っていたのですが
いつまでも動かずで、とうとう食事抜きのまま、
夜遅くまで何も食べられず、でした。
どうせ動かないのですから、さっさとご飯です。

 


そうしていたら、となりのおっちゃんもどこかに行って、、
暫くして袋を下げて帰ってきました。
見たら「えっちなご本(新宿ホステスの熟〇ヌード とかの
特集)」数冊と飲み物を買っておいでのようでした。
「これ、新岩国まで動くらしい」という情報まで
教えてくれました。 「や」のつく自由業のお人、
毎度思うのですが、こういう非常時になった時に、うまーく情報を
入手してきますよね、、。ホント感心します。

帰りが16日だったので指定席取れるかなぁ、と
思ったのですが、何とか取れました。(ただこのことについても
ちょっとありまして、、それはおまけ編で書きます)
九州新幹線の場合、自由席と指定席の料金格差は530円なのですが
九州新幹線の場合、指定席は、単に自分の座る座席が
確保されているという以上に、大きなメリットが
あるのです。
座席の椅子が全く違う。指定席の椅子は長時間座っていても
本当に楽です。謙介腰痛持ちなので、椅子の座り心地は
敏感なのです。当然リクライニングシートになりますが
背中なんか倒さなくても楽です。そして指定席は
海側も山側も2列2列の幅広いシートです。
ところが自由席の椅子は、リクライニングにしないと、
どうしようもありません。背中が直角に硬直したような状態です。
それと海側3列、山側2列のシートです。狭い。
通常であれば岡山から九州の謙介の街まで2時間半くらいなのですが
この日はなんたって、何時間乗るやら分からない状況になりました。
本当に指定席を取っておいて正解でした。

ただ、謙介が乗った岡山では、この列車、通常運行をしていた
わけで、自由席で1人くらいの席は空いていたんじゃないかとも
思いました。

謙介の乗ったさくらは、とりあえず新岩国までは行くんだという
おっちゃん情報でした。

「でも岩国で止められても、、」と、謙介がいいました。
そのおっちゃんの情報通り、そのおじちゃんがエロ雑誌を買ってきて
30分後くらいに車内放送があって「新岩国まで行きます」
ということでした。
それで新岩国まで、10分少々走ったかと思うと、また電車は停まって
しまい、、。
新岩国で40分ほど待ったら、「新下関まで走ります。この列車は
鹿児島中央行でしたが、博多で運転を打ち切ります」という
一方的な通告がありました。
列車は小倉を出て10分ほど走って、もう少しで博多というところまで
来ました。録音の車内放送が「まもなく博多です」というのがあった直後、列車は
急ブレーキをかけて止まりました。
車内放送で、「急ブレーキ大変失礼しました」という謝罪があったくらいの
止まりかたでした。
で、またそこで動かない。
動かないったら動かない。
またしばらくして放送がありました。
「ただいま博多駅のホームに列車がすべて停まっていて
駅に入れない状態です」ということでした。
まぁどれかの列車が動いてくれない限り、
この列車は入れません。
博多駅の手前、数キロという場所で15分くらい止まってましたかねぇ、、
列車はようやっと動き、博多駅のホームに入線しました。
そして、その放送通り、博多で列車から放り出されてしまいました。

おっちゃんは博多までだったらしく、開放されてうれしそうな

顔をして出札口のほうへ行ったのでした。

ところがこの博多駅もとんでもない混雑で、、
そのうえ、博多は上りののぞみに乗る人と鹿児島方面の
さくら つばめに乗る人であふれかえっていました。

 

博多駅みたいな大きな駅でも、すべてのホームに
ホームドアは設置されていません。

ホームによってホームドアのついている場所もあったり、
ホームドアがないところもあって、、、
あの日、あの状況でよく転落事故が起こらなかったなぁ、と思います。

謙介、そのホームあふれている人を見て、こりゃここで九州新幹線に
乗り換えるのは、無理と思いました。

下に降りて、何とかしてつかまえた駅員さんに
事情を話しました。それで、改札口を通らずに
(自動改札を通ると新幹線の切符が回収されてしまって払い戻しが
不可能になります)
JRの規程で、乗っていた列車が運転打ち切りになったら
特急券は全額払い戻ししてくれます。
ただ、その時にJRのハンコ(出た、ハンコ)が要るのでしたが
この駅にいたであろう新幹線の影響を受けた人、何千人の
ハンコを押すわけにはいかない、とさすがに思ったのでしょう。
ハンコは要りません。1年以内にJRの窓口で料金を払い戻しします、
という放送をしていました。

在来線ホームに行きました。

雨の影響を全く受けないJR九州は何の停滞もなく動いていました。
で、謙介は10分ほど待ってやってきた鳥栖行の快速に乗って、鳥栖でまた
乗り換えて、最寄りの大きな駅まで戻りました。
駅で払い戻しをしてもらおうとすると、「は?」と言われます。
だーかーら、ここまで乗るはずだったみずほが博多で運転打ち切りに
なったので、在来線を乗り継いで帰ってきたのです、と説明しました。
それでも駅員さん十分理解できなかったのでしたが、、
謙介がこんな説明をしていた後ろで、5人くらいの人が
さくらが博多で運転打ち切りになって、、
みずほが打ち切りで、という人達が並びました。
ここになってようやっと駅員さんも分かったようで、、
特急券のお金を全額払い戻ししてくれました。
博多駅、あまりに忙しかったのか、「運転打ち切りになった
客が在来線で来るかもしれないから対応よろしく」とかいう
業務連絡をしていなかったのですね。

