« 2017年春 近江・京都の旅(その6) | Main | 2017年春 近江・京都の旅(その8) »

17. 04. 04

2017年春 近江・京都の旅(その7)

花園会館でお昼をいただいて、出発です。
Img_1972

妙心寺道を東に行って、西大路まで出て右折します。
次の円町の交差点で左折して東に走ります。
千本丸太町を右折して、千本通りを二条駅まで。
ここで左折して御池通りに入ります。御池通りを
そのまま東に走って、富小路を右折しまして
ずっと下がりますと錦市場振興組合の駐車場が
あります。いつもここに車をとめています。

と、いうのが、この駐車場が、錦市場のいつも
行くお店に近いので、何かと便利なのです。
加えてこの駐車場の前にアイスクリーム屋があって
そこのアイスがおいしいので、いつも寄っては
いただくのが習慣になっているのです。

錦市場のお店も、3分の2は変わったなぁ、という
印象です。以前は、同じお店で、午前中と午後で
客が違う、という感じでした。
午前中は旅館とか仕出し屋さんといった商売を
している人の仕入れの人が多くて、午後は観光客
相手、という感じだったのですが、
今やもう四六時中観光客の相手、という感じに
なりました。プロの人はどこで仕入れているのかなぁ、と
思ったりします。

それと不思議なことなのですが、
錦の通路の南側のほうは比較的
観光客相手のお店が多くて
北側は従来のプロの人相手のお店が多い、
という感じがするのです。
これは謙介の印象でしかないのかもしれませんんけど、、。

錦でオフクロはニシンの甘露煮を買います。
それから山椒とか湯葉、といったようなものも
買って、再び駐車場のほうに戻ります。

さっきも言ったように駐車場の前のホブソン○のアイスクリーム屋
さんで、ちょっと休憩をしました。

それから再び車に乗り、今度は四条通りを東に走ります。
南座のところを右折して川端通りに入ってしばらく
南下です。 オヤジにここが京阪電車の跡、と言ったら
感慨深げでした。(正確には電車は地下に潜ったのでしたが)

川端通りを五条まで下がって、今度は左折して、
まっすぐ東を目指します。
東山の坂を一気に越えて、降りると山科です。

山科も今ではすっかり住宅が密集する地域になって
しまいました。
40年くらい前までは、京阪とJR(当時は国鉄でしたが)
の山科駅周辺は家がありましたが、
そこから南に下がっていくと、まだ方々に田んぼや畑があったりして
牧歌的な場所だったのです。

名神も新幹線も田んぼや畑のあたりを突っ走っていたのでしたが、、

それが次第に団地ができたり、マンションができたりして
今では住宅地、となってしまいました。
地下鉄も走っていて、ここから洛西の太秦天神川まで
直通の電車で行けるようになりました。

午後は、この山科のいくつかの社寺を回ろう、
という計画だったのです。
今日はここまでといたします。

|

« 2017年春 近江・京都の旅(その6) | Main | 2017年春 近江・京都の旅(その8) »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/65100530

Listed below are links to weblogs that reference 2017年春 近江・京都の旅(その7):

« 2017年春 近江・京都の旅(その6) | Main | 2017年春 近江・京都の旅(その8) »