« 地元銘菓 | Main | やれやれ。どこまでも迫ってくる「地元」・ツアー(1) »

17. 06. 06

定形外の規格内だって

りかちゃんだいがく問題、まだまだもめています。
近々国の実地調査もある、ということを
ききました。

謙介、聞いてびつくりしたことがあります。

りかちゃんだいがくの1学年の募集人員が160人、
ということだそうです。 160人、って、ものすごい
強気の数字です。

田舎で、正直そんなに高校生の
生徒が来ますか? という疑問があるんですけど、ねーえ。

よしんば来たとしても最初の1、2年は
来るかもしれないけれども、、
その後はどうでしょうかね。
 
大学って、1度作ると、完成年度までは、
スタッフも募集人員も一切変えられません。 

獣医学部の場合は修業年限が6年ですから
完成年度は開学以降6年目、ということです。

つまり教員組織・定員といった大学の教学組織の部分について、
6年間は一切の変更はしてはいけません。

160人定員でスタートしたけど、学生が集まらないから
100人に変える、というのは、できて6年目までは許されません。
定員割れしていようが、なんだろうが、その人数、スタッフで
行かなければなりません。 

「それで作ったんやから、それでやれ」ということですね。

それと、今回も誘致した街の市役所の人間が言ってるんですけどね。

大学を誘致したら、若者が増えて
街が活性化するとか、定住人口が増えてにぎわう、
とかいうの。

あれははっきり言って幻想です。

大学ができたからと言って、街が活性化なんかするもんか。

同志○大学が新田辺に新しいキャンパスを
作ったのですが、JRの駅から校門までの間に
いまだにコンビニ2軒しかありません。
後はたんぼ。

もうできて何年もなるのにいまだにそれです。


学生なんて、授業が終わったら、
とっととにぎやかな街に帰ります。
わざわざ寂しい街の学校なんかいるもんか。

そもそもが、地方の大学が軒並み定員割れしている
理由の一つがそれです。
田舎のさびしい場所の交通不便な
大学なんざ行きたくもねぇ、というのが高校生ですよ。

どうしてそんな自明のことが行政の人間に
分からないのでしょうかね。

大学誘致で街を活性化、なんて、
そんなものは幻想でしかありえない。

先週ある機関が今治市民に
獣医学部の誘致はどう思いますか?
ということでアンケートを取った、と
地元の放送局のラジオニュースで伝えていました。

6割の住民が、そんなものに金使う暇があったら
もっとほかのものに金使え、という回答でした。

本当にそう思います。
かつての今治の街の中心だった「ドンドビ」のあたりとか、
今治銀座の商店街も大正町も室屋町も、
もう寂れ果てています。

市民は少なくとも大学より、市民の暮らしを何とかせえ、
と言っていますが、、どうするんでしょうか。

       ×       ×       ×

あ、ついつい話がそっちに行ってしまった。
話を本題に。


6月1日から、郵便料金が改定になった、のです。

それは前々から知らされていたことでした。
謙介的には、はがきが値上げする、
という程度の認識だったのですが、、

よく聞いてみると、謙介が仕事場でよく出している、
定形外のやや大きい郵便物も変更があったのです。

今までは、定形外は、その郵便物の重さに応じた
料金の区分だけだったのです。

ですから、定形外で50グラムまでであれば120円だし
100グラムまでだったら140円というふうになっていた
わけです。

たとえばうちわに切手を貼って出しても、
そのうちわの重量が50グラムまでであれば、
120円切手を貼って出せばよかったのです。

それが、今回の改正で変わって、、
定形外のものは、B5版の入る封筒、A4版の入る封筒
というふうに、決まった封筒で出すのであれば、
規格内、ということで、今までと同じ料金です。

その逆に規格外、という価格設定が
新しくできたのですよ。
定型外の規格外と規格内。


でもさぁ、定形外の規格内、って
変な区分けだと思いません?

なんだよ、これ、って思ったの。


変な形の郵便物なんか出したら手間がかかるんやから
別料金取るぞ、というようなことなんでしょうね。


そもそも、謙介なんて、「定形外の規格外」の人間ですからねーえ。


郵便局になんか持って行ったら、まともに取り扱って
くれないような、そんな気がしながら郵便局から
帰ってきたのでした。


|

« 地元銘菓 | Main | やれやれ。どこまでも迫ってくる「地元」・ツアー(1) »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

 ワタシなんぞ,定形外の規格外ではあるかもしれないけど,それ以前に危険物だから,どこでも扱ってもらえないんじゃないかと(爆笑)
 まあ,日本郵政も郵便部門に関しては赤字ですから,手間がかかる物に関してはそれなりにお金を頂きましょう,ということですかね。

 田舎の大学といえば,広島県庁時代に県北の庄原市に「●島県立大学」が開学したのですが・・・これがまた不便な場所に;;; 一応,公共バスを走らせて市の中心部から学生を運ぶようにしてましたけど,20年以上経った今はどうなってるのやら・・・。

