いなかのせいかつ

18. 12. 02

あれま


このところ、更新がなかなか
できていませんでした。

ちょっと仕事上でいろいろと
忙しい時期でありまして、、。

いや、時期的なものではないのです。
うちの仕事場、専任が2人、
非常勤の人が2人の合計4人で
やっていたのですが、非常勤の方が
おひとり、家庭の事情で急におやめになることに
なってしまって、、人事に言ったら、
もう来年になってからの採用になるよ、
と言われて、このところ、1人減った分を
後の人間でカバーしないといけなくてですね、
それで毎日バタバタと忙しいのです。


このブログで、6月に奈良の西大寺に行った
というお話をいたしました。

うちの仕事場に、セクションは違うのですが、
去年うちの仕事場に来た人がいました。
彼の名前がちょっと変わっているのです。

ヒジリくん、というのです。
で、この名前の由来について、
彼に尋ねたのです。

彼は、6月の15日生まれでした。
謙介、あ、と思ったのです。

「6月15日は、弘法大師の誕生日だよね」
と言いました。
「そうなんですよ。それで、うちの祖父が
どうしてもこの名前を孫につける! 」ということで
両親がほかの名前を考えていたにもかかわらず、
どうしてもこの名を、ということで、
この名前になったんだそうです。

おじいさまは、仏教と関係ある
お仕事だったの? と聞くと
「そうです。西大寺にいたんですよ。」
ということでした。

あれまぁ、ということでございます。
人間、どこでどのようなご縁が
あるかわかりませんねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

18. 11. 26

あれはあれ、これはこれ

先日の土曜日、
両親と一緒にお昼ご飯を食べに行こうと
しました。それで車を出して運転していて、
交差点で信号待ちをしていたのです。
停車中はギヤはニュートラルの状態にしていました。
で、そろそろ信号が変わるので、
クラッチを踏んで、ギヤをロウに入れて、動き出す
準備に入ろうとしたら、ギヤがロウに入らない。
入れようとしても入らない。

ニュートラルの状態で、クラッチを何度か踏んだら
普段ならさっとロウに入るのですが、
それがまったくもって入らない。

で、両親が乗っていたのですが
83歳と92歳の老人に酷とは
思ったのですが、致し方なく
車を押してもらいました。
惰性で何とか道の端にたどりついた
だけでも、ホッとしました。
幸いなことに実家近くだったので、
両親には家に帰ってもらって、
JA〇を呼びました。

ところが、今、牽引車全部作業中で
そちらに行くのに、小一時間かかりますとのことです。
仕方ないので待ちましたとも。

そうしたら、50分ほど待ったころに
JA〇の方が来てくださいました。

うちの車の後ろに赤いコーンを何基か
置いて作業中の表示を出して、
早速にてきぱきと牽引の用意を
してくれました。

後から聞いたのですが、
普通の業者の牽引車には
車の所有者は乗れなくて、
修理工場に運んでもらうときは
タクシーに乗って牽引車についていかないと
いけないのだとか。 JA〇の牽引車は
同乗オッケーなんだそうで。

不幸中の幸いというのか、
いつも車を見てもらっている、
日〇の工場までそう遠くない場所で
故障したので、牽引距離は8キロでした。

もともとJA〇の会員なので、費用は
無料でした。

で、まぁ工場に持ち込んだわけですが
何せ、現在販売中の車の中で
ミッション車って、謙介の乗っている
マーチ・ニスモだけなのです。

March_1707_nismo_017_jpg_ximg_l_f_2

この車ねぇ、スピードメーターの目盛りが
220キロまでついてるんです。
そんな飛ばしません、って。
おろしたての時に、松山から高松まで
166キロを45分で走ったのはどこの誰???


ミッションの部品なので、部品の調達が遅れていて、、

レンタカー生活10日目に入りました。
今乗っているのは鈴〇のあると。
これだとスピードメーターの目盛りは140キロまで
しかありません。


日〇の担当の方に聞いたら、10万くらい修理費が
かかる、とのこと。

で、その話を聞いた次の日に、
例の元会長の脱税の話が
明るみになったわけです。

こちらは10万のお金で金策を、どうしようかと
無理くり算段しまくっているのにですよ、
あのかたの脱税金額は、50億とか100億だって。

もうねぇ、、あまりの格差に、あほらしくなって
しまって、、、。

日〇のサービスのにいちゃんに、
ゴー〇の給料から引いとって、って
言えんの? と言ったら、
あはははは。それはそれ。これはこれ、
と言われてしまいました。

やれやれ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

18. 10. 24

習性ってこわい

あのね。今日日経を見ていたら、
こんな記事があったのですよ。


「伊予算案を閣議決定 財政赤字拡大」
って書いてあるの、
なんのためらいもなく「伊予 算案」って
読んでいました。

伊予 算案っていったい何なの?

