« 高野豆腐のてんぷら | Main | フランス人による文楽の本 »

16. 07. 01

引退したけどやる気まんまん

今日は金曜日で、本当は勤務日だったのですが
休日出勤の代休がたまっていたので、
それでお休みをもらいました。
とか言って、またあさっての日曜、
出勤なんですけどね。

朝から実家の近くの市役所の出張所に行って
ゴミステーションの増設のお願いをしてきました。

というのが、うちの実家から
一番近いゴミステーションまで
行くのに片道400メートルもあるのです。
往復だと800メートルもあります。

平日は謙介がいませんから、オヤジが車に乗って
持っているのですが、それだっていつまで
車に乗れるやら分かりません。
(というのか、もうそろそろ車はやめてほしい)
こないだだって転倒した、ということをここで
書いたくらいですし。 

土曜日は市の出張所は閉まっているので、
今日、休みを取って、出張所長さんのところに
ゴミステーションを増設してくれないか、と
お願いに行きました。

出張所長さんから
とりあえず自治会長さんに連絡してくれることに
なって、それで、話が進んでいくというようなことを
伺いました。 自治会長さんの名前を聞いたら
ご本人と面識はないのですが、そこの奥さんと
何度か会合で話す機会があって、ああ、あの人か
と思いました。直接言ってもいいなぁ、と思いました。

それから別のところにある市の包括支援センターに
オヤジの介護認定申請の書類を持って行きました。

あれこれと書類に書き込んで、
お願いします、と頼んできました。
申請書類は月曜日付で送られて
本人に話を聞いて、それから審査の判断が
来るまで1か月ほどかかる、ということです。

ですから今から申請をしても
審査の結果が降りて、それから
担当のケアマネさんを探さないといけません。

というのがオフクロの担当のケアマネさん
もう規定の人数を担当していて、
それ以上は無理かもしれません、
という話を聞いているのです。

それで介護度を市から言ってきたら、
まずケアマネさんを何とか探して、お願いをし、
そのケアマネさんと相談しながらケアプランを
立てて、それに基づいて実施、ということになります。

そういうステップを踏んでいくと、順調に行ったとしても、
介護保険のサービスを活用する、ということは
9月に入ってから、ということになりそうです。


で、こうした申請も田舎なので、ワンストップではできないのです。

市の出張所はこっち、地域担当の包括支援センターまでは
逆方向に5キロ先です。

それから銀行に寄って、ショッピングモールに寄ってと
用事を片づけようと思ったら、車に乗って移動しないと
片付きません。

今日は朝から、気合を入れて用事を片づけるぞ!
という決心で出かけたので、午後1時くらいまでには
全部片づけることができましたが、、慣れないことを
一気呵成にやったので、ちょっと疲れてしまいました。


      ×      ×      ×

話は変わって。
今度、浄瑠璃の人間国宝、豊竹嶋大夫さんの
お話の会に行くことになりました。

Bunkanomori

場所は嶋大夫さんのご実家のすぐ近くです。
(ご実家から1キロくらい南東方向に行ったところ)

で、一応ご引退後の催しなので
あくまで「講演」ということになってはいますが、
当日は浄瑠璃を語っていただける、とのことだそうです。


引退はしたけど、やる気まんまんの
嶋大夫さんです。

会場へは謙介何度も行ったことがあるので
(この建物に市立図書館の分館が併設されているので)
どういう施設なのか、ということはよく知っています。

こじんまりとした部屋でのお話なので、劇場とは違った
すぐ近くで、嶋大夫さんのお話やら芸を
お伺いすることができそうです。


郷里で行うお話の会なので、
友人知人も来られるでしょうし、
ご本人も気楽なお気持ちで
話ができるのではないか、と思います。

大阪や東京の劇場といった大きな場所での
公的なあいさつのようなこととは違った
フランクなお話が聞けるのでは、と思います。

(フランクついでにちょっと話が脱線して、引退の経緯の
内幕話を聞かせてもらえたら、、いいんですけどね。)

