« 感情のおもむくままに  | Main | 鹿のいる島・泉屋番頭屋敷(2) »

17. 01. 09

鹿のいる島・泉屋番頭屋敷(1)

仕事場の街なんて、自分のアパートから仕事場に行く、
そして仕事を終えて帰ってくる、というだけで、
観光地なんて、県外から誰か友達でも来ないと行かないですし、、。
でもよく考えてみたら、有名どころは行っているのですが、
名前は聞いたことあるけど、行ったことがない、
というところが結構ありまして、、、
そういうことで、
最近地元の観光地巡りをするようになった謙介です。

今回もそういうことで、
何回か連続してご報告したいと思います。
よろしかったらお付き合いください。


今回は鹿のいる島と泉屋の番頭屋敷(ほか)に
行った時のご報告です。

鹿のいる島は名前もその通り「鹿島」と言います。
この島にいるのは野生の鹿です。

Hoyjoko1


鹿というと奈良、を連想しますが、
あそこの鹿は、あまりに人に慣れ過ぎていて(笑)
ちっとも野生らしさがありません。

四国ではここのところ、
鹿とかイノシシとか猿が増えすぎていて、
そうした獣類が農作物を食い荒らす被害が
数十億円の規模になっています。

各県とも猿はともかく、
イノシシとか鹿の消費を真剣に考えるようになりました。

最近の言い方では、
おしゃれなジビエとかいうのでしょうけど、
高知県では、県が鹿料理のレシピ本を作って
頒布していますし、鹿肉バーガーというのも売っています。


他の県でも、鹿肉を使った燻製とか、
イノシシ肉のハムを売り出しています。

ただこの島の鹿は天然記念物になっているので、
四国のほかの鹿とは違って、
保護の対象になっています。

島へは四国本土から、渡船で行きます。

渡船と言ったって、所要時間は3分。

関門海峡の渡船が所要時間5分ですから
それよりも短い(笑)

島はこんな感じです。 周囲を以前は歩いて回れたのですが
今は一部歩道が崩れていて歩けないところがあります。
Kashimap


渡船場で、車の駐車場料と渡船の往復運賃
合計510円を払ってチケットを買います。

その時に、売り場の係りの人に
車のナンバーを申告します。
Hojyoko2

船のダイヤですが、夏は20分おきに出るのですが
今のような厳冬期は、30分に1本です。
謙介の乗る便、謙介以外に客があるのか、と
思いましたら、もう一人、釣りのお客さんが乗ってきたので
乗客は2人、ということになりました。


船内に掲示があって、
お客さんがいない場合は、燃料節約のために
その便を休航することがあります、と書かれていました。
お客さんが2人もいることですし、、ちゃんと出航することに(笑)
なりました。

これが渡船です。
船の屋根には「バンビちゃん」が。(笑)
Tosen1


Sennai2
これが船内なんですけどね、、。
後ろのドアは閉まっていますが、
前の戸は開けっ放し。
Sennai


当然のように風がビュービューと吹き込んできます。
まぁでも所要時間3分ですし、、。
謙介、この日は、耐寒完全防備で来ていましたから
寒さを感じることは全然ありませんでした。


Sennai3


おもしろかったのは、つり革です。
船が波で揺れますから、、、
(小船ですから、もろに波の影響を受けます。)
つり革がぶらんぶらんして、乗っている人を
攻撃しないようにするため、固定式のつり革です。
(こんなの初めて見た)

船内で流れる案内アナウンスが


「みなさま、今日は鹿島渡船にご乗船くださいまして
ありがとうございます」
という出だしこそ普通でしたが、、、

いきなり、「私も小さい時はよくこの鹿島に来たものでした。
とは言いながら、来たのは2回くらいですけど」という
個人的な述懐が入ったり、、

「万が一の時は、日ごろ家で奥さんの命令に従っているように
乗務員の指示に従ってください」というコメントになったり、、

まぁ言ってるのが「ゆっこさん」ですもんねー。
この人、東京に行く前に、こっちで「友近由紀子」という本名で
地元タレント活動していたのです。

Sennai4


で、あはははと笑っている間に3分はすぐに過ぎて
船は無事に対岸の鹿島に到着したのでした。
Iriguchi

今日はここまでとします。

(今日聴いた音楽 上方端唄 十日戎
 やっぱり今日はこれでしょう)

|

« 感情のおもむくままに  | Main | 鹿のいる島・泉屋番頭屋敷(2) »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

船内で流れる友近さんの案内アナウンス聞いてみたいかも!僕は、彼女のファンなので。さぞや面白いでしょうね…内容を想像するとにやけてきます。笑。

Posted by: holly | 17. 01. 11 at 오후 9:24

---hollyさん
 今のアパートに引っ越す前に住んでいたところの最寄りのJRの駅の近くに友近さんの実家がありました。毎日彼女の実家の横を通って通勤していた(笑)のです。お父さんはこの辺の農協の偉い人だったのですが、去年、御病気で亡くなりました。 友近さんのお母さんが、今やローカルタレント並みになって、地元の放送局でラジオのパーソナリティをやっています。友近ママって言うんですけど、、。

Posted by: 謙介 | 17. 01. 11 at 오후 11:13

友近ママは、占いができるということで、テレビで拝見したことあります。器量よしの親子ですね。そうですかローカルでご活躍なのですねママさんは!

Posted by: holly | 17. 01. 13 at 오후 10:59

---hollyさん
 そうなんです。今日は金曜だったので、晩の7時からこちらの地元のラジオに出ておいででした。鯛なんか一匹丸ごと買ってきて、自身で3枚おろしをするんだ、とさっきラジオで言っておいででした。後、スタジオピエロという絵の教室もやっていて、、今年70歳ですけど、あちこちで活動しておいでです。

Posted by: 謙介 | 17. 01. 13 at 오후 11:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/64733457

Listed below are links to weblogs that reference 鹿のいる島・泉屋番頭屋敷(1):

« 感情のおもむくままに  | Main | 鹿のいる島・泉屋番頭屋敷(2) »