としばらくの間、じーっと考えた末に、
ああ、切るとこ間違えたんだ、
これは伊予でなくて、
伊、 予算案なんだ、
と気が付いた次第。


だってうちのまわり、
伊予だらけなんだもーん。


やれやれ。

しかしそれにしても、伊予って普通に読んで
間違いに気が付かなくなっている、

習性ってこわいなぁ、と改めて思ったのでした。

今日は短めにお送りいたしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

18. 10. 23

五平餅

学校を卒業して、就職したら、
職場に職員生協というのがありました。
生協と言っても実店舗はなくて
通信販売のカタログを送ってきて
それで買ってね♬ というものだったのですが。

今だったらカタログを見て
インターネット経由でそのサイトに
アクセスして、必要事項を入力して
お会計の方法とかも入れて、しかる後に
送ってもらうということになるでは
ありませんか。

それがね、その頃なんてネットなんてありません
でしたから、どうしていたかというと
仕事場の事務のおねいさんに、
職員番号と品物のコードを言って、
事務のおねいさんが、その職場からの
申し込みの品物を取りまとめて
発注する、というものだったのです。

そんなもの、〇〇さんは何を買った
××さんはこれを買った、というのが
知れ渡ってしまうようなことで、、
もう今なら個人情報だだもれ!
というような購入方法でございました。

就職したのが、4月で、確か6月くらいだったと
思うのだけど、そのカタログが来たんですよ。

せっかくだからと思って、そのカタログを
見てたんですよね。
なんかこれ、と思うものあるかなぁ、と
思ってみていたのですが、、、

あ、これ、欲しい! というものがあったのです。
それが真空パックの五平餅でした。

前回の朝ドラにも五平餅、出てきていましたねー

大学の学部生の時に、民俗調査で
愛知県の山奥に行ったのです。
今は大規模合併で豊田市になったみたいですけど
奥三河の足助町からさらに山の中に入って
行ったところの友達の家に泊めさせて
いただいたのでした。

着いて早々に友達のお母さんが
作って出してくださった
五平餅のそれはそれはおいしかったこと!

友達はこんな田舎臭いもの、と
バカにしていたのですが、
ゴマやクルミを入れたり、自家製のみそとかしょうゆを
使って作ったたれは本当においしくて、、

ドラマの中では、秋風羽織先生が
五平餅にいたく感動感激する
場面がありましたけれども、

あの時の友達のおかあさんの作ってくださった
五平餅の味は、本当にそんなふうに
感動感激する味でありました。

ですが、五平餅って、やっぱり
奥三河とか美濃と言った方面の
名物であって、近畿地方以西では
売っているお店は皆無でありました。

それを通信販売で見つけたわけですよ。

もうそれを見つけたとたん、あ、五平餅、
即買う! ということになりました。

で、次の日に事務のおねいさんのところに行って
「コード番号、何とか番の、1つ 謙介注文します」
と言って、申し込み票を渡したわけです。

おねいさん、受け取ってくれました。

それで注文ができたと思っていたら、、
そのおねいさん、しばらくしてから
謙介の席に確認に来たわけです。

「謙介さん、五平餅真空パック、5個入り たれ付き」というのを
1つ、注文でいいんですね」って。

周りに仕事場の人、みんな居るんですよね。
仕方ないから「はい」と言いましたともさ。

そうしたら当然の如く周囲から
質問がやたらありまして
「ごへいもちって何?」
に始まって、「どうしてそれを買うのか」
「それはどういう形態のおもちなのか」

とまぁ質問がやたらありまして、
本当に往生した記憶があります。

今回のドラマで五平餅も知られるように
なりましたね。


だけど、最初にいただいた友人のおかあさんの
作った五平餅があまりにおいしかったために
それ以降、五平餅を売っていたら買うのですが
どいつもこいつもダメダメで、、、
あの時のあの五平餅に勝るものは
いまだに食べることができないでいるのです。