この嶋大夫さん、過去に一度引退したことが
あったんですよ。それで、会社経営をしていた時期が
ありました。 それで、もう一度、浄瑠璃の道に戻って
で、人間国宝にまでなったのは、本当に大したことだと
思います。

できたら、もう一回、引退撤回、とか言って、
やってくれないかなぁ、と思うのですが、、

また行ったら、ご報告したいと思います。


|

« 高野豆腐のてんぷら | Main | フランス人による文楽の本 »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

うちの父は介護サービスは利用していませんが、介護認定だけは受けています。要支援1なので受けられるサービスは限定的なんですが、「ここに高齢者がいます」と認識してもらうことや記録を残すことは大切だと思うので、申請しました。
嶋太夫師匠の講演会とは羨ましい!引退後の講演活動は地元の四国が中心のようで、なかなか聴く機会がなく残念に思っています。大阪だと聞かれたくない人がいる??また、どんな内容だったか教えて下さいね。

Posted by: mishima | 16. 07. 02 at 오후 6:12

---mishimaさん
当日は浄瑠璃も語っていただける、という
ことですが、三味線はなし、だそうで、
素語りで行うのだそうです。(笑)この辺が実に意味深だなぁ、と、思うのですが。
気楽な地元で、たぶん同級生とかご友人も
来られると思うんです。本文にも書きましたが、その気楽な雰囲気の中で、本音を
語っていただければ、とか思うのは
期待してはいけないのでしょうか。(笑)

Posted by: 謙介 | 16. 07. 03 at 오후 2:13

ケアマネさんも不足しているのが日本の介護の現状なのですね。
お父様によいケアマネさんがみつかるとよいですね…通常は、お母様と同じケアマネさんのほうがなにかといいだろうに…なんだか、不都合があるのですね…。

これからは、地域も介護や認知のかたがたに理解を深めて協力しないと、日本はもたないかもです。

そうでなくても、介護で疲れて介護殺人とか介護施設でも介護職員の不足や待遇の問題、ずさんな介護施設の経営などの問題が次から次へと浮上してますから…。
介護度2の方は、デイケアに通えない時代がすぐそこに来ているかもですかわりに少ない時間で運動するような女性専用のコンビニジムみたいなのがありますが、ああいう施設であずかるようになるって何かで読みました。

お父様によいケアマネさんがみつおかるとよいですね、今のケアマネさんが、よくないなら包括センターに言えは、変えていただけるかもですよ。
忙しくて協力できないって態度なのでしょうか?

ゴミステーションがもう少し近くなるといいですね。ゴミステーションの場所は確保できそうな町なのですか?都会だと場所の問題もでる
だろうし、
近所の人がゴミ捨てを手伝ってくれるとほんとうはいいのだろうけど、なかなか、協力してくれるご近所付き合いというのも現在の日本の社会ではままならないですし、むずかしい問題ですね。

良い方向にいきますように…。

介護大変です、僕の家も介護で大変な時がありますが、謙介さんも無理なさらないご自愛ください。
健康が大切ですから。

Posted by: holly | 16. 07. 04 at 오전 8:23

---hollyさん
 昨日、町内会長さんに聞いたら、ご近所で20軒なければ、新設ができない、と言われました。うちの近所、20軒もありません。そして、どこに作ればいいのか、場所を決めて申請しろ、ということです。うちの町内会のお世話係の人は、去年、町内にかわってきたばかりの人で、そういうことはあまり知らない人です。 おまけにうちの家の前の人は、うちの家に対して一時ストーカーのようなことをしていて、警察に入ってもらったような人で、、、軒数も全然足りないし、町内のコンセンサス、と言ってもなぁ、と思います。正直、お向かいの人とは話したくないですし、、本当にhollyさんのおっしゃるように難しい問題だなぁ、と思います。とりあえず困るのはうちの家なので、介護サービスの中で、こうした問題を解決していくしかないのかな、と思ったりしています。

Posted by: 謙介 | 16. 07. 05 at 오전 11:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/63848393

Listed below are links to weblogs that reference 引退したけどやる気まんまん:

« 高野豆腐のてんぷら | Main | フランス人による文楽の本 »