« 2017年春 近江・京都の旅(その8) | Main | 今後の展開 »

17. 04. 08

2017年春 近江・京都の旅(その8)

旅行も3日目になりました。
いよいよ今日は帰ります。
朝、旅館の窓から外を見たところです。
旅館は左京区の高野(たかの)なので
窓を開けると比叡山の山容が美しく見えるのでした。

Hiezan

朝食と会計を済ませて8時に出発です。
今回はオヤジの希望で、神戸からフェリーで
帰ることにしていました。
船に乗るので、どうしても10時45分までには
神戸港に到着しなければならないのです。
(船の出航は11時15分なのですが、
その30分までには到着して、乗船手続きを
しなければなりません)

道路状況を見てみました。
この日から甲子園で春の高校野球がはじまることになっていたので
名神で西宮に出て、神戸まで走る、というのは
無理だろうと思っていたのでしたが、、
名神・阪神高速の神戸辺を見たら、渋滞の印のまっかっか。
じゃあ、と思って中国道を見たら、これまた吹田~豊中~宝塚20きろで
渋滞中。 うーん、どっちがいいかなぁ、と思ったのですが、、。

ひとまず中国道で行くことにしました。
早朝なので
京都市内の交通量はまだ少なかったのです。
北山通りを西に走り、ノートルダム女子○のところで左折し、
河原町通りをひたすら南に走ります。
河原町十条まで走って右折して、1号線のところで
左折してまっすぐ行くと名神の京都南インターです。

名神から中国道に入って、しばらく走りました。
いつもより早く、千里中央の辺で早くも渋滞がはじまりました。
道路標識で渋滞を通過するまで45分とありました。
その時、8時40分でしたから、、まぁ10時前には
神戸に入れるかなぁ、と想定しました。

いつもこの宝塚辺で15キロくらいの渋滞が
起こります。と、いうのが、この宝塚の2か所で、
阪神高速2つが中国道と一緒になるのです。
そのためにいつもこの辺で渋滞が起こるのですが、、
いい加減う回路作って欲しいと思います。

中国道から阪神高速に入り、箕谷から
六甲トンネルに入って、一気に神戸に入りました。
中国道は渋滞していたのですが、
そのあとは混む場所もなく順調に神戸に入りました。
結局神戸に入ったのは10時15分くらいでした。

新神戸駅でトンネルを抜けて、市内に入って
加納町の交差点から北に行き、
いつものフロインドリー○で、パンを買って、
神戸港のフェリーターミナルに着いたのが
10時40分でした。
フェリーの乗船予約はしていたのと、
乗船名簿もパソコンからダウンロードして
先に作ってあったので、名簿を出して運賃を払うだけで
手続きは終了でした。

車を積むスペースは1階と2階にあるのですが
両親の足のこともあるので、2階にしてもらいました。
車両甲板から客室には、エレベータで上がります。

Fune11


座席も予約していました。
三連休の初日だったので、この日結構船は混んでいました。
椅子席はほとんどが埋まっていました。

船は定刻の11時15分に出帆しました。
四国着は15時50分です。

船が走り始めて30分ほどで
明石海峡に来ました。
いつもは上を走る橋を今日は下から見上げます。

Akashi1

だんだん近づいていきます。
Akashi2

橋上を走る車も見える距離になりました。
Akashi3

もっと近づいて、、
Akashi4

とうとう通過します。
Akashi5

そしてあっと言う間に遠ざかっていきました。
Akashi6

ちょうど明石の沖で、、
日本標準子午線の明石の天文台も見えました。
135

これが2階のほうの車両甲板です。
あと、この下に1階の車両甲板があって
そちらのほうに大半の車が搭載されていました。
なので2階のほうの車はあまりいない、ということでした。
謙介の車も2階に載っていたのですが
この位置からは見えなかったのです。

Fune2

これが同型船です。乗っているのと同じ形の船です。
Fune3

船は途中小豆島に寄港しました。
乗ってくるのも数台くらいかなぁ、と思ったら
何の何の。30台くらい車が載ってきて、
びっくりしました。

屋島が見えてきました。
もう到着です。

Yanyanyashima


ということで無事に帰ってくることができたのでした。
何とか事故もなくて帰れることができて、ホッとしました。

これで今回の旅行のご報告、ひとまず終わりです。
今回は仕事がバタバタしていて書く時間が取れずに
長い時間がかかってしまって、、、すみませんでした。
最後までお読みくださってありがとうございました。

|

« 2017年春 近江・京都の旅(その8) | Main | 今後の展開 »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/65116908

Listed below are links to weblogs that reference 2017年春 近江・京都の旅(その8):

« 2017年春 近江・京都の旅(その8) | Main | 今後の展開 »