« 事故調査結果 | Main | 干物筆箱 »

16. 11. 30

花かつおの街へ(その5)

もうじきクリスマス、だからでしょうか。

謙介の仕事場の街で出版されているタウン誌を見たら、
いろいろなお店の自慢のケーキの写真が出ています。

よくどこそこのお店のケーキはおいしいとか
○○というお店のケーキは、、
という話を聞いたりすることがあります。

ただね、お店のショーケースに並んだケーキ、
その店のパティシエが全部は作っていないことが
よくあります。

全品ケーキを作るのは、時間と手間がかかるので、
お店のケースに並んでいるいくつかのケーキは
タカラブ○だったり、コトブ○と言った
大きな製菓メーカーで作ってもらったケーキを
仕入れてきて、置いてあったりします。

そういうの、OEM生産、って言うんですけどね。

買ったのは、雑誌でみたことのあるような
有名なパティシエの店だったんだけど、
実際は、大量生産の違うメーカーで作ってて、
それを仕入れたケーキを食べていたりする、
ということもよくあるんですよね。

まぁねぇ、前にも何度かお話しましたが
今や、都会の有名なホテルのお料理でも
電子レンジでチンしたものが、出て来る時代ですし。


前回、お話に出てきたマルト○なんかは、
そういうふうなことで、いろいろな食品加工に
進出しているのだそうです。

特に味付けもずくのシェアは日本全国の3割だそうです。

飲み屋さんとか行って、もずくを頼んで、
知らない間にマルト○のもずくを食べていた、
なんてことが実際にある、ということですね。

そんなことを思いながら、街を歩いているうちに
お昼前になりました。

この伊予市には、みか○というお店があって、
そこに前々から行きたかったので、
お昼はこの店に行くことにしました。

看板には「中華そば」と書いてあるんですけど、、。

ここのメニューって、実は二つしかありません。
「そば」か「やきそば」です。
後はサイドメニューでいなりずし、とおでんがあるだけです。

来た人は、お店の人に「そば」ないしは「やきそば」と
告げると発注完了です。

それと、カウンター席が5席あるのですが
それ以外はテーブル席か、座敷なんですが、、
お昼時はものすごい人で、謙介みたいにおひとりさまで
テーブル席しか空いてなかったら、普通は相席になります。


行った日は、たまたまカウンター席が空いたところだったので、
運よくそこに座ることができました。

そばと言ってもお店の看板のように「中華そば」ということには
なっているのですが、、中華そば、といっても、いわゆる
チャーシューやネギやメンマやもやしが載った、
ラーメンのようなものではありません。

鶏のもつと野菜が大量に入った
ちゃんぽんのようなものです。

焼きそばというのは、麺を茹でてフライパンで
軽く蒸し焼きにして焦げ目のついたそばの上に
中華そばの具をあんかけ状態にしたものを
かけたものです。
Mikasa_yaki

どちらも鶏のもつが大量に入っている
独特な味なので、もつのにおいとか食味が
好きでない人はちょっと無理、、というところがあるかも
しれません。

でも好きな人にはたまらないという味なんでしょうし、
(だからお昼には大抵行列ができている)
こういう中華そばって、他店にはない中華そばなので
いつもお客さんでにぎわっています。

現に謙介の行った日は23日の休日の
午前11時半くらいだったのに、すでに駐車場は一杯で
お店に行列ができていましたから。


ここのお店は、家族が中心でやっています。
何せオープンキッチンというのか、カウンターから
調理場が丸見えなので、謙介はどのようにして自分の注文が
通ったか、今、何番目の注文をさばいているのか、
どうやって作られているのか、
というのも全部見えました。

OEM生産ではない(笑)のが、よーく分かりました。

見ていると、おばあさんが麺を茹でる係り、
旦那さんが中華そばの具、焼きそばの具を
作る係り、 おじいさんがスープを作る係り、
息子さんが食器を洗ったり、出来上がった
中華そばを盛り付ける係り
お母さんが注文と配膳係り、というふうになって
いるようです。

麺をゆでるのは一度に5、6人分できはするのですが、
そばの汁というのが具を煮るのが、1度に4人分くらい
でやっていますから、4杯ずつできていくようでした。

10分ほどで、どうぞ、と持ってきてくれました。
これがみか○の中華そばです。
Mikasa2_2

スープの味は塩分きつめです。
その上に胡椒も大量に入っているみたいで
後から別の辛さがやってきます。
そしてこれが普通(大盛りもある)ですけど、
普通もすでに量が結構ありました。

横の席のおじいさん黙々と、というのか
一心不乱にこの中華そばを片付けていっていました。
すっかり全部食べた後で、「ぷはー」とか言っていました。
でも、ほんとにそう言いたくなるような中華そばなのです。

全部食べ後は、汗がどんどん出てきて、、
とても熱く暑くなりました。
この日、急激に気温が下がって、(と言っても、16度くらいは
あったんですけど)肌寒かったんですが、もう一気にぽかぽかで
熱くて、、店を出るときに上着を1枚、脱いでしまったくらいでした。

でも、食べたらスタミナがつきそうな中華そばで、、。
(スタミナをつけてどうする)
おいしくいただいて店をあとにしたのでした。

伊予市、って、あまりに近すぎて行ったことがなかったんですが、
たまにはこうして街を歩いてみるのもいいなぁ、と
感じながら家に帰ってきたのでした。
長々と花かつおの街の話、お読みくださって
ありがとうございました。
これで今回のシリーズはおしまいです。


|

« 事故調査結果 | Main | 干物筆箱 »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/64546296

Listed below are links to weblogs that reference 花かつおの街へ(その5):

« 事故調査結果 | Main | 干物筆箱 »