« 「くま」へ(1) | Main | 「くま」へ(3) »

17. 08. 10

「くま」へ(2)

Taihoji21
大宝寺から、降りる道です。
道に小石がいっぱい転がっています。
おそらく前日の台風で雨が降った時、道路の道幅一杯が
川になっていたものと思われます。
写真では緑いっぱいの木陰の道、という感じだと思うのですが
前日の雨で相当に湿気が高くて、、実際はあんまり
さわやか、という感じではありませんでした。
Taihoji22

それでも脇を流れる清流を見ていると、本当に涼しく感じられ
くままで来てよかった、と思いました。
Taihoji23

道の傍にこんな百合の花が咲いていました。
Yuri
駐車場に戻り、車に乗って、町の中心部へと向かいます。
このくまの町は、上浮穴郡(かみうけなぐん)という郡の
中心地でしたし、古くから林業で栄えた町だったので、
商店街も旧街道に沿って、結構長く続いていました。
町の人口規模もあって、大手のスーパーマーケットも
進出してきていないのですが、何せくまのじんこうそのものが
過疎で減っているのです。人口の分母が減りましたし、
前回も言ったように、道路状況が飛躍的によくなったために
今まではくまの町内で買い物をしていた人が、
隣町の大きなショッピングセンターに行くようになったりして
商店街も寂れ気味になっています。
ちょうど旧暦の七夕祭りの飾りがされていました。
Kumamachi1
仙台の立派な七夕の飾りもいいですが、
謙介、こういう田舎のひなびた、(さみしげな)七夕飾りも
結構好きです。
この商店街の一角に古い商家を改装して作った
「くままち交流館」という建物があります。
Kumamachi2

ここに『東京ラブストーリー』のコーナーがあるわけです。
というのも、主人公のカンチがこの町の出身、
という設定でしたから。

ということで、ここでも撮影をしたのですよ。
で、前回、聴いた音楽が、まぁ、あのドラマのテーマソングだった、
ということになったのでした。
Kumamachi3

ドラマの撮影の時の記録がこうやって今も保存されています。
Kumamachi4
あのドラマ、それこそ一世を風靡しましたもんね。
江湖の婦女子の紅涙を絞ったのか、(笑)どうかは知りませんけど、
今もこのコーナー、結構見学者がいるそうです。

|

« 「くま」へ(1) | Main | 「くま」へ(3) »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/65640713

Listed below are links to weblogs that reference 「くま」へ(2):

« 「くま」へ(1) | Main | 「くま」へ(3) »