« 1日3か所行ったら、、 | Main | 鄙の温泉に行く(19) »

24. 05. 12

鄙の温泉に行く(18)

今まで田舎の温泉ばっかりだったんですが、、
今回は「新幹線の駅」もあるところで、、
一応「市」でもあるので、鄙か? と言われたら
ちょっとうーんというところもあるし、今回は割と有名な温泉です。
しかし、だからと言って、博多とか小倉みたいに大きな街かと
言われたら、それっはそうではないので、田舎の温泉シリーズの
まま、改題せずに続けることにします。
今回も温泉は佐賀の温泉です。
ということで、鳥栖まで来ました。

Img_8626_20240512163901
鳥栖から特急のリレーかもめに乗ります。
その前にホームにある自由席特急券の自動販売機で
自由席特急券を買っておきます。
先月からJR九〇は、特急列車に乗ってから、車掌さんに
発券してもらう特急券について、200円割増料金が
加算されることになりました。

今回の特急券で言えば、鳥栖から武雄温泉までの特急券は
事前にホームや駅の自販機で買えば、1000円なのですが
乗ってから車掌さんに発券してもらって買うと、1200円
かかるということになったのです。

鳥栖での乗り換え時間は8分です。
この8分の間に特急券を買って、階段を降りて2番ホームから
5番ホームに移動して、自由席の乗車口まで行って並んでおかないと
いけない、ということです。

幸いなことに列車を降りたら、目の前に自販機があって
特急券は早速に買えました。
そこからホームの階段を降りて、地下通路を通って、5,6番ホームに。

階段を上がったところは、リレーかもめの1号車の
座席指定車の乗り口です。自由席は、6号車から、
結構な距離をさらに歩いてホームの端のほうまで行きました。

(この距離が結構な長さなんで時間がかかるんです)
ようやっと6号車の乗り口に到着です。

 

乗車口に着いて1,2分したら列車が入ります、というアナウンスがあって
例の装甲車みたいな787系(だって、いつもあの列車見たら装甲車を
想像してしまんですよね)列車が入ってきました。

Img_8588

土曜日の朝の、しかも9時台の列車でしたから、今回は列車も結構
混んでいました。幸い鳥栖駅で降りた人がいたようで、一カ所だけ
空いていた席に座ることができました。

このリレーかもめで終点の武雄温泉まで行きます。
途中の停車駅は、新鳥栖、佐賀、江北でした。
(まぁ特急ですから停車駅はこんなものでしょう)
終点の武雄温泉には、9時58分でした。

Img_8590
ここで接続の西九州新幹線に乗り換えても良かったのですが、、
(接続の新幹線は嬉野温泉駅に停まる便だったので)
武雄で降りてバスで嬉野温泉まで行きました。
というのが、嬉野温泉駅から嬉野温泉の中心部まで
2キロくらいありまして、、
また嬉野温泉駅から温泉街中心部に行くバスの
接続便が今回の新幹線の便にはなかったので、、
(新幹線で嬉野に着くのが10時7分。バスが来るのが
10時52分ですからねぇ。しかも嬉野まで新幹線を
使うのと、武雄からバスを使うのでは、嬉野まで
新幹線で行く方が高くつく)
まぁそういう事情で今回は
武雄からバスで行くことにしました。


この日は駅前広場で何か大がかりなイベントがあるらしく
キッチンカーが5台くらい来たり、テントで何かイベントの
準備をしている人を見ました。
その真ん中にモニュメントがあって、そこから
水が噴水のように出たり、霧状になった水が噴き出したり
という装置がありました。

Img_8593_20240512164901

次の嬉野温泉行のバスは10時27分
(それでも武雄で30分くらいバスを待ちました)
武雄温泉から嬉野温泉までバスで約40分です。

Img_8594
嬉野温泉街の中心部にあるバスセンターに
到着です。

Img_8595

嬉野のバスセンターに着いて、一応帰りのバス便の時間を
確認しました。ここから武雄行のバスは1時間に1本程度
ですかね。
嬉野は行政区画では佐賀ですが、佐賀県でも西のほうなので
長崎の各方面行のバスも結構出ていました。
長くなりました。今日はここまでとします。

 

|

« 1日3か所行ったら、、 | Main | 鄙の温泉に行く(19) »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1日3か所行ったら、、 | Main | 鄙の温泉に行く(19) »