« やれやれ。どこまでも迫ってくる「地元」・ツアー(12) | Main | やれやれ。どこまでも迫ってくる「地元」・ツアー(14) »

17. 07. 04

やれやれ。どこまでも迫ってくる「地元」・ツアー(13)

東京の旅行記、13回になりました。
ようやっと最終日まできたのですが、、
次回で終わることができそうです。


朝、7時に食事をいただいて、7時半にホテルを出ました。
今日はなるべく早く鎌倉に行きたかったので
江ノ電に乗らずに、JRで鎌倉に行きました。

この日の天気予報が、お昼前から
神奈川県は、雨が降ります、という予報だったのです。
それで雨の降ってくる前に、できるだけあちこち
見ておこうと思って、早くに鎌倉での行動を開始
したかったのです。

江ノ電は、藤沢からですと
乗り換えなしで、鎌倉まで行けます。

それに対してJRだと、隣の大船まで行って
そこで乗り換えです。

1度乗換はあるのですが、
JRだと19分で鎌倉に着きました。

鎌倉駅は、午前8時前というのに、人がわんさか
いて、ものすごい混雑です。

とりあえず鎌倉駅のコインロッカーに荷物を預けました。

今まで何度か鎌倉に来ているのですが、、。
最初は鶴岡八幡宮から若宮大路を経て、海岸まで、
それと大仏。
2回目は北鎌倉と、大仏から長谷方面。
3回目は北鎌倉から鶴岡八幡宮を経て銭洗弁天。
ということで、鎌倉の北、西半分は丁寧にまわって
いたのですが、南東・東・北東の方面は行ったことが
なかったので、今回は、今まで未踏の方面をまわる
ということにしていました。
それもあるのですが、恩師のひとりが住職をしていたお寺にも
行きたかったのです。
(先生はちょっと前にご遷化されましたけれども)

いつもだったら、歩いて回るのですが、、
今日は時間の短縮、ということでバスにしました。
材木座のほうへ行くバスに乗り、
光明寺前で降りました。
バスを降りたら、すぐに山門です。
確かに光明寺前、だけのことはあります。
Img_2430

山内に入ると、さらに大きな門がありました。
Img_2431

鎌倉駅前はものすごい人でしたのに、、境内には、
犬を連れた、ご近所の人が、ベンチでおひとり、
休んでいるだけ、、。
先生は、浄土宗の僧侶でしたが、
禅宗の研究もよくされ、
浄禅兼学を修められた方でした。
お坊さんでしたが、洋服を着られることもあって、、
ダンディな方でありました。
先生のご冥福を改めてお祈りしました。
Img_2434

本堂の中に入ったら、、畳敷きの一角に
グランドピアノがありました。
ここで時々、コンサートをしているようです。
Img_2432
住職をしている友達のところも、
奥さんが、ピアノ教室をしていて、
本堂にピアノとか電子オルガンを置いている、
というのを見慣れているので、お寺の中に
ピアノがあっても、そう驚かないのですよ。

Img_2433

「鎌倉アカデミア」ってここにあったのですねぇ。
太平洋戦争終戦後、鎌倉に疎開していた
文化人を講師に迎えて、自主運営の学校が
ここで開設されていました。それが鎌倉アカデミア
だったのですが、、4年ほどその学校組織は
運営されて、高等教育機関化(大学化)も
考えられたようですが、結局それはかなわずに
廃止された、と聞いています。
しばらく行って、山門の脇に白い碑があるのを
見つけました。
なんだろうと、思って近づいてみたら、、
高倉健さんの墓所でした。
Img_2435

碑はいつ建立されたのか、と思ってみてみると
なんと今年の3月にできたばかり、ということの
ようでした。だから真新しい、という感じだったのですねぇ。
Img_2436

おまいりをして、お寺を後にしました。
材木座まで戻ってきました。
Img_2439

ここからは、
補陀落寺、
Hudaraku1
Hudaraku2

九品寺、
Kuhonji1

Kuhonji2

実相寺、五所神社を参詣して、

水道路の交差点から北上して、
横須賀線の踏切を越えて
辻の薬師堂をお参りして、

町屋跡を通りました。
Machiya


昔はこの辺が鎌倉の商業の中心地だった、
と石碑にありました。

大町の四つ角を右折して、
八雲神社、ぼたもち寺をお参りして
Botamochi
突当りが妙本寺の門です。
Myohonji1
妙本寺をお参りします。

このお寺も大きなお寺ではありましたが、、
参詣の方はだれもおらず、、
静かで落ち着いたたたずまい、本当によかったです。
Myohonji12

Myohonji3

Myohonji4


Myohonji2

Myohonji5_1

境内のあじさいがきれいでした。

本堂のほうから、山門の入り口のほうを
撮ってみました。
Myohonji6

謙介、ここまでずーっと歩いて回っていたのでしたが、、
犬を連れて歩く人とか、
部活に行く自転車に乗った高校生とか、、
出会うのは全部地元の人ばかり。


本妙寺、本当に緑が美しく、
境内も静かで、よいお寺でした。
こういうお寺をめぐって歩くのが
鎌倉の魅力、なんだと改めて思いました。

ここから西に行って、、
本覚寺に来ました。
Honkaku


このお寺の裏側が若宮大路で、鎌倉駅です。
ということで、もとの場所に戻ってきた、ということですね。

時刻は10時半でしたが、薄日が射したりして
まだ何とか天気は持ちそうでした。
今度は北東方向を目指しました。
今日はここまでといたします。

|

« やれやれ。どこまでも迫ってくる「地元」・ツアー(12) | Main | やれやれ。どこまでも迫ってくる「地元」・ツアー(14) »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/65480407

Listed below are links to weblogs that reference やれやれ。どこまでも迫ってくる「地元」・ツアー(13):

« やれやれ。どこまでも迫ってくる「地元」・ツアー(12) | Main | やれやれ。どこまでも迫ってくる「地元」・ツアー(14) »