Posted by: Ikuno Hiroshi | 17. 06. 08 at 오전 1:02

獣医学部は結構な高倍率ですよ!しばらく前に薬学部が4年から6年にかわったので、どうせ6年行くんだったら獣医にって人が増えて農工大なんて20倍です。2年から青森校舎に行く北里だって5倍くらいの倍率だったはず。資格職ってことで女の子の人気も高いので、できれば人は集まるんじゃないでしょうか。
西日本には私学の獣医学部がないので、できたらいいんでしょうけれど、その経緯がなんともですね。

Posted by: アリクイ | 17. 06. 08 at 오후 10:26

確かに「定形外で規格内」と言うのはおかしいですよね。
うちの近所の郵便局では、「定形封筒からレターパックの大きさまでの間が規格内です」って説明していました。
角2封筒ともA4サイズとも言わずレターパックを例えに出すところが、アピール必死だなと思いました。
あと、ハガキも値上げだけど今度の年賀状だけ据え置きらしいですね。「今、販売中のかもめーるは値上げなのですね」と思わず嫌味を言ってしまいました。

Posted by: mishima | 17. 06. 09 at 오후 12:09

---Ikuno Hiroshiさん
定形外の規格外の上に好ましからざる人物、と3拍子揃った謙介です。(笑) お仕事柄、毎日郵便局に封書を出しに行くのですが、見ていると、いろいろなサイズの荷物がきて、、お米から、いよかん、にはじまって、定型型の半分くらいの封筒まで、サイズも種々あって、たぶんIkunoさんのおっしゃるように、郵便部門って、手間ばかりかかって儲からない、ということなんでしょうね。
 庄原、という以前に、庄原よりは人口の多そうな三原にあるキャンパスでさえ、寂しそうです。それを言ったら東広島に移転した国立大学も、周囲は寂しそうなままで、、だからいい加減大学誘致の街づくりというのはやめたらいいのに、と思います。

Posted by: 謙介 | 17. 06. 09 at 오후 10:58

---アリクイさん
 ここにも書いたのですが、そもそも謙介が今治に、りかちゃんだいがくの獣医学部ができる、という話を聞いたのが、8月8日のことでしたよ。マスコミの報道よりもやや早い時期に、そこにできる、大学法人までわかっていた、一体これって、どういうことなんでしょう(笑) 実際はマスコミの報道よりもっともっと早い時期からすべてが動き出していた、ということなんでしょうかね。

Posted by: 謙介 | 17. 06. 09 at 오후 11:03

---mishimaさん
 前回の値上げの時も、50グラムまでの定形外の120円と、同じく100グラムまでの140円は値段が据え置きになっていて、ずいぶん意図的だなぁ、と思ったのですが、今回もおっしゃるように年賀はがきだけ、52円、って、相当の意図的なものを思いますよね。

Posted by: 謙介 | 17. 06. 09 at 오후 11:05

刑務所を街にもってきたら、刑務所で働く職員のご家族が増えて、街が活性化したって話は先日テレビでみましたが…。
郵便局も、なんだか大変ですね。どうせなら、そのあたりまで、ちゃんと発表してほしいですね。
年賀状は、出す人がいなくなったから…そのままなのですね…。
郵便局も宅急便業界も、ネット通販等の影響もあったり、もろもろ大変だとは思いますが…。便利になるようでどんどん住みにくい生きにくい、日本になっていくような…。

規格外は僕もですので…笑。

Posted by: holly | 17. 06. 11 at 오후 2:37

---hollyさん
 なんだか「お金もうけ」のための形式揃え、というのが先にあって、利用者の利便性、というのが後回しされた結果の呼称なり、分類法だと思うんですよ。訳がわからない。もっと料金体系(これはこの表記でいいんですが 笑)根本から見直して、ということをしないで小手先だけの改定をした結果、こんなことになったのでしょうね。 覚えにくいったらありゃしない。(笑)ですよね。

Posted by: 謙介 | 17. 06. 12 at 오후 11:16

せっかくの民営化なのに、今回の値上げは、なんだか中途半端な感じがしますね。
昔のはがきの交換もいろいろきくと変です。
せめて、いままで買ったはがきの分は、いままでどおりの交換でとか、民営の会社ならしそうなものですけどね…。
やっぱり、中身は、お役所仕事がどこかにあるのかもですね、働いている人というより、特に決定するそうい人たちは、そうでしょうがら。
僕も今回の値上げは、なんだかへ~んなのって思っています。

Posted by: holly | 17. 06. 19 at 오후 7:57

---hollyさん
 なんだか値上げ、というのが最初にあって今までの郵便料金体系との整合性は無視したみたいにしたので、こんなふうなことになったのでは、と思います。もうちょっと全体を見て、呼称も考えて欲しかったですね。

Posted by: 謙介 | 17. 06. 20 at 오후 11:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/65356187

Listed below are links to weblogs that reference 定形外の規格内だって:

« 地元銘菓 | Main | やれやれ。どこまでも迫ってくる「地元」・ツアー(1) »