いつか奥三河とか岐阜に行って、老舗と言われるような
お店でいただいたら、おいしい五平餅にありつける
だろうか、とか思ったりしています。

でも、それはいつのことでしょうか、ねぇ。(笑)


| | Comments (2) | TrackBack (0)

18. 10. 18

世の中はわからない

今日のお昼休み、
ダヴィン〇という雑誌を見ながら
うちの仕事場の女性Aさんと、女性Bさんが
話をしていた。
今号の特集は、
↓これなんだそう。

Img_5331


で、女性Aさんと女性Bさんが
延々とBLについて、話をしていたわけですよ。

ダヴィン〇のこの号の表紙、前回のNHKの朝どらに
出ていた中村なんとかくんが
表紙だったんですけどね。

で、
謙介さんは、急ぎの仕事が
あったもので、横でパタパタと
パソコンのキーボードを打っておりました。

で、その急ぎの仕事が終わって
謙介さんが、女性の話に入ろうかと
思ったら、そのお二方、
話を急にBLから変えたのです。

たぶん謙介なんか、BLなんて
知らない単なる老けたおっさんだろうし、、

ということだったのでしょう。

ふふふ。

あなた方の前にいるおっさんはねー、
こーんなBLの小説を書いていたりする。
あ、イラストは謙介ではありません。
小説の文章のほうが、おいら。

Img_5334

ちなみに。

↓この高校生の男の子、浅村くんというんですけどね、
Img_5333
自分の書いた小説の中で一番気に入っている
子です。(あ、まぁ、そんなのどうでもいいか)

全然関係なさそうな老けたおっさんが
BLなんて、結構詳しかったりする。

きっと同僚の女性はそんなことは
想像もしていない、と思いますけどね。

だからこそ、謙介が話に入ってこようとしたら
あんたは関係ない、ということで、
BLの話を打ち切ったのでしょうし、

世の中、わかりません、ねー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

18. 10. 16

失踪放送

このところ、更新がままなりません。
文系おっさんの謙介さんですが、
秋は仕事場でいろいろな行事とか会合が
ありまして、そのおぜん立てをするのが
謙介のお役目なので、本当にバタバタと
走り回っています。

ということなので、このところ更新ができておりません。
で、今日も短めに。

うちの仕事場なんて、近くを通るバスの便が
1日に4本しかないようなところなんです。
この話は前にしましたよね。

その田舎に朝夕に大音量で地域の放送が
流れます。放送が始まったら、
一応何事か、と思って、謙介も戸外に出て
その放送を聞きます。
部屋の中では、あ、外で何か言ってる、
くらいはわかるのですが詳細までは
分からないので、、外に出てみます。

〇〇北警察署からの連絡です。
××町123-4番地にお住いの▽▽◇◇さん 79歳が
今朝の8時から行方不明になっています。
朝、自宅を出られた時の格好は、、、、

という放送です。

それがね、びっくりするのが、
こんな放送が、週に1回は必ずあるの。
3週連続でこんな放送がありました。

もちろん3週とも違った人なんですよ。
毎週年寄りが失踪しているの。


認知症の症状の出ているお年寄りが、
突然に歩き始めて、、ということなんでしょうかねぇ、、。

ここいら辺の田舎って、ほら、瀬戸内式気候なもので
ため池が多いんですよね。

で、そのため池に足を滑らせて、落ち込む、
ということもありますからねぇ、、。

で、ほら、謙介さんはこの場所には仕事で
通っているから、24時間いるわけでもないので
放送で失踪は知るのだけれど、その後
そのお年寄りが実際に見つかったのかどうか、
ということはわからないのです。

これは謙介の実家のほうのことなんですけれど、
うちの家、平日は老人の二人暮らしなので
たまに駐在さんが見回りに来てくれるわけです。

あるとき、謙介が家にいた時に、駐在さんが
やってきた時がありまして、
その時に「息子です。いつもどうもありがとうございます。」
と言って少々話をしたのですが、
うちの家の近所の山に登って行方不明に
なっているお年寄りの数が、片手では足りないくらい
いる、ということを聞きました。
ということは二けたのお年寄りが失踪しているわけで、、。

