« なにもこの暑いときにわざわざ暑いところに行かなくたっていいだろうによ、ツアー(その6) | Main | 読書感想文はどうして図書館に行って司書に相談しないのだろうか? »

16. 08. 08

なにもこの暑いときにわざわざ暑いところに行かなくたっていいだろうによ、ツアー(その7・了)

Keihanishiyama
さて、京阪の石山まで戻ってきました。
ここから今度は浜大津まで出ます。

Hamaootsu
ただ、ここで、乗り換えてすぐに京都まで行くことはせずに、
浜大津でちょっと途中下車しました。

「浜大津」というくらいですから、駅のすぐ向こうには
琵琶湖が広がっています。駅から伸びたコリドー(回廊)
の先はこんな風景でした。

小さい時、ここから何度か琵琶湖の遊覧船に乗ったのを
懐かしく思い出しました。
Biwako1

遠くには、↓昔の琵琶湖ホテルの建物も見えました。
今のなんだか近未来チックな建物より
こっちの建物のほうが愛着があります。
(今の建物もそれはそれでかっこいいのですが)
Biwako2

駅前はこんな感じです。
ここは3方向(石山寺・坂本・京都)に電車が発着しています。
今、左右に見えているのは石山坂本線の電車です。
Hamaootsu2
京阪電車も、この京津線とか石山坂本線は赤字だそうです。

前にも書きましたが、以前は大津から京阪三条経由で
大阪に行っていた人もそれなりにいたと思うのですが、
最近では、山科で降りて、JRの新快速に乗り換えて
大阪に行く人が増えましたし、、。

大津港の近くのイベント広場では、夏祭りや野外コンサートを
にぎにぎしく開催していました。
謙介、もうひなたで音楽を聞く元気はありませんでした。


さんざん歩き回ったので、ちょっと休憩、ということで
三井寺の力餅のお店に入りました。

Chikaramochi1

お餅といいながら、串にささった団子みたいな形状ですが、、。
この三井寺の力餅も赤福と同じで、日持ちのしないお菓子
なんですよね。

なので、ここで食べるしかありません。
Chikaramochi2
お餅も、上からかけられたきな粉も香ばしく、よいお味でした。

しばらく大津の街を歩いたのですが、
帰りのバスの時間もあるので、この辺で電車に乗ることにしました。

今度は京都市役所前で降りました。
寺町を南に下がって、寺町から錦市場に寄ります。
寺町を歩いていたら、前に靴屋さんだったところが
一階はコンビニ、2階以上はホテルになっていて
びっくりしました。

寺町をだらだらと下がって、錦に回って
中にあるつくだ煮やさんで
家に買って帰るニシンの甘露煮を買いました。

もう5時を過ぎていたので、魚屋とか八百屋さんには
めぼしい商品は無くなっていました。

早い店は、店の掃除をしてシャッターを下ろしかけていた
ところも何軒かありました。


錦市場の西端に出ました。
Nishiki1

ああ、ここが伊藤若冲さんの生家の跡だった、のですね。
Nishiki2

若冲の伝記を読めば、錦市場のところで生まれた
とあったのですが、、 なるほど、と思いました。
この場所から南に数百メートル行くと
大○京都店があったりして、昔も今もこの辺は
にぎやかな場所です。

ここから四条通へ歩き、大○の前を南にわたって、
東急ハンズを少しのぞいてみました。

ハンズから出たら6時でした。
帰りのバスは6時50分です。

乗る前に食事をしようかとも思いましたが
三井寺の力餅のおかげであまりおなかが空いて
いません。

なので、地下鉄の四条の駅の中にある
志津○のパン屋さんに行って、サンドイッチを買って
帰りのバスの中で食べることにしました。

地下鉄で京都駅に着いて、
コインロッカーの荷物を取って、
駅のコンコースにある伊勢○の売店で飲み物を買って
(駅の中にセブンイレブ○もあるのですが
置いてある飲み物のバリエーションがイマイチなんですよね)

バス乗り場に行きました。
6時40分なので、そろそろ、と思ったら、
向こう側に黄色と水色のJR四国のバスが見えました。

バスに乗って、いよいよバスが発車となった時、
運転手さんのアナウンスがありました。

ただいま名神茨木市付近で交通事故があり、
その関係で、大山崎付近から、茨木市までの
15キロで名神高速道路が渋滞をしています。
なお、この区間を通過するのに2時間ほど
かかると最新の道路情報で出ています、、

通常通りですと、実家近くのバス停に着くのが
夜の10時ちょっと過ぎだったのですが、
2時間余分にかかるとなると、今日中に帰れないかも、、
と思いました。

バスはそれでも定刻に発車し、何の渋滞もなく
京都市内は通り過ぎ、瞬く間に名神南インターまで
来ました。
名神に乗りましたが快調に走っています。
やがて、2番目のバス停である大山崎に着きました。

大山崎を出てしばらくすると、バスが減速して、、、
どうやら渋滞に入ったようでした。

ただ渋滞とはいえ、バスはのろのろと(自転車程度の
速さ)走っています。 謙介、事故の渋滞ということでしたから
全然止まって動かないような渋滞かなぁ、と
思っていたのですが、、、
ものすごくのろのろ運転なのですが、、
それでも一応車は目的地に向かって走っているのです。

茨木を出てしばらく行くとバスは渋滞ってなんだったの?
という具合に今度は速度を上げて走り出しました。
結局、いつも途中休憩をするパーキングエリアに着いたときは
1時間遅延だったのですが、四国に入って、いくつかの停留所で
下車するお客さんがいなかったために通過して、
さらに遅れが少なくなり、最終的に実家近くのバス停に着いたのは
40分遅れの、夜、11時ごろでした。

ということで無事に戻ってきたのでした。

今回も例によって長いご報告になりましたが、
以上で今回の旅のレポートを終わりたいと思います。
最後までお読みくださって、どうもありがとうございました。

|

« なにもこの暑いときにわざわざ暑いところに行かなくたっていいだろうによ、ツアー(その6) | Main | 読書感想文はどうして図書館に行って司書に相談しないのだろうか? »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/64012175

Listed below are links to weblogs that reference なにもこの暑いときにわざわざ暑いところに行かなくたっていいだろうによ、ツアー(その7・了):

« なにもこの暑いときにわざわざ暑いところに行かなくたっていいだろうによ、ツアー(その6) | Main | 読書感想文はどうして図書館に行って司書に相談しないのだろうか? »