« へし切長谷部のおうどんとしっぽくそば | Main | 捨てる! »

16. 12. 30

べにまどんな

こないだ来月の家賃を大家さんのところに持っていったんです。
まぁいつものことなんですが、12月はいつもお歳暮を持っていきます。
お歳暮、たって、例によっての『うどん』なのでございますが。

でも普通のうどんでは面白くないので、
毎年、ここは、という製麺所に頼んだものを
箱に入れてもらって持っていくようにしているんです。

今年は、まだ県外に出ていない新しい小麦の品種
「さぬきの夢2009」でうどんを打ってもらって
それを持って行きました。

そうしましたら、大家さんが、ちょっと待ってね、
と言うと奥に引っ込んで、、ややあって
段ボールの箱を持って出てこられました。

「紅まどんな、もろたから、ちょっと食べてみてくださいや」
と大家さんはおっしゃいました。

謙介は、その段ボールの箱の中の何個かを
いただいて帰るのか、と思いましたら、
「いいえいいえ、箱ごとです」
「えええええええ」と思わず言ってしまいました。


かんきつ産地の愛媛が、高付加価値かんきつとして
売り出すことになった品種です。
食べた人の話によると、食感はゼリーのような味わいで、、
ということでしたが、、、。

たぶんね、漱石先生の例の小説(笑)の登場人物の
「マドンナ」からとった名前だと思うんですけどね。


この紅まどんな、スーパーとかデパートにも
売ってはいるのですが、謙介、いつも横目で
見るだけで、買って食べたことはなかったのです。


スーパーの売り場で見て、何度か手に取ったりしましたが、、
謙介には縁遠いものでした。

だって、1個が500円くらいするんです。これ。
お歳暮用でスーパーに売っているものですと、
進物用で平たい箱に10個も入っていないものが
5000円ってありました。

いただいた
段ボールには、ぱっと見たところ、30個くらい入って
いましたから、、、、それで謙介、ええええええと
言ってしまったわけなのでございます。

まぁ、いただいたのは、皮の感じから見て、
あまりご器量がよさげには見えなかったので、
出荷できなかったランク落ちのものだと思いました。
(でないと、箱いっぱいなんてくれませんよね)
Img_1508


まぁ外見はあまりご器量良しではないですが、
そこはそれ、中身は紅まどんなには
違いないのですから、、、。

この紅まどんな、皮が非常に薄いです。

Img_1510


でも結構しっかりした皮で剥きにくい。
加えて中の果肉が以前、テレビで試食して
いた人が言っていましたが、ゼリーみたいに
柔らかいので、ちょっと力を入れて皮を剥こうと
すると中の果肉がつぶれかけてしまいます。
剥くのになかなか技術が要ります。

なんとか剥いて半分に割ってみました。
Img_1512

内側の皮はとても薄くて
一緒に食べても大丈夫のようです。

これが果肉の状態です。
Img_1522

味は、ネーブルをもっと繊細にしたような
味ですね。

上等なフルーツですが、、、
でも、1個食べたら、もう十分、という感じで、、
あまりたくさん食べなくてよい、というものでした。

今までのかんきつ類と一線を画して、味が全然違う、
というようなものだったら、おおっ! と思うこともあるかもしれないの
ですが、、。まぁかんきつ類はかんきつ類ですし、、。

ともあれ、
お正月はこれをいただきながら過ごそうと思います。


  ×         ×          ×

(2016.12.31 追記)

シスター渡辺が12月30日にお亡くなりになりました。 
つい、9月にお会いしたばかりで、、、。あの時は、
お元気そうで、まだまだこんなことになるなんて、
思っていなかったのですが、、。
ご冥福をお祈りしたいと思います。


今年もこのブログ、見ていただいてありがとうございました。
いつまで続けられるかわかりませんが、、、。


そのうち、書くのができなくなったら、
そこでおしまいにするとは思いますが、、。


書きたい、と思ううちは、続けて書いていこうと思います。
来年もどうぞよろしくお願いします。

|

« へし切長谷部のおうどんとしっぽくそば | Main | 捨てる! »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

紅マドンナおいしそうですね♪
今年も、話をきいていただいたり、コメントいただいたりとありがとうございました。
良い年末年始をお迎えください。感謝。

Posted by: holly | 16. 12. 30 at 오후 10:49

---hollyさん
 hollyさんこそ、今年一年いろいろとお声がけくださってありがとうございました。
 来年もよろしくお願いします!

Posted by: 謙介 | 16. 12. 31 at 오전 11:06

 外見はランク落ちでも,果物の場合,実質にはほとんど変わりないですよねえ。
 去年(あ,もう一昨年だ)から近所のスーパーに並ぶ「ふじ柿」も見映えは悪いですが,追熟させると十分イケますもん。

 それはともかく。
 ここ数年,ブログから撤退して他のSNSへ移行してしまう人が多いですが,謙介さんの書かれる内容,いつも楽しんで読ませてもらってますので,是非ずーーーーーーーーーーーーっと続けてくださいね(微笑)

Posted by: Ikuno Hiroshi | 17. 01. 01 at 오후 11:55

---Ikuno Hiroshiさん
 そうですか。(笑)そうおっしゃられると、続ける意欲がわきおこりました。(単純なやつ)SNSとはまた違って、ブログにはブログの良さもあると思っています。 あんまり何かのたしにもならないようなブログですが、よろしくお願いいたしますです。併せて 今年もどうぞよろしくお願いします。

Posted by: 謙介 | 17. 01. 02 at 오후 2:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/64669955

Listed below are links to weblogs that reference べにまどんな:

« へし切長谷部のおうどんとしっぽくそば | Main | 捨てる! »