« ひとはなぜこんぴらさんをめざすのか(その1) | Main | しばらく更新をお休みします。 »

17. 01. 27

ひとはなぜこんぴらさんをめざすのか(その2)

1月24日に発売になった↓のですが、、
人死にが出たら困りまーす。

Kotohiran

謙介、死にはしなかったのですが
こんぴらに行って、かぜっぴきになってしまいました。

こんぴらさんの階段ですが、区間、区間で、
階段の段数に結構差があるんです。
最初は10段ずつのぼっては、またしばらく行くと
10段、という具合です。

なので、こんな調子で、最後まで行くんだったら
そんなしんどくないじゃないか、と
思うんですが、、、。

そうじゃなくて、途中から、一気に200段くらいあったりします。
第一の関門は、大門前の階段ですねぇ。

さっきも言ったようにそれまで数段登っては、また少し平地があって
また数段、だったのが一気に200段くらいそびえたっているのです。
最初、勢いよく上がっていた人は、たいていここで、
ぜーぜー言うわけです。 なので、最初から飛ばしては
いけません。 

逆に言うと、大門まで来て後ろを振り返ると、あ、結構な高さの
ところまで来たなぁ、という感慨がよぎったりします。

Oomon2


この日は、参詣客が少ない、と踏んだのでしょう。
いつもは大門わきに甘酒や飲み物を売る店が
こんなふうに出るのですが、
E5806970d87e5b4c30c67eae8aeb8472


今日は撤収していて、全くの平地になって
いました。

Oomon1


大門をくぐると正式のこんぴらさんの境内になります。
ここからしばらくは平地が続くので、
この間にぜーぜーはーはーの息を整えましょう。

この道の右側には、1975年ごろ(昭和50ねんごろ)の
御寄進された方の石碑がずらずらと並んでいます。

(その後ろにはもっと前に御寄進された方の石碑が
あるのは言うまでもない)

御寄進額100万でこんなふうな石碑を立ててくれて
いたのですねぇ。この石碑を彫ってここに建てるだけでも
結構な額になっていたでしょうに、、といつも思います。

中には、金額はなくて、金一封とか書かれたものも
あります。 でも、その石碑の左右の金額から、
100万円なんだろうなぁ、と類推したりします。

Gokanjin


正面の突き当りまで来ると、また結構な段数の階段が。
これをのぼると右側に書院があります。 この書院の中の奥書院に
若冲の絵が一面に描かれた部屋があります。 数年に一度、
公開をしてくれるので、その時は見逃せません。

順路は書院と逆方向の左折です。
やはりここも階段。

そして突き当りを今度はまた右折します。
ここから旭社まで、結構な階段があります。
ここも頑張らないでゆっくり行きます。

Asahishamae


そして旭社に到着です。

Asahisha


ここの横に賢木門があります。

この辺は階段がなくて、平地が続いているのです。
それどころか、一段下がる階段もあって、、。

Sakakimon


言い伝えでは、こんぴらさんの本宮までの
階段が、786段になるのですが、
786段だと「なやむ」になるので、
1段減らして、765段にしました、というのですが、、。
本当のような嘘のような。

さても、ここからが問題なのです。
ラストスパート。 
ここから一気に200段くらい、途中踊り場はありますが、
一気にのぼらないといけません。
Last
ふふふ♪


下で飛ばしてきた人は、たいていここで、
「ええええええなんだこの階段はぁぁぁぁぁぁぁ」と言って
息絶え絶えになります。


ペース配分が大切、と言ったのは、
この階段を上がるための余力を残しておかないと
いけない、ということだったのです。

えっちらおっちらあがって、ご本宮に到着です。
Hongu
参詣をして、張り出した舞台から、景色を眺めてみます。
さっきまで降っていた雨も止んで、薄日が射してきていました。

Tenbo2

さて、ここで終わりではありません。
さらに。 奥社に向かっていくことにいたします。

以下次号。

|

« ひとはなぜこんぴらさんをめざすのか(その1) | Main | しばらく更新をお休みします。 »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/64811012

Listed below are links to weblogs that reference ひとはなぜこんぴらさんをめざすのか(その2):

« ひとはなぜこんぴらさんをめざすのか(その1) | Main | しばらく更新をお休みします。 »