« ノーベル賞とか赤橋とか(その6) | Main | ノーベル賞とか赤橋とか(その8) »

16. 12. 14

ノーベル賞とか赤橋とか(その7)

長浜の町内を見学もできたので、
次の場所に向かいました。

道路の横の崖の上を、JRが走っています。
以前はこちらが本線だったのですが、、、。
特急も走っていましたし、、。

山をトンネルで抜いて走る短絡線を
別に作ったために、こちらは、各停だけが
1時間に1本程度、(それも1両で)走るだけの
路線になってしまいました。

一日のダイヤは、こんな感じです。
Shinonada6

この線は西側は何も遮るもののない海なので、
海からの風がまともに吹き付けます。
なので、強風で 列車が止まることがよくありました。

謙介の仕事場も似たような環境で、、。
ものすごく風がきついんですよ。
そのために傘を何本ダメにしたか、、
それくらい風がきついのです。

それで山の中に新線をトンネルで抜いて走らせることで
頻発していた列車の運休を防ぐとともにスピードアップも
はかった、ということでした。
確かにスピードアップにはなりました。

以前は特急で1時間かかっていたところが、
今は、特急で20分になりましたから。

ただ、この路線、さっきも言ったように、
海沿いの崖の上を走っています。

ということは、天候が荒れてさえいなければ
文字通りのシーサイドラインで、海の眺望は
すこぶるいいわけです。

そうしたことで、JRが2年くらい前から
観光列車を走らせはじめています。
Src_39910974

それがものすごい好評で、おとといの新聞に
2年間で、この列車を利用した人が5万人を
越えた、と記事にありました。 
Src_39910978
この列車は、この辺の有名レストランか
名の知れた料亭のお弁当がセットになっていて
その料理を食べながら、車窓の景色を眺める、
ということになっているようです。

景色を見たり、地元の産品の駅売りが
出張販売していたり、と、するのだそう。

地元の人が、列車の停車に合わせて
いろいろとおもてなしをするのも
人気だそうです。

少し前にJR北海道が、企業努力だけでは
路線を維持できない、ということを発表しました。
その直後にJR四国も、同じようなことを
言い出しました。

将来的に、ではありますが、と前置きをして、
「急速に進む人口減少の観点から見て
現在の路線を維持することは非常に難しい」
ということを言ったわけです。

まだ具体的にどの線を廃止するのか
ということはさすがに言っていませんが、、、。

ただこんな発表以前から、こちらの地元の人には
路線廃止の検討、という場合、
おそらく真っ先にこの線が検討の対象になるのでは、
という危機感を持っています。

今回もあちこちで、路線の維持を、と呼びかけた
ポスターを見ました。

特別列車に対する奉仕活動も、そうした危機感が
鉄道振興に少しでも寄与することになるのでは、
という意識が底に流れているのだろう、
と謙介は想像しています。

この沿線には風景の良い駅が何か所か
あるのですが、とりわけ有名な駅に
行ってみました。

下灘駅です。
Shimonada1

この駅は、いろいろな写真やポスターで
使われているので、これをご覧のみなさんも
この駅の写真を見たことがある、と
思った方もおいでなのでは、と思います。

夏はここで、夕方、海をバックにして、
プラットホームでコンサートが開かれるんですよ

Shimonada3
ホームの向こうはすぐに海、というふうに見えますが、
実際は、鉄道はちょっとした崖の上を走っていて
その下に国道が走っていて、その向こうが海、
ということになっています。
江ノ電の鎌倉高校前駅のような感じですね。
行ったのは、先週の水曜日(12月7日)ですが
コスモスが咲いていました。
Shimonada4

謙介が行ったのは、お昼前だったのですが、、
この時間帯は上りの列車はありません。
下りもちょっと待たないと、、、来ない時間でした。
時間がゆっくりと流れていて、、
この駅に降り立つ人がいる、というのも
なんとなく分かるような気もしました。
Shimonada2

駅舎の中には、自由帖が何冊も置かれていて、
この駅に来た人がいろいろなことを書いていました。
駅はずいぶん前から無人駅ですが、
地元の人が交代で維持管理にあたっているようです。
よく掃除もされていて、地元の人のこの駅に対する愛着を
ひしひしと感じました。
Shinonada5


駅の向かいには、昭和のはじめごろの家が建っていて、、
こちらにも惹かれるものがありました。
でも見てもらったら分かるように、
この家の後ろはすぐ山、というか崖なんですよね。
Shinonada7

平地が少なくて、山にへばりつくように家が建っています。
四国のこの辺は、このような立地の家が結構多いです。
しばらくホームにたたずんで、いろいろなことを
ぼんやりと考えました。


さて、いろいろと見て回っているうちにお昼も過ぎて
しまいました。 ということで、車に再び乗ったのでした。


(今日聴いた音楽 よろしかったら 歌 梓みちよ
タバコの『パートナー』というののコマーシャルソングでした)

|

« ノーベル賞とか赤橋とか(その6) | Main | ノーベル賞とか赤橋とか(その8) »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/64615571

Listed below are links to weblogs that reference ノーベル賞とか赤橋とか(その7):

« ノーベル賞とか赤橋とか(その6) | Main | ノーベル賞とか赤橋とか(その8) »