« 初夏、京都へ(6) | Main | 二人の人間国宝 »

17. 07. 16

田舎の事件2つ

先日、うちの仕事場が属している地域の協議会の総会が
ありました。

実は今、世間で話題になっているりかちゃんだいがくの
獣医学部の話を聞いたのが、去年のその会議の場でした。


ですから、もうあれから1年経ったのだなぁ、と改めて
思いました。 うちの仕事場に勤務してもらっている
バイトの大学生に「160人も学生が集まるかねぇ」
と聞いたら、「無理でしょうね」の即答でした。


こないだ
前の愛媛県知事が国会に出てきて、
「獣医が足らない」と言った由ですが、
後から後から毎年160人もの求人が
あるのでしょうかね。

今、、大体獣医さんって足りてる、というし、
1度充足されたら、もうそれでいいわけで、、
継続して雇用があるとも思えないし、、。

あ、ちなみにあの前愛媛県知事、
著作権法の専門家なんです。
戦後の日本の著作権法制は、すべて
あの人が作った、と言っても過言では
ありません。

謙介、毎年、お役目がら、文化庁の著作権講習会に行って
お勉強をするのですが、文化庁は、「四国くんだりの田舎の
講習会の講師なんて、若い経験のないやつでいい」
としたのかどうかは知りませんが、、。

講習会の後に、質疑応答の時間があるのですが、
こちらが「この場合は著作権法違反ですか?」
と具体的な事例に即して質問するのですが、、
その時に若い担当者ときたら、全然答えられないのです。

「本省にかえって調べて回答します」ばっかりで。

それで、とうとう後ろのほうから、「県知事呼んできて
回答させろぉ」というヤジが出たくらいで、、。

そのとき以降、次年度からは、ちゃんと答えられる
担当者に代わりましたけど、、。

まぁどっちにしろりかちゃんだいがくの件は説明不足で
さっぱりわかりません上に、こちとら、お金を出さされる身
ですからね。納得のできる回答をしろ、(無理でしょうけど)
と思います。

実家の近所のショッピングモールで
エスカレーターで車いすを押していたおじいさんが
バランスを崩して、ひっくり返って、落ちていった途中に
その巻き添えで下敷きになった人が亡くなるという事故
ありました。

亡くなった人は、三条町に住んでいた人、とありました。
三条は、このショッピングモールのある町の隣町ですから
近所の人で、買い物に来ていた、ということだったのでしょう。


そこは、自分もよく行くところです。

ショッピングモールの別館の建物で、
3階建ての建物です。1階は駐車場と
別館への入り口があります。2階は
南半分が〇ニクロのメンズ、北半分が雑貨のお店と
〇トリ、3階も南半分が〇ニクロのレディス 北半分が
ニト〇という店内です。

建物の真ん中と
南側にエスカレーターがあるのです。
そこで事故が起こった事故です。

○トリのエスカレーターということですから
建物の真ん中のエスカレーターだと
思います。

謙介はその車いすを押していたおじいさんに
全く同情しません。

というのが、エスカレーターの場所の後ろ側、
10メートルのところにエレベーターがあるのですよ。

車いすを押して、数百メートルも行かないといけない、
とかいうのではありません。たったの10メートルです。

Tkm_20170601_2f

↑がフロアマップですが、エスカレーターの場所と
そう遠くないところにエレベーターがあるのが
わかると思います。


おじいさん、面倒くさい、って、エスカレーターに
乗ってしまったようです。

確かにエレベーターだと、なかなか自分のいる階に
来ないとか、来ても満員だった、というようなことも
ありますが、この建物は3階建てですからね。
エレベーターなんてちょっと待ったらすぐきます。
で、たいていの人はエスカレーターに乗ります。
エレベーターに乗るのは、ベビーカーに乗った
家族連れとか、○トリで大きなものの買い物を
した人くらいなので、そうたくさんいるわけでも
ありません。

多分、そのおじいさん、ここに来るたびに、
いつも「それくらいええが」と思って
エスカレーターに乗せて移動させていたのでは
ないでしょうか。
いつもやっているように、その日もやったけれども、
バランスを崩して、、、こういう事故になって
しまったのでしょう。
ちょっとのことをしなかったばかりに、、


なんともやりきれない事故だと思いました。


|

« 初夏、京都へ(6) | Main | 二人の人間国宝 »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

 学生が集まるかというのもですが,大体が教える方の数も足りないんじゃないかという話を聞きました。
 国際的に通用するなんたらかんたらな内容にするには,対応できる研究者が必要だけど,それをどこから連れてくるの?と。
 公務員時代にタッチしていた私立の幼少中高に関しては,教える人材の確保も認可の重要な要素だったんだけどなあ・・・本省が扱う案件ではその辺えーかげんにできるんかいな?と思った次第です(笑)

Posted by: Ikuno Hiroshi | 17. 07. 18 at 오전 12:04

---Ikuno Hiroshiさん
謙介も教員不足の話、ききました。 りかちゃん大学の法人、倉敷芸術工科大〇も経営しているのですが、ここに動物生命科学科、という学科があるんです。どうもこの辺の先生を移籍させるのかもしれませんねぇ。文科省の新設大学の教員の資格認定は、結構厳しいと思います。いずれにしても教員が足りない、ということですから、できた暁の教員組織の年齢構造が、教授と若手副手だけ、というようなことになるかもしれません。しかも教授の年齢が70代後半とか、、。

Posted by: 謙介 | 17. 07. 18 at 오후 11:11

事故って、めんどうがったり、子供っぽくなっていたり、気がそぞろで気が回らないと起きますね。

やはり、気を使わなくてもいいから気をまわすってのは、人間大切なのかもですね。

僕も車の運転などで、別の考え事をしていたり、急いでいてめんどうがったりする事があるかもと改めて思いました。

猛暑が続いてますね、夏バテしないように
謙介さんもご自愛ください。

Posted by: holly | 17. 07. 19 at 오전 11:37

---hollyさん

 いつもとちょっとちがうことをした、とか、面倒くさくて手順を省いたり、しなかったために、事故が起こる、ということ、ってありますよね。だからやはりその辺は気をつけていきたいなぁ、と思います。あのエスカレーター、自分もよく使うところだったのですが、、これからは、前をよく見て、車いすの人がエスカレーターに乗っていたら、しばらくの間乗るのを待って、その人が上がりおえてから乗ろうと思いました。

Posted by: 謙介 | 17. 07. 20 at 오후 9:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/65531424

Listed below are links to weblogs that reference 田舎の事件2つ:

« 初夏、京都へ(6) | Main | 二人の人間国宝 »