« きつうきつう かんにんどっせ もしくは 末成由美 ツアー(その9) | Main | リスクは常にある »

16. 11. 09

タシ ハンボン チンシムロ は、いけない

博多駅前の道路陥没事故、
とてつもない穴がボコッと開きましたね。

あそこ行ったことがあります。
というのが、
Wst1611080033p5

上の写真の左に某地方銀行の看板が
写っていますが、
そこ、謙介の使っている銀行なので。

福岡に行った時に、通帳の切り替えで
ここに行きました。
支店そのものは1階になくて、
2階だったと思います。階段で上がった
記憶があります。

昨日から、この福岡支店は営業できない状態だそうで、
(そりゃそうだ)同じ銀行の北九州支店か
(遠いじゃないか)ATMは同じ四国の
114銀〇を使ってくれ、とサイトにお知らせが
ありました。四国の地方銀行4行間は
平日のATM利用は手数料がかからないのです。


    ×       ×       ×


青瓦台のアジュマ(おばさん)の一件、
どんどん問題がエスカレートしてきて
一体どうなるのだろうか、と思いながら
見ています。

知り合いの韓国人に、アジュマの一件
「おっとっけ せんがかむにだ? 」(どう思うの? )
と聞いてみましたが、「公私混同は許せない」と
いうような声でした。支持率が5パーセント、
と言いましたら「なぜ、まだ支持率が5パーセントも
あるのか!!!」と怒っていました。

今回のクネアジュマの一件、謙介的には
もうそのシーンが目に浮かぶような話です。


くんへ:オンニ、ちょっとこの書類見てくれない?

すんしる:あら、いけないわ、これ「ぴみる」の書類でしょ?
      わたしなんかが、こんな書類を見てはいけないのよ。

くんへ:そんな重く感じないで。
     ちょっと見てもらって、オンニの感想というのか
     意見を聞かせてもらったらそれでいいのよ。

すんしる:だめよ。わたしなんかが、こんなの見たら。

くんへ:お願いよ。ぜひぜひおんにの感想が聞きたいの。
     ね、ね、 いいでしょ?


とかいうような始まりだったんじゃないですかね。
そのうち「ぴみる」(秘密)の書類をあれやこれや見せられているうちに、、
それがいつしか常態化していって、見させる方も、見る方も
それを「いさん」(異常)なこととも思わない、思えない、という
ことになっていったんじゃないですかねぇ。
で、今度はすんしるアジュマのほうが、次第に味を覚えて行って
何でもかんでも口出しするようになっていった、とか。


韓国の人と話していて思うことは、
大統領の地位というのが、われわれが思っている大統領の
イメージとは、ちょっと違うようにも思うのです。

韓国の人に言わせると、大統領というのは、
確かに政府の代表ではあるのだけど、
政府の一つ上の立場にあって、
「こうしろ、ああしろ」と指導をする立場なのだ、
ということなのだそうです。

日本だって首相が実務の細かいところまで
承知はしていないとは思いますが、
それでも答申が上がってきたのであれば、
目を通したりすることはあるでしょう。

それが韓国の場合は、そうした答申ですら
大統領の耳に入ってくる、ということは
あまりないんだとか。

制度上、閣僚から、いろいろな意見が
具申されることはありますが、
閣僚の具申だって、各部に適宜上がってきて、
会議で共有される、ということも
ないようなことを聞きました。

他国ですと、そうした問題は当然閣僚間で話し合いがあって
そうした話し合いの中で方向性が出ることも
少なからずあると思いますが、
韓国の場合は、システムこそ近現代の国家ですが
その国家の政治形態の実質は、国王がおさめていた
李朝時代とあまり変わらなないんじゃないか、と思います。

国王という地位が名称だけ変わって
大統領になっただけじゃん、とか
思ってしまうんですよね。

そうした韓国の大統領の地位の特殊性、
加えて以前からくんへアジュマは「不通」大統領
とか言われいて、ただでさえ情報が上がってきにくい
ところにさらに輪をかけて閣僚とのコミュニケーションが
できていなかったよう、ですし、、、


そんなこんなことが絡み合わさって
今回のような事件を招いた、ということ
なんじゃないかなぁ、と思うのです。

先週末だったかあった、今回のくんへアジュマの会見も見ました。
「タシハンボン チンシムロ、、」(もう一度心から)
謝罪する、と言っていました。

それを見て、やり方があまりに
まずいなぁ、と、謙介感想を持ちました。

「心からの謝罪」というのであれば、
ましてや、トップの人間であれば、謝罪は
何度もしてはいけないのです。

約束を破ったとして謙介が「ごめんごめん」と
何度も謝るようなことと、大統領の言葉では
その言葉の重みが全く違います。

だったら、「ごめん」の安売りみたいに、
国家元首が何度も謝罪することは、
言った言葉が安っぽくなってしまいます。
信用も無くします。(というか、すでに十分になくしていると思いますが)