お年寄りの失踪なんて、ほとんど
ニュースには出てこないんですよね。

あまりに多すぎるから、
ということなんでしょうねぇ、、。

だって3週にわたって、放送があった、
っていうのもそうですし、、。

3週連続のお年寄り失踪放送で
改めてびっくりした謙介さんなので
ありました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

18. 08. 24

むじけ

Img_4672

19号、20号と日替わりで台風が
近くに来たので、天候もくるくると
変わっていって、、雨が降ったかと思ったら
雲の間から日が射すし、 青空が広がった
と思ったら、雨が降ってきたりと、
本当に変な天候の週でした。
これは、一昨日の午後、(お休みをもらっていました)
窓をあけたら虹が出ていたので
さっと撮ったものです。
今日のタイトル、「むじけ」は、韓国語で虹のことです。


夏風邪をひいてしまい、
数日、しんどい毎日でした。
お医者さんに行って診ていただき
薬も飲んだので、「ほぼ」回復しています。
(どこかの携帯のコマーシャルみたいですが)
来週は、ちょっといろいろと行事があるので
何とか今週中に症状がなくなってほしいなぁ、と
思います。


心配していた台風20号ですが
今回の台風は、こちらには
被害を出すこともなく、
過ぎていってくれました。


昨日の「ちょうすんいるぼ」(朝鮮日報)を
見ていたらこんな記事がありました。

こんな高波で、遊泳禁止にしないのですね。
日本だったら、泳ぐな、ということに
なると思うのですが、、

よくもまぁ、放っておくもんだわ、
と思いました。

話は変わりますが、菅井きんさんが
お亡くなりになったそうで。

菅井きんさんといえば、友達の話で
こんなのがありました。

高校の時に生物のテストで、

「NH3を参加してNO2にするのは( )菌で
ある」という、空欄に言葉を当てはめる問題が
出たらしいのですが、その人は、わからんかったので、
そこに(すがい)と書いて答案用紙を出したんだそうな。

そうしたら、先生に呼ばれて、
「生物学における菅井きん」という題で作文を
書かされた、と言っていました。

どんなふうに書いたの?
と聞いたら、もう忘れた、だって。

菅井きんさんのご趣味は
車の運転だったんですよね。


いつだったか、自動車雑誌で菅井さんの
インタビュー記事を読んだことがあります。

あの方、いろいろな車を乗り継いで
最終的にはベンツに乗って
いたんじゃなかったかな。

ご冥福をお祈りしたいと思います。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

18. 08. 06

一か月

きょうで先月の大雨災害から
一か月が経過しました。


浄水場そのものが土砂に埋もれて
使用できなくなってしまった宇和島では
応急の浄水場が大急ぎで造られて
何とか水が使えるようになりました。
(ただし、飲み水の利用はまだ)

JR四国については、まだ予讃線、
予土線が不通です。

予讃線は香川県の本山から不通で
観音寺が代行バスですし、
愛媛県南部の
卯之町(うのまち)以南、宇和島までの
区間も不通のままです。
それから予土線も不通です。

水とか電気、ガス、と言った部分の
復旧は少しずつ進んでいる、という話です。

しかし、それぞれの人の家とか
農地関係はまだまったく手が付けられて
いない、という感じです。

今回の被害が特に多かったのが
ミカン畑です。
もともとミカン畑は山の急傾斜地に造られて
いたわけです。 そうでないと
ミカン畑全体に日が当たらないですから。

今回の大雨で、その傾斜地全体が
地滑りを起こしてしまい、ある農家さんは
ミカン畑まるまる全部が一夜にして消えてしまった、
という話を聞きました。


ここにも何度か書いたと思うのですが、
今回の雨の被害が出る前から、
ミカン農家が最近、ものすごい勢いで
減っている、という話をしたことがありました。

と、いうのも、急傾斜地に植えられたミカンの
収穫がまた大変な作業なわけです。
足場は急ですし、その急傾斜地のミカンの運搬だって
本当に大変です。

そんな大変な作業なのに、皆さんだってそうだと
思うのですが、スーパーにミカンがあったって
「ああ、ミカンか」くらいにしか思わないでしょ。

ミカンなんてあまりにありふれた果物じゃないか、
って。ちっとも珍しくない。

苦労して収穫しても、売られている場面では
ああ、ミカンか、程度のものでしかありません。


大雨で一部流されたミカン畑は道路そのものも
流されてしまったところが多くて、ミカン畑全体の
世話ができない、という話でした。

この時期、害虫が多く出回るので
その駆除を行わないといけないのですが
それが全くできない、というようなことでした。

一部ドローンで駆除もしていますが
それは本当に限られた農園だけのようです。

そういうことで、農家の人が、もうミカンを作るのは
割に合わない、という考えになってきています。
その結果、ミカン農家がものすごい勢いで
減っている、というわけです。

