« 東西問題 | Main | いなかのできごと »

17. 05. 16

時代は遷って

先日、ながったらしい銀行名の銀行の
途中に出てくる「東京」の部分が
消える、ことになった、という報道を聞きました。

そのながったらしい銀行名のうちの「東京」の部分は
この銀行名から、だったわけですが、、、。


Img_2187


おらなんか、物持ちがいいもんで
いまだにこんなもの持ってるだよ。(笑)

どうしてこんなキャッシュカード持っているのか、
と言いますと、東京銀行というのは、国内より外国に強い銀行で、
日本で唯一の外為銀行だったのです。

謙介がソウルにいたころは、まだ東京銀行が
ありましてね。 いろいろと送金をする関係があったので、
東京銀行に口座を持っていた、ということなのです。


ちなみにキャッシュカードの最初の058という番号は
京都支店のコードでした。

今のながったらしい銀行名になっての058は、
大阪の堂島支店のコードだとか。

日本に帰ってきてから、謙介もいろいろありましたし、、
東銀もながったらしい銀行名の「一部」になって
かろうじてその痕跡を残していた、ということで今に至っていた、
ということだったのですが、とうとう消える、ということになったそうです。

そのながったらしい名前の銀行に、一昨年だったか行って、かつての
三和銀行のスヌーピーの通帳の解約をしてもらって
お金を返してもらうことにしたのです。
三和銀行は「UFJ」の部分の銀行でしたもんね。

行ってすぐに、解約の手続きを、と、言ったら、
通帳の台帳が見つからない、とか言われてしまいました。

三和銀行の合併後の銀行に行っているのにない、とは
これいかに。 別にみず○とか、りそ○に行って
三和の解約してくれ、と言っているわけでなかったのですが、、

そこから台帳を探してもらって、やっと見つかるまでに
1時間。手続きを終えるまでにさらに1時間。
それだけのことをするのに、2時間もかかりました。


きっとこの東京銀行の通帳も、行って手続きをしたら
正式に解約できて、お金がいくばくか返ってくる、
ということになるのだろうとは思いますが、、

そこまでに
何時間かかることやら、、、

(しかも返ってくるお金は、
たぶんドトー○で飲むコーヒー代くらいしか返ってこない)


めんどくさ。


諸事手続きをするのを億劫がって、
放置する、というのが老化のはじまり
というのはよく知ってはいますが、、、でもなぁ、、。

かくしてあれもこれも
「めんどうくさい」というようになっていって、
どんどんと老化は進んでいくのでせう。

平成時代も今年で終わりのようですね。

来年には改元があって、
新しい元号になるとのこと。

やれやれ。

こうして昭和なんて、
いよいよ昔のはなしになっていくのでしょうねぇ。

|

« 東西問題 | Main | いなかのできごと »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/65280287

Listed below are links to weblogs that reference 時代は遷って:

« 東西問題 | Main | いなかのできごと »