« ノーベル賞とか赤橋とか(その2) | Main | ノーベル賞とか赤橋とか(その4) »

16. 12. 10

ノーベル賞とか赤橋とか(その3)

衝上断層を見学して、再び車に乗りました。
国道379号線をひたすら南に走りました。

30分ほど走ると、三叉路がありまして、
ここを右折します。

道は小田川沿いに
カーブを繰り返しながら山あいを縫いつつ
続いています。


さても、目的地その2の 大瀬(おおぜ)に到着しました。
ここにおいしいチーズケーキを作っているお店がある、
と教わったので、楽しみにやってきたのです。

昔は大瀬村、だったのですが、今は内子町に合併して
大瀬は地区名になっています。大瀬も大瀬東、大瀬中央、
とあるのですが、ここは大瀬中央。

一度前に来ました。その時のお話もしましたよね。

地区の中心に、お遍路さんの休憩用の茶堂があって、

その横に、なんだかお芸術ちっくなオブジェがあります。


Ooze1
この写真の奥の方に続いている道は、
さらにその奥の方でがけ崩れがあった、とかで
通行止めになっています。

名残の紅葉が青空に映えて本当にきれいでした。
Ooze2

酒屋さんです。 このお店でお酒を造っているのではなくて
このお店は売るだけ、というようでした。
Ooze3

大瀬は落ち着いた街並みです。

ここも人口の減少が激しい、とのレポートを
読んだことがありました。
Ooze4

たばこやさんの店先です。 シャッターが下りていました。
Ooze6

今日はお休みなのか、それとも営業を止めてしまったのかは
分かりません。
昔のたばこは、やたらキャッチフレーズというのか、
標語を作って売っていましたよね。

今日も元気だたばこがうまい、とか。
たばこは動くアクセサリーとか。

こんな表現、今ではもうねぇ、、、

時代や考え方がすっかり変わってしまいましたねぇ。

まぁ今週はノーベル賞ウイークなもんで、
ここの写真です。 
Ooe
大江健三○さんのご実家。
ここの家には犬がいて、吠えられてしまいました。

うさんくさいヤツで、どうもすみません。


え? 

チーズケーキ屋さんはいつ出てくるのかって?
このチーズケーキ屋さん、大江さんのご実家の東2軒先に
あったのですが、お休みでした。

開店時間は8時から、ということでしたし、
大瀬に着いたのは、11時近くだったので、
通常営業していたら、開いていなければ
ならない時間だったはずなのですが、
この日はブラインドが下りていました。

お店の情報は、「不定休」ということだったのですが、
その「不定」の日に当たってしまった、ということでした。

ここいらの方言で言えば、「残念からげるぞよ」ということでした。

よよ、となきくずれつつ、(嘘) 
町の南の橋のたもとに来ました。

小田川に架かった橋がありました。
古そうな橋です。
Oozebashi1

架橋年を見たら、昭和12年とありました。

大江さんが生まれたころにできた橋ですねぇ。

たぶん大江少年もこの橋を渡ったりしたことでしょう。
Oozebashi2

橋のたもとに「寧々」というチャンポン屋さんが
ありました。
Ooze5

ひょっとしたら、この地区唯一の外食屋さんかも
しれません。(営業はしてなさそうでしたけど)

この辺って、ちゃんぽんが名物だったりします。
ここからそう遠くない伊予大洲とか八幡浜では
ちゃんぽんを食べさせるお店が何軒もあります。
ここいら辺のちゃんぽんは、イリコとか鰹節で取った
お出しで、長崎辺のちゃんぽんに比べたら
あっさりとした感じです。
八幡浜はちゃんぽんで町おこしをしているほどです。


前に八幡浜に行ったときに、ちゃんぽんのお話もしましたね。

このお店は、
建物の装飾が昔の意匠で、、その意匠に惹かれました。
おそらく戦前に作ったようなハイカラな建物を再利用して
お店にしたのだと思いますが、、。

ご店主はどういう意図で
「寧々」という屋号をつけたんでしょうか????

高台院様がお好きだったのか、
それとも大塚さんのファンだったのか、、

謎です。

チーズケーキ屋さんが休みで、
傷心の謙介は(アホですな)、車のところに戻って
次の目的地へと急いだのでありました。

|

« ノーベル賞とか赤橋とか(その2) | Main | ノーベル賞とか赤橋とか(その4) »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

 「寧々」,高台院からじゃないですかねえ。大塚さんの方とするには,お店の最盛期と時代が合わない気が(笑)

 ところで,看板には「お好焼」ともありますが,この辺りのお好み焼きは,関西風?それとも広島風?

Posted by: Ikuno Hiroshi | 16. 12. 11 at 오전 12:00

---Ikuno HIroshiさん
 そうですねぇ、大塚さんではないような気がします。歴史好きのご店主だったのかなぁ、と推測しますが、、。
 お好み焼きですが、たぶん関西風と思います。広島風のお好み焼きがこちらで言われるようになったの、ごく最近のことなので、、。それも松山とかやはり広島に比較的近い場所で、のことだと思うのです。

Posted by: 謙介 | 16. 12. 11 at 오후 7:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/64599771

Listed below are links to weblogs that reference ノーベル賞とか赤橋とか(その3):

« ノーベル賞とか赤橋とか(その2) | Main | ノーベル賞とか赤橋とか(その4) »