« きつうきつう かんにんどっせ もしくは 末成由美 ツアー(その3) | Main | きつうきつう かんにんどっせ もしくは 末成由美 ツアー(その5) »

16. 10. 31

きつうきつう かんにんどっせ もしくは 末成由美 ツアー(その4)

マキノから大津へ、道は一本ですし、来た時のように
迷うこともなく走っていったのですが。

ひとつ、驚いたことがありました。
対向車線(今津にむかうほう)を走ってくる車に
やたら自衛隊の車両が多く走っていたことです。

10台とか20台なんていうようなものではありませんでした。
向こう側の車線を、通過する車の3台に1台が
自衛隊の車両(トラック)でした。
数にして、60台以上の自衛隊の車とすれ違ったと思います。

そして、このマキノから大津にむかう途中で、
鳥取で大きな地震があったのでした。

運転中、ラジオでもつけていたら、情報が
入っていたと思うのですが、、
ラジオもつけずに、竹生島や琵琶湖や、と言っていたので、、。
結局、鳥取の地震のニュースを知ったのは、
旅館についてから、ということになりました。

帰りは、大津で湖西道路を降りました。
皇子が丘の陸上競技場の横を通って、右折して三井寺の
前に出ました。ここを左折して狭い街中を通って
浜大津の駅前に出ました。

前回大津に来た時に食べた
三井寺の力餅屋さんに寄りました。
Chikaramochi1


前回、ここでお餅をいただいて
おいしかったので、今度もしこちらのほうに
来ることがあった時は、絶対連れてこようと
思っていたのです。
Chikaramochi2


ここで一息つくことができました。

大津まで戻ってきたら、京都まではすぐ、です。

車を駐車場から出して、また走り出します。
琵琶湖ボート、競艇場の横を通って、
近江神宮のほうに出ました。

大津は天智天皇の時代に
近江京があったところです。
(5年間ですけど)

そのことを記念して1941年に
ここに近江神宮が建てられました。


この近江京で、天智天皇が漏刻(水時計)を
造られたので、そのモニュメントもありました。
今回は車中からおまいり、ということで、
(あめみことひらかすわけのみことさん(天智天皇の諡)
 

この近江神宮の横から、京都に抜ける道が
ありまして、今回はこちらを通ることにしていました。

というのが、いつものように大津から山科を抜けて
蹴上から岡崎に、というコースですと、
山科の辺で渋滞があって、時間がかかるだろうと
思ったからなのでした。

近江神宮の横から、比叡山を通って、
京都の北白川に抜ける道があります。
この道を「途中越」と言います。

この比叡山に、比叡平という住宅地があって
そこに大学の時の先生が住んでいたのですが、、。
この「途中越」冬が問題でして、、
しょっちゅう道が凍結するのです。

暮れの時期にコンパなんかして
いたら、先生、早々に「ごめんな。はよ帰らへんと
道が凍結していねへんようになるねん」と
おっしゃって、いつも早々に帰られていました。

まぁ今回は10月でしたし、道の凍結もなかったです。

こちらの道は京都に行くのに最短のコースなんです。
大津から20分ほどで、
京都の北白川に降りてきたのでした。

(途中北白川ラヂウム温泉の前を通ったのです。
寄りたかったんですけど、、旅館に入って、その後
親戚の人と一緒に食事をする約束だったので
先を急ぎました。 また今度)


旅館は北白川からそう遠くない高野(たかの)
でしたので、降りてくると白川通りです。ここを右折して
北に上がり、北山通りを左折します。

浜大津からトータルで40分ほどで
京都の高野の旅館に入ったのでした。


(きょう聴いた音楽 恋のバカンス ザ・ピーナッツ
 1975年 引退コンサートの録音から)

|

« きつうきつう かんにんどっせ もしくは 末成由美 ツアー(その3) | Main | きつうきつう かんにんどっせ もしくは 末成由美 ツアー(その5) »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/64410150

Listed below are links to weblogs that reference きつうきつう かんにんどっせ もしくは 末成由美 ツアー(その4):

« きつうきつう かんにんどっせ もしくは 末成由美 ツアー(その3) | Main | きつうきつう かんにんどっせ もしくは 末成由美 ツアー(その5) »