« 「官能」を遠く離れて | Main | 変な引力でもあるのでしょうか »

17. 03. 10

このあと

おとなりのけんちゃなよ国で、
大統領の弾劾裁判について、
今日判決が出ましたね。

まぁ、国民の情緒(じょうしょ、と読んでね)が
法規に勝る国ですから、
こうなるのは、予想のついたことでしたが、、
8人の裁判官全員一致だったとのこと。


うちの仕事場に、以前、大津事件で
判決を出した、児島惟謙(こじまこれかた)の
子孫が居たのですけど、今回のこの判決を見て
改めて児島惟謙のことを再認識いたしました。

で、5月あたりに大統領選挙があるそうですが、
今の予測ではむんたんがどうも当選するだろう、
ということですね。

そっから後は、まぁこないだ書いたようになるのでは
ないか、と謙介は思います。
(別に謙介でなくったって、見てたら誰しもそう思う、でしょ)


国内的には、当選するために気軽にあっちこっちで
ケンチャナヨな約束をしまくっていたことに対する
実行が求められる。

 ↓

でも、そんなことは簡単にはできない。

 ↓

あちこちでまーたまーたデモが起きる。

 ↓

で、必ず反対派がいて、
むんたんひめん! とか いいはじめる。
(くねのほうが良かった、とか言うかも、、
もっと積極的にくねは悪くなかった、とか)

 ↓

で、またむんたんを大統領から引きずり下ろそうと
いうふうになる。

こんな状態が続いて行くんじゃ
ないでしょうか。

で、対外的には、
中国は、米軍の「さあど」配備でげきおこ状態だし、
日本は、「ういあんぷむんじぇ」については
もう二度と話をしない、
と言ってるし、
アメリカは「貿易赤字の問題、分かってるだろうな」
とか言い出すし、、

周辺諸国とどのように話をつけるつもりなのでしょう。

うーん。誰が大統領になっても、画期的にあの国が
変貌をとげる、ということは難しいんじゃないですかねぇ。


それでは、当のむんたんが
外交についてどんな意見を持ってるのか、
と調べてみたら、「今は手の内を明かさない。ぴみる(秘密)!」とか
言っています。

(でもね、謙介はこの人、たぶんどうするのか、
具体的な方法は何も持ってない、もしくは、
超楽観的な考え方しかしていないと思うんです。きっと。)

で、仮に明確な外交のプランがあったとしてもです。
この人のプランは、支持層の韓国民には共感されたとしても、
(理解とは敢えて言わない) 彼の外交手法が
国際的には全然通じない考え方なんだ、というところが
あんまり分かっていない、んじゃないか、と思います。

韓国の政治家って、自分を消して、一度相手の主張とは
何か、冷静に分析する、とか、客観的に、見てみよう、と
いうことができません。

そこにはどうしても「自分」というバイアスが入ってしまって、
自分の主張から見た、相手、という見方しかできない。
だから慰安婦問題もあんなふうな経過をたどっているのだと
思うし、日本が大使をひきあげていることの意味も、
全然考えていなくて、日本が超強硬姿勢だ、とか言うのだと
思います。

どこまでも自分、しかないから、客観視することが
できないんですよね。


まぁ、あの国の大統領、という職務は、誰がやっても、国民の
理解を得られなくて、最後には、石もて追われるようなことに
なるのでしょう。


くねさん反対派(ローソク派)は歓喜して
韓国民主主義の勝利、とか言っています。
じゃあ、この後、どうすんのさ?
というところが聞きたいですね。

と言ったって、むんたんを担ぎ上げて大統領にした、として
その後の展開です。

まぁそんなこんなで、
眺めていきたい、と思いますです。
 

|

« 「官能」を遠く離れて | Main | 変な引力でもあるのでしょうか »

はんとうもんだい」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/64995135

Listed below are links to weblogs that reference このあと:

« 「官能」を遠く離れて | Main | 変な引力でもあるのでしょうか »