« なにもこの暑いときにわざわざ暑いところに行かなくたっていいだろうによ、ツアー(その5) | Main | なにもこの暑いときにわざわざ暑いところに行かなくたっていいだろうによ、ツアー(その7・了) »

16. 08. 07

なにもこの暑いときにわざわざ暑いところに行かなくたっていいだろうによ、ツアー(その6)

石山寺の境内に入ります。
前にも書きましたが、33年に一度のご本尊の開帳という
盛儀ですからね、境内もこんな感じです。

Hatahata

でもやはりこんな酷暑の夏の日盛りに来る人は、、
おまいりの方も少なめでした。

受付で拝観券を買って、中に入ります。
いきなりの石段ですが、、、
暑さに堪えつつえっちらおっちら上ります。

上がると正面にお寺の由来になった
石の露頭、その上に多宝塔、
左に蓮如堂、その奥に本堂があります。


石山寺は真言宗のお寺なので、
空海の像を安置するお堂があるのは
良くわかります。 蓮如さんは、浄土真宗なのですが、
近江と蓮如さんの結びつきは非常に強いですから
(蓮如さんの有力な支援者が、この近江の人たち
でしたから)宗派を超越して、ここに蓮如堂が
あるのかなぁ、と思いました。

その蓮如堂におまいりしてから、本堂にむかいます。

この石山寺は、最近では西国巡礼の時に来たのですが、
あの時はお寺が閉まる15分前だったので、
正直おまいりもろくにできていませんでした。
今回は時間も十分にありますので、今回は
ゆっくりおまいりをしようと思いました。


拝観券を切ってもらって、靴を脱いで内陣に入ります。
如意輪観音さまの前に坐って御姿を拝見し、おまいりしました。
観音さまの指に紐がかかっていて、それを
こちらがわで握ると、結縁をいただいた、
ということになるのでしょう。


もともとの観音さまの像は塑像だったということです。
その後石山寺が火災で焼け落ちた時に像も一緒に
焼けてしまいました。

今の像は平安時代に作られた木の像ということです。
ただ、初めの塑像のいくつかの破片が
残っていました。

しばらく坐って十二分にお姿を拝見して、席を
立ちました。 振り返ると、お供えの台に、
サッカーボールがアクリルの透明な箱に入って
供えられているのが目に入りました。
良く見るとサッカーボールに油性のマジックペンで
何かしらの文字も書かれています。

はて???

思わず、戻って受付の人に、
「あのサッカーボール、有名なクラブチームの
祈願なんですか? 」と聞いてみましたら、、
「あれは地元のスポーツ少年団の祈願です」
ということでした。

こういうご祈願がよくあるのだそうで、、。
今の時代ならでは、のご祈願だなぁ、と思いました。


元に戻って観音さまの前を通って、
裏にまわります。

裏には、観音さまの胎内仏や、最初の塑像の
破片などが展示してありました。 
その像も良く拝見させていただき、
「次の33年後はもう無理だろうな」と思いながら
外に出ました。

Ishiyama4

もう一か所、多宝塔の横を通って、
お寺の一番上にある、資料館のほうに
行きました。 ここでは、お寺に伝わるさまざまな
古文書を拝見することができました。

ここを降りていくと、お寺の展望台がありました。
木々の間から、瀬田の唐橋方面が少し見えます。
Ishiyama5
しかし、それにしてもいやはや暑かった。
写真は緑が涼しそうではありますが、
実際なんてもう、、頭がボーっとしてしまうような
暑さでした。(笑)

さらに降りて、石の露頭の後ろ側に出てきました。
本堂の方向を見たところです。
Ishiyama3

この石があるために、「石山寺」という名前になった、という
ことがよく分かります。

ここから階段をまたゆっくりと降りて、、、
上り専用の階段はまっすぐなのですが、
下り用の階段は、こんなふうにジグザグに
降りて行きます。
Ishiyama6


山門のところに戻り、バス停に行きますと
ほどなくして京阪石山行のバスが来ました。
今度は来た時の逆コースで戻っていくことにしました。


きょうはここまでといたします。
(今日聴いた音楽 カンナ8号線 
 松任谷由実 大学の時に、泳ぎに行く、
 といえば、西京極のプールか、
 琵琶湖でした。4回生の夏に友達と琵琶湖に
 行った時、車の中で聴いたのがこの曲でした。
 ユーミンのイメージとしては、海だろう、と
 思うんですが、謙介は琵琶湖で刷り込みが
 なされてしまいました。)

|

« なにもこの暑いときにわざわざ暑いところに行かなくたっていいだろうによ、ツアー(その5) | Main | なにもこの暑いときにわざわざ暑いところに行かなくたっていいだろうによ、ツアー(その7・了) »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

暑い中、よう御参りでした。
石山寺のご開帳は三十三年に一度が定例で、天皇即位時に特例なのだそうです。
ですが、2009年に三十三箇所観音霊場ゆかりの花山天皇一千年御遠忌で特別開帳がありましたし、なんだかんだ理由をつけて、次の三十三年を待たずにご開帳があると思いますよ。
私も先月参拝しましたが、御朱印が通常通りなのが残念でした。ご開帳期間だけ「御開帳奉拝」の印が入るなどすれば良い記念になるのになあ。

Posted by: mishima | 16. 08. 08 at 오후 12:08

---mishimaさん
 御朱印、通常と同じだったのですか。 四国八八箇所は去年が御開創1200年だったので、特別に、ご開創1200周年のハンコが増えていました。何かそういうプラスアルファがあったら、良かったのに、と謙介も思います。しかし暑かったです。瀬田の唐橋の辺で、水に飛び込んだら、涼しいやろなぁ、とか、思いました。(笑)ご参詣の方も少なくて落ち着いて参詣・拝観できた、ということはあるのですが、あまりに暑くて、よく覚えていないところもありまして、、、。
 前は夏休みにうろうろするの、そう苦ではなかったのですが、、 そういえば昔、夏休みに父が車に乗せてくれて、この近くの南郷水産センターまで来たことを思い出しました。

Posted by: 謙介 | 16. 08. 08 at 오후 7:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/64011152

Listed below are links to weblogs that reference なにもこの暑いときにわざわざ暑いところに行かなくたっていいだろうによ、ツアー(その6):

« なにもこの暑いときにわざわざ暑いところに行かなくたっていいだろうによ、ツアー(その5) | Main | なにもこの暑いときにわざわざ暑いところに行かなくたっていいだろうによ、ツアー(その7・了) »