何度も繰り返して同じように言っていると、聞かされるほうは
「ああまた言ってる」くらいにしか思わなくなります。

そして、「ああまた」と思われることで、
大統領の言葉の内容が軽く見られるようになって
しまうと思います。

ましてや、くんへアジュマ、「セオウルホ」の時も
謝っています。 韓国民にしてみれば
「何か事件があったら、謝るだけしかしない大統領」
というイメージしか持ってないのでは? と思うのです。

率直な物言いも結構ですが、大統領の発言なんですから
もっと重く、意味のあるものでなくては。

こんなふうな謝罪が重ねられるたびに
ことばの意味はどんどん軽くなるし、
国民が誰も彼女の言葉に対して
耳を傾けなくなる
ようになるのだと思います。

まぁねぇ、でも、この問題も一時のことかもしれません。
日本では「人のうわさも七十五日」と言われますけど、、
韓国ですからね。

|

« きつうきつう かんにんどっせ もしくは 末成由美 ツアー(その9) | Main | リスクは常にある »

はんとうもんだい」カテゴリの記事

Comments

最近あの近辺に出かける機会があったものですから、道路陥没事故のニュースはビックリしてしまいました。
鹿児○銀行福岡支店も大変だったようですね。

Posted by: かわちゃん | 16. 11. 10 at 오전 12:50

---かわちゃんさん
 博多駅から真西に行く通りですよね。もうちょっと西に行ったらキャナルシティとかあって、、伊予銀○の福岡支店は114銀○の福岡支店に臨時窓口を作って、そこで対応しているんだとか。こういうのの、補償って、福岡市がすrんでしょうけど、一体どれくらいになるんでしょうか。そっちのこともふと考えたりしました。

Posted by: 謙介 | 16. 11. 10 at 오후 11:06

 若い世代の間では,遂に支持率が0%になってしまったとか・・・支持基盤の慶尚北道でもガタ落ちで,これからどうするんでしょうかねえ???

 こうやって,毎回毎回毎回毎回,でとんりゃんにむ周辺で腐敗が起こってしまうというのは・・・学習能力がないというべきのか,伝統に忠実だというべきなのか(苦笑)

Posted by: Ikuno Hiroshi | 16. 11. 12 at 오전 1:15

---Ikuno Hiroshiさん
 再発を防ぎたい、とは思っているのでしょうが、すぐに忘れてしまってせっせっせーと言って「新体制」に飛びつくお国柄ですから、、(やはり学習能力がないのか。)今のところ、野党も大統領を引きずり下ろしたい、とは思っているみたいですが、じゃあ、具体的かつ効果的な刷新案を持っているともおもえず、(どこかの国も一緒)ワーワー言ってるだけ、という気がします。 走り出してから考える→拙速案しか思い浮かばない→また不正が起こる、、、もうこのエンドレスで、、、、なんだかそんな気がします。

Posted by: 謙介 | 16. 11. 12 at 오전 9:43

博多駅前の道路陥没事故びっくりですね。隣接してるビルもくずれないか心配になるくらいの大きな穴ですね…。
韓国のニュースは、連日ですね、韓国の方の性格とか国民性とか、いろいろですね。

トランプ氏も…これから日本の政治もなんだかむずかしくなってくるのかな…北朝鮮も…中国も、ちょとこわいし…。しばらく様子見ですね…。。。

Posted by: holly | 16. 11. 12 at 오후 3:06

---hollyさん
 韓国、いつものことだなぁ、と思いながら見てはいるんですけどね。(笑) 反対反対、と言い募りはするんですけど、じゃあ、そのあとどうするの? と言われたら、みんな意見が違っていて、統一した見解なんてないんですよ。くねアジュマがダメなんだったら、その次どうするのか、ということを考えないで、とにかくくねアジュマはダメ、というだけでは、、、ちょっとなぁ、と思います。今まで世界はグローバル化を進めてきたわけですけれども、グローバル化を進めた結果、移民は増えるわ、仕事は奪われるわ、ろくなことがなかった、と、思っている人が多い、ということなんでしょうか。アメリカの大統領選挙でも、果たして怒っている地方の人の投票動向をどの程度捉えていたのか、と思います。アメリカはニューヨークやワシントンだけでないのですから。

Posted by: 謙介 | 16. 11. 12 at 오후 8:38

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/64448360

Listed below are links to weblogs that reference タシ ハンボン チンシムロ は、いけない:

« きつうきつう かんにんどっせ もしくは 末成由美 ツアー(その9) | Main | リスクは常にある »