今回のこの大雨で、そのミカン農家をやめる、
という人が加速度的に増えるような気がしています。
土地も流されてしまったし、、
もう再度作るという気力もわかない、
という話を聞きます。


何とか農地の再興ができるように、
と崩れて地形の変わってしまった山を見ては
祈るような気持ちでいます。

その一方で、
今度は水不足になりつつあります。

実は、あの大雨以降、
今度は四国にはまとまった雨が降っていないのです。


全く降るときはあれだけの被害が出るような雨が
降っていて、今度は降らないとなったら
全く降らない。

で、今度は、
ダムの貯水量がどんどん下がってきています。
さっき(8月6日午後10時現在)
見たら、72パーセントだって。

8月9月って、水をよく使う時期なので
減り方も一気に減ることが予想されます。
このまま雨が降らなかったら、60パーセント台は
一気に下って、
50パーセント台にいくかもしれません。

まったく極端から極端へ走るような今年の天候です。

最後に一つ、こんな天気のせいでよいことも
あります。
雨の少ない年のミカンは、果実の個数は
少ないし、ミカンの実も小さいのですが、
甘みがその分ぎゅっと濃縮された味で
糖度の高いミカンができます。

今年のミカンの味は案外いいかもしれません。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

18. 08. 04

いんばうんど

×月×日

 きんのは、たかしまやんにいきました。
 たかしまやんのなかに、「とうきゅうはん○」と
 「きのくにやん」があるからです。
 (あと、とてもすずしい)
 

 でんしゃにのってえきにつきました。
 このえきのよこにたかしまやんがあります。

 たかしまやんにはいると、とてもすずしかったです。
 エレベーターのところにいきました。

 ここのエレベーターはすけすけのエレベータです。
 (したのしゃしんのまんなかの
 ちょっとひっこんでいるところに
 すけすけのエレベーターがあります)
 E83edeaes


 エレベーターをまっていたら、かぞくづれがきました。
 かぞくづれは4人でした。おとうさんとおかあさんと
 にいちゃんといもうとです。

 にいちゃんががいどぶっくをみていました。
 そして、おとうさんに、
 「よぎえそ くるりんいらご くわんらんしゃが いっそ」
 といいました。 
 (ここには くるりんというかんらんしゃがあるよ)

 あ、このひとたち、にほんじんじゃないんだ、
 と、きがつきました。

 よくみたら、そのにいちゃん
 はだのいろがしろくて、からだがぽちゃぽちゃ
 していたから、あ、かんこくじんだ、とあらためて
 おもったのでした。
 

 
 ここのたかしまやんには、「くるりん」という
 やれやれ、な、なまえのかんらんしゃがあります。
 このにいちゃん、それにのりたかったのでしょう。
 

 いぜんは、しこくより、かんこくのほうがずっと
 すずしかったのですが、ことしは
 そうるのきおんが39どで、しこくが36どです。

 なのでことしは
 そうるよりしこくのほうがすずしい、ということに
 なっています。 もっとすずしいのがいんどです。

 いんどのにゅーでりーは、きょうのさいこうきおんが
 30どであしたのさいこうきおんが29どだそうです。
 にほんよりいんどのほうがすずしいだって。

 まえは「いんどのなつのきおんは40どにもなる」
 とかいって、ひえええとびつくりしていたのですが、
 ことしは、いんどが40どになったってにほんと
 おんなじ、とおもってぜんぜんおどろきません。

 

 やがてエレベーターがきました。
 けんすけのあとに、そのかぞくがエレベーターに
 のりました。

 かんこうきゃくのひとには
 しんせつにしないといけませんよ。
 と、がっこうでならったので、
 けんすけは「みよっちょんいむにか?」
 (なんかいですか)と、きいてあげました。

 そのにいちゃんが「くちょんへじゅせよ」
 (9かいおねがいします)
 といいましたので、けんすけは「あらっそ」(わかりました)
 といって、9かいのぼたんをおしました。