というようなことで、夕方、何とか無事に九州の
家に帰り着くことが出来たのでした。

帰ったらやれやれでした。
が、何とかその日のうちに帰れたのでよしということろかなぁ、と
思ったことでした。

 

 

 

 

| | Comments (0)

23. 09. 03

2度あることはまた起こりそうな(前半)

今夏、ずーっと8月頭に行った岩手旅行の記録を載せていたのですが

実はその裏でちょいと大変なことがありました。
今年のお盆は四国に帰らず、九州でずっと仕事をする
ことにしていました。
というのが、9月に九州の別のところの(大分方面)施設から、
9月だけちょっと仕事を手伝ってくれない? と言われまして、、
はいはい、とオッケーしたのが今年の4月の話でした。

(当然職場の許可も取っています)

仕事は大分までは行かなくて、本務の場所にいて
ZOOMでいろいろと仕事をする、というものでした。
でもそのことについての資料の準備とか、パワポの
資料が要るわけで、、8月はその準備をしようと
思って、四国には帰らない、ということにしていたのでした、

が、

父の担当のケアマネさんから8月11日に電話がかかって
きまして、、父が38度の熱が出て下がらないので、
医者に連れていきます、ということでした。
折あしく、8月11日前後になりますと、
病院はお盆シフトに入っていきます。
なかなか通常診察してくれるところもなくて、、
で、両親が実家で暮らしていた時に診てもらっていた
物忘れ外来のお医者さんに連絡したらいいですよ、ということで
施設の人に、その病院に連れて行ってもらったのが8月12日の
朝でした。
その病院からお昼ごろ電話がありまして、、
CTを撮ったところ、尿路結石、それもものすごく大きいのが
できていて、おしっこが流れない状態になっている。
腎臓も炎症を起こしかけているので、
大病院に行って緊急の処置が必要、ということでした。
その先生から、大きな病院への紹介状を書いてもらって
施設の人に大きな病院への移送をお願いしました。
そういうことで、12日は通常出勤していたのですが、
昼前に家に戻り、急いで荷物をまとめて実家に帰る
ということになりました。

タクシーを使って新幹線の停まるJRの駅まで行き、
急いで四国に帰りました。その途中の新幹線の中で

県立の中央病院が引き受けてくれたので、
そちらに移送して、処置は一刻を争うので
そのまま処置に入ってもらいます、という電話がありました。

新幹線の中で、2回、四国行の電車の中で1回
中央病院から電話がありました。
尿道にステントという管を通そうとしたのだけど、
石が大きすぎで、ステントが通らないので
背中から腎臓に針を刺しておしっこを抜くように
します、ということでした。
JRで四国に帰り着いたのが、5時半でした。
駅から中央病院に行って、直接救命処置室へ行きました。
担当の先生からお話がありました。
本人に会ったのですが、寒気がするらしく大変元気に
ICUに響き渡るような声で、「さむいー」と叫んでいました。
まぁ大きな声が出るんだったら、大丈夫なんじゃない?
とか素人考えで父の横にいたんですが、、
来たことは分かって、「来たんか」ということでした。
(まぁ、見りゃわかる、っていうもんですが)

12日は土曜日でしかも午後6時半過ぎでしたので
病院の事務部門も閉まっています。
そういうことで、14日の月曜にもう一度病院に行って
手続きをしたのでした。
とまぁ、ここまでが前半のお話です。

| | Comments (0)

23. 09. 01

さんらいず

実家に帰っていたので、撮りました。

Img_6456_20230818220201

前日お江戸を夜の9時50分に出発して、
こちらの終着駅には朝の7時半前に到着します。

時期によっては琴平とか松山まで
延長走行することもあるようですが
ここんところは延長は無し、というとのことです。

Img_6461

で、お客を下した後は、、
うちの近所に夜の出発までいていろいろと整備をするのです。

今や日本唯一の夜行寝台列車ということなのですが、
日本唯一とか言ったって、ここにいつも停まっているので、
日常的な風景にしか過ぎないんですけどね。(笑)

だけど、鉄ちゃんがこのアングルで撮っているの
見たことないです。
ここからだと、こんな感じで結構近くで、
撮れるんですけどね。(笑)あでも架線柱が邪魔か。

Img_6460

さんらいずにはいろいろなタイプの部屋が
あるから、窓配置もいろいろで、、車両ごとに違っています。
そこがまた、この電車の個性かなぁとか思います。

とか言いつつ、謙介、さんらいずには乗ったことなくて、、
以前のブルートレインの時、
上りの瀬戸には乗ったことがありました。

岡山駅で寝たんですが、姫路の駅に着いて、、
出発する時に、(ブルートレインは機関車が
客車をけん引する方式でしょ。)機関車が
客車をがちゃん、と引っ張るショックがありまして、、
それで目を覚ましてしまったんですよ。
以下、瀬戸が駅に止まる、出発するがちゃんで
目が覚める、の繰り返しで、、ろくに寝られなかったことを
覚えています。あれで寝台車はもういい、ということに
なったので。

まぁ機会があったらさんらいずには一度乗ってみても
いいなぁ、とは思います。
九州の家の前を走っている「ななつぼし」なんかはきっと
永遠に乗る機会はないと思いますが。(笑)

| | Comments (0)

より以前の記事一覧