« 会話の実験 | Main | 花かつおの町へ(その2) »

16. 11. 23

花かつおの町へ(その1)

今日伊予市というところに行きました。

伊予市、と言ったところで、これをお読みのみなさんは
はぁそうですか、という程度で、全然ピンとこないだろうと
思うんですよね。

伊予市の産業で一番大きなものは、花かつおですかね。
実はこの町で日本の花かつおの6割を
生産しているのです。

ここには、「名関(みょうぜき)」と、「城戸」という
2軒の花かつお屋があります。

ここで作られた花かつおですが、
どちらも全国、というのか、最近は世界的な
和食ブームとかで、全世界規模で輸出している、
という話です。

おそらくこれをお読みのみなさんも、
この2軒の花かつお屋の
品物を、スーパーで見たことが
あるんじゃないか、と思うのですよ。

きどさんのところの花かつお屋は、
名前が、きどですから、
「やまき」という屋号です。

「やまきのかつおパック」とか、
「やまきのめんつゆ」とか、って見たことないですか?

それを作っているのが、
このきどさんの花かつお屋です。

やまきは長いこと成田屋のぼんが、コマーシャルを担当
していました。

うちにもその成田屋のぼんのポスターがあります。
風呂の戸に貼ってあったりします。
どうしてこのポスターがうちに来たかといいますと、
Img_1288

うちの仕事場、城戸さんの花かつお屋と
前にいろいろと人材の関係で行き来があったのです。

それである時に、城戸さんの会社がこのポスターを
くれたわけです。 まぁ、宣伝ですからね。

ただ、うちの仕事場にはちょっと貼るようなものではなかったので
仕事場の人間の誰かにお下げ渡し、ということになりました。

うちの姉じゃ人にその件を話したら、
ほしいほしいほしい、ということになって
それでもらってきた、ということです。

もうずいぶん前のポスターです。
だいぶん退色がすすんできていますし、、

何せまだ、名前がこれですし。(笑)

Img_1289


成田屋のぼん、暴力沙汰があったので、
きどさんちのコマーシャルを降りることになってしまいました。

ここ最近は、もう1軒の
みょうぜきの花かつお屋のコマーシャルのほうが
目だっているように思います。 

あ、みょうぜきの花かつお屋は、
初代の社長の名前が「友市」と言ったので、そこから1字取って
「まるとも」という屋号で花かつおを売っています。


最近では、
NHKの朝ドラで有名になった
ディーンなんたらさんを使ってCMをしていますもんね。

で、ちょっと長くなりますが、その時のことを書いていきたいと
思います。


|

« 会話の実験 | Main | 花かつおの町へ(その2) »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

wa,わ、懐かしいポスター。
成田屋さんお若いですね。
ういういしい。ほんと歌舞伎役者として生まれた方ですね、美しい。
今は、ご家族ができて、もろもろ大変でしょうが、私たちに美しい舞台や夢をこれからも魅せてほしいですね。

Posted by: holly | 16. 11. 27 at 오후 12:59

---hollyさん
前にこんぴら歌舞伎大芝居の時に、もう海老蔵さんになっていましたけれども、「暫」をしました。さすが成田屋さんの「睨み」は違いました。眼力が、、もうすごかった。 ぞくぞくしました。 團十郎丈が生きていたら、もうちょっと歌舞伎の舞台に多く出られたはずなのですが、お父さんが亡くなったために、歌舞伎の舞台に立つ数が減ったように思います。公私ともに今、大変な時期なのですが、どうかがんばって欲しいと思います。

Posted by: 謙介 | 16. 11. 27 at 오후 10:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/64511518

Listed below are links to weblogs that reference 花かつおの町へ(その1):

« 会話の実験 | Main | 花かつおの町へ(その2) »