« やれやれ。どこまでも迫ってくる「地元」・ツアー(6) | Main | やれやれ。どこまでも迫ってくる「地元」・ツアー(8) »

17. 06. 28

やれやれ。どこまでも迫ってくる「地元」・ツアー(7)

伊東○での買い物も終わったので、
いったん宿舎に帰ることにしました。
遠くのほうには黒い雲があって、急に涼しい風が
吹いてきたりしていたので、なるべく早くに一度
旅館に帰ろうと思ったのです。
(実際この日は八王子で雹が降ったりした、
とニュースで言っていました)


銀座からは銀座線で溜池山王まで行って
乗り換えて麻布十番でした。
心配した天気も何とか持ちそうだなぁ、と
思いました。

行った時が、ちょうど都議会議員選挙の
公示直前だったので、候補者の演説を
あちこちでやっていました。
麻布十番にも、候補者の選挙事務所がちょうど
店開きしたようなところで、
候補者のポスターが貼ってありましたよ。

今日は、ちょっと麻布十番の周囲をいろいろと
歩いてみようと思っていました。

旅館に戻って、貴重品だけ持って、出発しました。
二の橋から右折して、仙台坂をあがっていきます。
坂の途中に、大韓民国大使館がありました。

警備がすごいですね。もう10メートルおきくらいに
警官が立っています。
警備のためのバスもとまっていて、、
ものものしい雰囲気でした。

でもね、やはりやぶ蚊がいるんでしょうねぇ。
警備のおまわりさんの足元から
蚊取り線香のにおいがしていましたよーん。

前に旅館の裏のイタリア大使館に行ったことが
ありましたが、あんなふうに警官が警備をしていた
ことはなかった気がしました。

韓国大使館を越えてもまだ坂はずーっとのぼりです。
ようやっと有栖川公園のところにきて、
下りになりました。
こんな標識もありましたよ。
Img_2309

しばらく行くと、今度もまた大きな建物がありました。
見たら「ドイツ大使公邸」とありました。
ドイツ大使公邸のほうは警備に立っている警官は
誰もいませんでした。

公邸の建物の塀には、日本人の小中学生が
「私のドイツ」と題して描いた絵がコンクリートの塀に
直接印刷されていました。

こういうふうに日本とドイツの若い人の交流を
盛んにしようとする試みはとてもいいことですよね。
やたら高い塀を築いて、警備ばっかりやってる
38度線以南の国も見習ったら? とか
思いました。

こういう人たちの中から将来、日本とドイツの間に
立って働く人が出てくるんじゃないかなぁ、と思います。

Nannbuzaka


坂の反対側は有栖川宮公園です。

そして坂を降り切ったところに
麻布のナショナルマーケットがありました。

Azabu

このマーケット、
以前は麻布十番の商店街の中にあったのですが
こんなところに来ていたのかぁ、と懐かしく
思ってちょっと中に入ってみました。
謙介の中の東京のイメージって、このスーパーだったり
します。

さっきから言っているように、この辺は
外国公館が多いので、このスーパーは
圧倒的に外国の人から見て必要な食料品とか
日用品の品ぞろえが多いのです。

やたらめったらシリアル類のコーナーが充実しているとか
ソーセージも見たことのないようなものが多いとか、、
お米も魚沼産コシヒカリに交じって、タイのお米とか
外国のお米が少量パックで売られているとか、、
本当に見ていて飽きませんでした。
(あんまり欲しいものはなかったけど)

ナショナルスーパーも見たし、、
そろそろ暗くなってきたので、もとに戻ることにしました。
有栖川宮記念公園です。
Arisugawa2

当然その有栖川宮さまの像がありました。
Arisugawa4
有栖川という名前自体は、謙介にとってみれば
京都の右京区を流れている川なので
とても親しみのある川なんですよ。

Arisugawa3


公園の中では、お父さんと子どもが
キャッチボールをしていました。

再び坂を上って、今度は一気に坂を下りました。
坂の途中で見かけた変わった形のマンションです。
Sendaizaka

地震とか起こったら、上層階は揺れとか
大丈夫なんでしょうかね。エレベーターとか
止まってしまうんじゃないか、とか思ったりしました。


韓国大使館のある関係か、この辺って
焼肉屋さんが結構多かったりします。
あの焼肉で有名な叙々○の
テイクアウト専門のお弁当屋さんも
ありました。 テイクアウトたって、
あの叙々○ですからねぇ、、、
お高いトシラク(弁当)でございますが。

さて、そうこう言っているうちに麻布十番の
商店街まで戻ってきました。
Azabujyuban5

商店街はすっかり垢抜けてしまって、、
何だか昔の親しみのある商店街では
なくなってしまっていて、、。

昔も今も変わらずにある
麻布長坂更科のお蕎麦屋さんで
Sarashina1
夕食をとることにしました。


二色せいろです。
Sarasihna2

そばつゆが、甘めのつゆと辛めのつゆの二種類出してくださって
片方だけ味わってみたり、ブレンドしてみたりしていろいろと
試ながら味わってみました。 そばの味も本当においしくて、、
さすが老舗だなぁ、と改めて思ったことでした。

おそばを食べ終わって、たそがれの街を
東京タワーまで出ました。


麻布十番から、狸穴を通りました。
狸穴(まみあな)にはロシア大使館があります。
ここもすんごい警備。
狸穴から飯倉を経て、東京タワーというコースで
歩きました。

Denpato2


銀座→東京タワーって、、
もうおのぼりさん観光路線ですけど。(笑)
東京タワーの人気も相変わらずすごいですね。
特に中国人。

一番上の特別展望台までは行けず、
下の方の展望台からの眺めでしたが、
それでも光の海のような東京の街の
夜景は、本当にきれいでした。

でも、東京タワーって、上から眺めるより
下から見上げていたほうが良かったのかなぁ、とは
思いましたけど、、。

東京タワーから降りて、今度は違うコースを歩いて
麻布十番の旅館に帰ったのでした。
Denpato1

(今日はここまでといたします)


|

« やれやれ。どこまでも迫ってくる「地元」・ツアー(6) | Main | やれやれ。どこまでも迫ってくる「地元」・ツアー(8) »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/65452595

Listed below are links to weblogs that reference やれやれ。どこまでも迫ってくる「地元」・ツアー(7):

« やれやれ。どこまでも迫ってくる「地元」・ツアー(6) | Main | やれやれ。どこまでも迫ってくる「地元」・ツアー(8) »