 えれべーたーのドアがしまって、
 のぼりはじめたころになって
 そのかぞく、きゅうにびっくりした
 かおをしていました。
 

 とちゅうのかいでおばあさんがのってきました。
 こんども「なんかいですか?」
 ときいてさしあげました。
 おばあさんは「8かいをおしておくれんかな」といいました。
 「はい」といって8かいのボタンをおしてあげました。
 おばあさんが8かいでおりました。
 9かいにつきました。
 けんすけも9かいにいくつもりだったのですが。
 「よぎが くちょん いえよ」(ここが9かいですよ」
 といってあげました。

 そのかぞくは
 ちょっとおどろいたようなかおをしたまま
 エレベーターをおりました。

 そのかぞくは、
 きっとこんないなかで、
 たまたまのったエレベーターに
 そうるのことばをはなすおっさん
 (それも ぜんぜんいけていないふつーの
 おっさん)が、あたりまえみたいにかんこくのことばで
 はなしをした、ということにびっくりしたのでしょう。
 
 でも、けんすけだって
 がいこくじんのかんこうきゃくが、
 きょうとや、とうきょうではなくて
 こんなしこくの、どいなかに、ふつうに
 きていた、ということにびっくりしたのでした。


 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

18. 07. 30

ときめかない ときめきます 

毎日暑い日が続いています。
今回の台風被害はあまり大きなものは
なかった、との報道です。
(あくまでも今の段階ですけど。 まだ12号
西の海でうろうろしていて、行き先が
分からないのですけれども、、)


四国のその後をお話しますと、
JRはまだ不通個所がずいぶんとあります。
道路は2桁国道(11号線とか)は、オッケーですが
3桁国道になると、片側交互通行などのところが
まだあります。

松山から岡山への特急しおかぜは
途中で代行バスに乗り換えないといけない
区間がありますし、特急自体も
間引き運転で、運行が少ない状態です。

今日、JR四国から今後の運行の見通し
が発表になりましたが、
完全な形での鉄道の復旧は
今年の秋以降、ということに
なりそうです。


と、いうことは、、
お盆のシーズンは、JRを避けて、車で帰省
という人が増えるかもしれません。

そうなると、高速道路の走行に慣れていない人が
運転する、ということが多くなります。

実は昨日もそういうことがあって
困ったことがありました。


自動車を運転していて、
追い越し車線で、抜いていってもらうのは
別に全然かまわないのですが、
抜いたら、すぐに走行車線に入ってくる人がいます。

それもウインカーをすごくケチって
お義理に1回だけ点滅させた後で。

そういう人って、
後ろを走っている車との車間距離なんて
全然考えません。

なので、こちらとしてみたら、
すぐ前に車が割り込んでくる、
割り込まれる、
という状況になるのです。

高速道路は一般道と違って、車間距離を
若干長めにとる必要があるのですが
(高速で走っていますから、ブレーキを
かけたって停止できるまで距離が長くなります)

高速道路を走っている、なんて言ったって
全然お構いなしに、一般道を走っているのと
同じように、すぐ目の前に入ってこられて、、
本当にこちらがびっくりすることが
よくあります。

昨日もそういうことが何度かありました。
(4回も)

本当に怖いです。
まぁ用心しながら走るしかないのですが。

    ×      ×      ×

話は変わって。

こないだ「ちこちゃんに叱られる」
を見ていたら、やたら時間とか日の経過が早く
感じるのは
「ときめきがない生活を送っているからだ」
という回答で、それに伴う
専門家の解説がなされていました。

で、そういうときめきのある生活は
19歳くらいまでで、
後は人間はなかなかときめきにくい
生活に突入していって、その結果、
時間の経過が早い、ということになっていくのだとか。


そうか。ときめきがないと、
人生速く時間が過ぎるのか。

まぁねぇ、謙介さんもときめきとは無縁の生活になって
幾星霜。(笑)

少しはときめくようなことが
あったらいいんですけど、、

まぁ、ないな。

せいぜい、ときめかない、ときめきます、
ときめくとき、ときめけば、、と言って、
ときめきは、
あ、カ行五段活用やねぇ、と言っている
くらいが関の山なのでございます。


ちゃんちゃん

(今日聴いた音楽 ワインカラーのときめき
 新井満 歌 この歌を聞いてもやっぱり
なんの感興もそそられませんでした。)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