« 2017年春 近江・京都の旅(その8) | Main | デッドセクション »

17. 04. 12

今後の展開

きょうは韓国のおはなしです。

むくげおばさん、あれまぁ、と思っているうちに
逮捕されてしまいましたね。

あじゅもにの自宅、報道で三成洞(さむそんどん)にあった、
ということを知りました。 

三成洞は江南にある場所なんです。

奉恩寺(ぽうぉんさ)というお寺があると思えば
COEX(貿易センタービル)と言った最先端の施設も
あるところです。 

三成洞の東隣は以前ソウルでオリンピックが
あった時のメインスタジアムだった蚕室(ちゃむしる)
のスタジアムがありますし、江南のお買いもの地域の
狎鴎亭(あぷくじょんどん)も比較的近い場所です。

実は、謙介、この三成洞に友達がいたので、
ソウルにいたころはよく遊びに行っていました。

なので、三成洞と言われると、
ああ、あそこ、と思いますし、懐かしい場所でもあります。
でも、住もうとは思いませんけど。

(だって三成洞なんて、高級住宅地で、
謙介さんには似合わないこじゃれた
お店だのお家だのが連なってた場所ですし) 

自宅にいること数日にして、今度は逮捕されて
収監、ということになってしまいました。

でもねぇ、、謙介、ずーっとむくげおばさんの
行状を見ていたのですが、、
事件として立件できるような明確な証拠が、、あるのかしらん、
と思うのですよ。

検察の言っているのは、
賄賂を受けたのは、すんしるアジュマなんだけど、
すんしるアジュマとむくげアジュマは、
利益を共有する一味だから、むくげアジュマも
いっしょなんだ、ということで、逮捕して取り調べている、
ということなんです。

利益を共有する、というのはどのような証明があって
そういうことを言えるのか、と言えば、すんしるアジュマが
むくげアジュマの服の制作代金を立て替えて払った、

(むくげアジュマは、立て替えてもらったお金に関しては
あとからちゃんと払っている、と言っている)
と言う程度のものです。

そんなもので、すんしるアジュマからむくげアジュマに
ものすごい額のお金が提供された、という証明になるのか、
ということなんですけど、、その部分を明確に立証しないと
いけないのですが、果たしてその部分の立証はできるのですかねぇ

直接の事実関係の把握なんて
相当に難しいのでは、と思うんですが、、

でもおそらく実際のところ、韓国の司法の判断というのが
どうもすんしるがわるいんだから、むくげだってわるい、
というようなめちゃくちゃな論理で判決が出て、
はい有罪、ということになりそうな気がします。

大統領候補、ジェニー(むんじぇいん)が優位なのかと思っていたら
ここにきて、チョリー(あんちょるす)のほうが支持率が上になった
とか言っていました。 

で、3つの新聞の記事を見てみたのですが
(ちゅんあんいるぼ とんあいるぼ ちょうすんいるぼ)
専門家の意見というのを見たら、「最後の投票まで分らない」というような
ことを言っていました。
ぱぼ(あ○)、かと思いました。専門家はそういう予測をするのが
仕事だろうが、とか。

(まぁそれはきっと、自分の予測がはずれたら、それはもう
各所から突き上げを食らって、自分が悲惨な運命になるのは
分かっていますから、予測は怖くてできない、
ということなんでしょうけど。予防線を張って言わないの。)

こないだまで、ジェニーったら、
「わしが大統領になったら、平壌に行って、平和のための
話をつけてくる」とか言っていたのが、この数日で
えらく対決姿勢を前面に出すようになってきました。

あんた、こないだまで言っていたのは?
と突っ込みを入れたくなるような豹変ぶりです。

こないだ、下のような「行程表」を謙介
提示してみたのを覚えておいでの方もおいで
だと思います。

最初の部分「選挙期間中にけんちゃなよなこと
(適当にその場その場で都合のよさげなこと)
をいいまくる、ということが当たってしまった、
という感じです。

以下、下のような過程を経ていくのでは、
と思っているわけですが、、

選挙期間中にけんちゃなよなことを言いまくる
(あちこちで公約の大安売りをする)

大統領になって、各所から情報が上がってきたら
候補の時のようなお気楽なことが言えないないことが分かる

あちこち調整したけど、無理

こないだの公約はどうなった、と不満の声が上がり始める

とりあえず求心力を復活させるために「反日」をしてみる
で、慰安婦問題の合意は破棄と日本政府に告知する

どうだ、日本に対して堂々と言ってやったぞ、と
えっへんと自慢をする

一時そのことによって世論は静かになる

それでもやはり公約実現はできていないので
各所から抗議の声があがる

内政でにっちもさっちもいかないところに
中国は「さあど問題」があるし、日本は「たけしま」やら、
「うぃあんぷ問題」があって、外交的にも内政的にも
行き詰ってしまって、しっちゃかめっちゃかの
じょうたいになる

やけくそ、もしくはけんちゃなよ、になって投げ出す

まぁねぇ、、ジェニーであろうとチョリーであろうと
誰が大統領になったとしても、
今まで40年間韓国政治を見てきて、想像できるのは、
こんなふうな経緯をたどるのは、想像に難くない、
という気がします。

ただ、以前駐韓大使をつとめられた武藤さんの
お話では、じぇにーさんのほうは、案外
現実的な考えをする、人だそうなので、

そういう意味では大統領になって、
現実的な状況を見せられて、意見を豹変させる
という可能性があるかもしれない、ということ
でした。 

でもねぇ、韓国の世論がその転換をどう見るか、
ということではありますねぇ、、。

これからも適宜状況を検証していきたいと
思っているのです。

|

« 2017年春 近江・京都の旅(その8) | Main | デッドセクション »

はんとうもんだい」カテゴリの記事

Comments

 じぇにーどん,ここに来て対北政策を転換させてるあたり,確かに現実的な考え方をする人なんでしょうけど・・・問題は,彼を担いでる/期待してる人たちがそうかどうかというところじゃないかと(苦笑)
 というか,特に対北状況に大きな変化もないのに,政策の方向をほぼ逆方向変えるのって,大統領就任後の流れの予習ですか?(笑)

Posted by: Ikuno Hiroshi | 17. 04. 13 at 오전 9:50

---Ikuno Hiroshiさん
 この間まで、対北融和政策を前面に押し出していた人の発言とも思えないような、ここ数日のコメントなのですが。(笑) そうなんですよね。本人は「臨機豹変」で状況に合わせて変えても、取り巻きが、、簡単にその「豹変」を許さない、というのか付いていけない、いかないので、結局のところ、すったもんだ状態になって、ということになりそうですね。見たところ、ジェニーもチョリーも
同じような感じですけど、どうやってこの急旋回を支持者に説明していくのでしょうかねー。(微笑)

Posted by: 謙介 | 17. 04. 13 at 오전 11:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/65109073

Listed below are links to weblogs that reference 今後の展開:

« 2017年春 近江・京都の旅(その8) | Main | デッドセクション »