« 訊いたのであれば、きちんとこたえるべき | Main | 花かつおの町へ(その1) »

16. 11. 21

会話の実験

今日は最初に以下の会話を見てください。


       ×      ×       ×


あ、あのさ、

何?

こ、このあとどこ行こう?

あ、ちょっと待って。あのぅ、すいません。

お下げしてよろしいですか? 

お願いします。

あと、お飲み物がついています。ホットコーヒー、レモンティー、ミルクティの
3つからお選びください。

どうする?

え? 

だから、ホットコーヒーか紅茶か、って

あ、ああ、うーん、ホットコーヒー、あ、いや、紅茶紅茶。

紅茶のどっち? ミルクなの、レモンなの?

ミルク。

すみません。じゃあ、ホットコーヒーとミルクティお願いします。

かしこまりました。

あ、それでなんだっけ。

だからさ、この後。

あ、うーん、なんでもいい。

映画でも、、行かない?

今どんなのやってるの?

え、っと、『海賊と呼ばれた男』でしょ『デスノート』でしょ『君の名は。』 でしょ。
  

映画かぁ

じゃあさ、映画行かない? 
まだ時間あるでしょ。
ね?

        ×       ×       ×


とまぁこんなふうにちょっと文章を書いてみたのですが、、。

何をしたかったのか、と言いますと、
実はこの文章でもって、ちょっと実験をしてみたのです。

ここには、まぁウエイターさんは別として2人の人間が
出てきます。 まぁ便宜的に映画を誘っているほうを
Aくんとします。 もう片方をBくんとします。


でね、謙介の知り合いの先生の作った
AIにこの会話を解析させたのです。

それで、映画を誘ってる側のAくんって
どんな子だと思うか、と人工知能さんに訊いてみたわけです。


そうしたら、出てきたお答えが「映画の好きな人もしくは詳しい人」
というものでした。

正直、あ、やっぱりな、と思いました。
あ、今の段階の人工知能って、この程度なんだな、
とも思いました。

実はAくんは、正直、そんなに映画を積極的に見たい、
と思っているのではないのです。

それがどこに出ているのか、と言えば
「映画にでも行かない?」と言う誘い方ですし、
「映画」という漠然とした言い方なのです。

本当に見たい映画があるなら、「君の名は。」見に行かない?
というふうに、具体的なタイトルを言ってくるはずです。

そこに「映画でも」なんて言う言い方はしないはずです。

謙介の質問って、
人工知能からすれば一番不得意な質問ですね。(笑)

今、人工知能、って盛んに言っているのですが、
はぁ、そういう程度なんだ、ということは
よーく分かりました。


人間の判断って、案外直感とか、好き嫌いとかで
決まることが多いですもんね。

しかもその好き嫌いって、必ずこれは好き、これは嫌い、
というわけでもなくて、その場の相対的な流れで、
たまたま、どっちを選ぶか、という選択に迫られた時、
たまたまその時はこっちのほうが「まし」と思って
選択することだってあるわけで、、、。

こういう時は必ずAを選ぶ、というわけでもありません。
いつもAを選ぶのに、たまたまこの日の気分はB、
とかね。その場の思い付きでたまたまこっち、という
ことだってありますし、、、。(笑)

先生にAIって、そういう見極めはできるんですか?
と尋ねてみましたら、

そこがAIの致命的なところでねぇ、
そういう見極めはできないなぁ、ということなのでした。

データからだけ見たらそうなるのかもしれませんが、
1+1が必ずしも2にはならない、ところが、
不確かな人の感情、というものなのでしょうねぇ。


(今日聴いた音楽 風のメロディ チューリップ歌)


        ×         ×


カルビマッ○とかいうものを再販しはじめた、というので
実際に見てみたら、、、
カルビなんかどこにも入ってない!(笑)
普通のハンバーガーに
ただのばら肉を炒めて味付けたものが入ってるだけ。
これがホンマのカルビです。

Karbi

カルビというのは「肋骨」ですからね。

日本って、肉の部位の名前がめちゃくちゃだなぁ、と思います。
もうアホか、というような状況です。


カルビという名前で嘘の部位のばら肉を売っていて、
一方で、本当の肋骨の部分は「スペアリブ」っていう名前で
売ってるんです。

ほんとうはカルビ イコール スペアリブでないといけないのですが。

カルビマック、定価は390円ですが、
本当のカルビを入れたハンバーガーだったら、たったの
390円なんかで売りだすことができるはずがないじゃないか、
って思います。
最低1000円したっておかしくないんだけど。
別に焼肉マックでいいじゃないか、って思います。
ただそれだけのものなんだし。

|

« 訊いたのであれば、きちんとこたえるべき | Main | 花かつおの町へ(その1) »

おべんきゃう」カテゴリの記事

Comments

マック行く気しませんね10代の頃はよく行きましたが…吉○屋なんかの方がまたいいような。
肝炎ですが製薬外が$$なんでは?禁煙しても傷ついた肺の細胞や機能は回復しない→でも喫煙を続けるのも…肺の疾患て苦しいそうですから。
政府自体が年金資金を株に注ぎ込んで株価○作してますから…
ロ○アも返還する気ゼロでしょ もっと子供や未来に投資したらいいんじゃないですか?
税金↑物価↑でも無駄遣い辞めないと…復興特別増税なんて無関係な所へ駄々漏れ
某地方の議会の方々が随分辞めて 飲みに行くのが好きでってもう少しまともな言い訳考えろっ!もうちょっと皆様きちんとしてくれないんでしょうか。 風邪やインフルエンザが流行っているようですのでくれぐれも気を付けて下さいね

Posted by: ゆきんぼ | 16. 11. 23 at 오후 10:32

---ゆきんぽさん
 今の厚労相がこともあろうに謙介の仕事場の街が選挙区なのですが、、。あの人、地元では本当に人気がありません。でも組織票とかが結構あって、それでいつも当選しているのです。あの人は大体が日銀に勤めていたのですが、そのせいでご自分は経済に一家言あるみたいで、年金運用の資金について、株式投資の割合を増やせ増やせ、という主張をしています。 しかし、なんだってあんなばくちみたいなものにこちらの大事な年金を運用させるんだ、と思うですがね。ゆきんぽさんのおっしゃるように年金運用していますから、株価は右肩上がりでなくてはならず、みんなそれを知っているから官制相場なんて言ってますよね。 でもいつかは株だって
急落することだってあります。 その時は
厚労相は退職していて知りまへんがな、とか言うのでしょうかね。いつも馬鹿を見るのは庶民ですよね。

Posted by: 謙介 | 16. 11. 23 at 오후 10:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/64520923

Listed below are links to weblogs that reference 会話の実験:

« 訊いたのであれば、きちんとこたえるべき | Main | 花かつおの町へ(その1) »