« きつうきつう かんにんどっせ もしくは 末成由美 ツアー(その4) | Main | 日ハ○寺 »

16. 11. 01

きつうきつう かんにんどっせ もしくは 末成由美 ツアー(その5)

翌日の朝は6時に目がさめました。
風呂に入った後、朝食をいただきにレストランに行きました。
バイキング形式だったので、あれやこれや取って、
いただいたわけですが、、。

近くのテーブルの60代のご夫婦なんて、
チキンナゲット、出汁巻、スパゲイッティと
どれもこれもお皿にてんこ盛りにしていて、、
本当にそれ食べるの? という量でした。

やっぱりバイキングになったら、異常な執念を燃やして、
もととってやらんとあかん! とでもいう感情が
ふつふつとわきあがるのでしょうか??

日ごろそう食べない、という人まで
朝からむちゃくちゃ食べる、という人を
知っていますが、、。

こちらは、食べ終えたので、
食べ終えたので退席しましたが、、。
朝からすごい人がいました。

8時40分に旅館を出ました。
まずは、千本釈迦堂に行きました。
北山通をまっすぐ西に、端まで行きます。
そこから左折して千本通りを下がって
千本今出川まで。ここで右折して、少し行けば
上七軒の交差点です。 ここを北西に曲がって
行けば、着きます。
Shakado

北野天満宮から、東へちょっと行った場所にある
お寺なのですが、、ここは観光客はあまり来ません。


春に来た時は、桜がちらほら咲いていたのですが、
今回は紅葉です。
境内の紅葉はもう始まっていましたよ。
Shakado2_2


おまいりを済ませて、今出川通りに出て左折して
東にむかいます。 堀川通を通って、烏丸を抜けたときに
交通規制の標識がありました。
「本日時代祭のため、烏丸丸太町から丸太町河原町
御池通は交通規制があります」という看板が出ていました。

ああそうか、今日は時代祭だった、と
その時になって思い出す自分。

大学の時に8月になると、時代祭のアルバイトの
掲示が出ていたっけ、と記憶がよみがえってきました。
時代祭は各時代の装束をまとった人が行列をして
京の街を歩く祭りです。

身分の高い人は、ともかく、
従者とか、徒童というような身分の低い人は
大抵大学生のバイトです。
1日だけのバイトなのと、拘束が終日なので
結構いいバイトだったように思います。
それに、変わった格好(笑)だってできるし。

今出川通を出町まで来てここを左折です。
その時、あ! と驚くことがありました。

ごひいきだった古書店の善書堂が
無くなっていたのです。
ここで、結構いろいろな本を買いました。
古事類苑全55冊とか、三省堂の時代別国語辞典の
上代編とか。その他上代文学の本を何十冊と買いました。

前にこの店にお邪魔したのが3年くらい前だったかと
思います。 その時、店頭にいつものご主人ではなくて
奥さんが座っていました。
「ご主人は、お元気ですか? 」とお伺いしたら
「亡くなりました」ということでした。

その時に先代から引き継いで、お店をやっていた
ご主人の竹山○さんが、亡くなったことを
知ったのでした。 こんなことを言うのもどうかと
思ったのですが、、奥さんからは、「私は店のことは
さっぱりわからない」という雰囲気が漂っていました。

ここは文学書・歴史書の多い古書店だったのですが
そういうものには全く興味が無さそうな感じが
したのでした。 その時に、ひょっとしたら
早晩このお店はやめるかもしれんなぁ、という
ようなことを思ったのでしたが、、。

今回そこを通ると、古書店とは全く関係のない
マッサージのお店になっていました。
またひとつ、自分にとっての懐かしい場所が
消えてしまったみたいで、、さみしかったです。

車は河原町通りを北に上がって、下鴨神社に
到着です。

Shimokamo1

下鴨神社だけ、一足先に秋の京都の非公開文化財の特別公開が
はじまっていました。去年はこの時期に来て、冷泉家を見学したのでした。
境内は修学旅行シーズンではありましたが、
まだ9時過ぎだったので、人もあまりおらず、
静かで落ち着いた感じでした。 
ゆっくりとおまいりをすることができました。
Shimokamo2
この時期の京都は、行く場所と、時間を考えて
まわらないと、いけません。
ここが本殿の東側、みたらし川にかかる橋です。
Shimokamo3
一般に知られていないのですが、尾形光琳の
紅梅白梅図屏風は、ここを見て描かれたものだとか。
でもまぁ上の写真から↓の絵はなかなか
想像できませんけれども。(笑)
Kourin3_2


長くなりましたので、今日はここまでといたします。


|

« きつうきつう かんにんどっせ もしくは 末成由美 ツアー(その4) | Main | 日ハ○寺 »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

古書も未装丁でも物によってはお高いみたいですよね スマホetcで本の売上が落ちてるとか…
最近野菜が高いので干し野菜に挑戦しています。取り敢えず借りたんですが購入するのはいいけれど場所がね 必要部分だけレシピカードに移しますかね 。
東京○輪本当にやるのか? 東日本、九州、鳥取ですし。 非国民といわれますかね? 渋谷もビルが増えるそうですがインタビューされた方がこれくらいで…人口も減ってるのにどうするんですかね?メンテナンスが必要では?
坂東○善って襲名×3 大安売りですね、襲名すればチケットが売れる、客が来ると?歌舞伎座売れてないような? 御子息やお孫さんはお目出度いですが、歌舞伎や役者の未来じゃなく目先の$$$
幸○郎、芝○さんは義太夫が身に付いてないのに丸本やるから…なんてご意見がありますが
私が幸○郎丈に感じた違和感の原因かしら?決して下手だとは思いませんが。
いっそ文楽みたく国立になった方がお稽古出来るし、チケット良心的になってもっとまともな舞台が観れそう

Posted by: ゆきんぼ | 16. 11. 01 at 오후 8:59

---ゆきんぽさん
文楽の場合、嶋大夫さんがおっしゃっていましたが、要するに松○が、「文楽はゼニにならへんわ」と踏んで手放したから、ああいうスタイルになったので、、歌舞伎は松○にとっては金づるですから、まず文楽のようなことはしないと思われます。本当にまた襲名するのね、という感じで、もう月替わり襲名です。 襲名となったら、ごひいき筋からのお金とか、いろいろと動きますから、「経済効果」もばっちり、ということなんでしょう。でももう柳の下の何とかで始めた襲名披露、一体何匹目なんでしょうかね。 いい加減客のほうが、飽き飽きしているでしょう。でも全然懲りずにやってます。 何とかの一つ覚え、というのはこういうことをさして言うのでしょう。やれやれですね。

Posted by: 謙介 | 16. 11. 02 at 오후 8:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/64412228

Listed below are links to weblogs that reference きつうきつう かんにんどっせ もしくは 末成由美 ツアー(その5):

« きつうきつう かんにんどっせ もしくは 末成由美 ツアー(その4) | Main | 日ハ○寺 »