« あっという間のひと(その2) | Main | あっという間のひと(その後) »

16. 05. 29

事件2つ

土曜日の晩に、津の友達のところに電話を
してみましたら、「サミットがようやっと終わってくれた」
とせいせいした声でお話がありました。

謙介の街であった閣僚会合でさえ、ものすごい警備
だったわけですから、今度は首脳が来たわけで、、
その警備はもうこれ以上ない、というようなものだった、
というのは想像に難くありません。

三重県も平井〇にサミットの歌を作ってね、と依頼はするわ
と大わらわだったみたいですが。


でもそのサミットの報道写真で笑った写真がありました。
(もう削除されていてここにアップできないのが残念ですが)

三重に ぎゅーと○という地元のスーパーの
チェーンがあります。

そのぎゅーと○の前をオバマさんの乗った大統領専用車が
通過している写真があったのです。

大笑いしてしまいました。

そりゃまぁ首脳方、三重に来ていたわけですから、
ぎゅーと〇の前をオバマさんの車が走っても
メルケルさんの車が走っても
不思議はないのですけれども。

要するに近所のスーパーの前をアメリカ大統領の
専用車が走っていた、ということです。

片やごくありふれた日常風景のぎゅーと○と、
非日常の極みみたいなアメリカの大統領専用車という
対比がとんでもなくて、わ、ぎゅーと○の前をアメリカ大統領が、、
と思ってしまいました。

津の友達にそのことを言ったら、ぎゅーと○とオバマさん
という対比はすごいねぇ、と爆笑していました。


    ×     ×     ×

さてさて。
先日、謙介の住む街で、女性監禁事件が発生しました。

謙介が朝起きた時、
NHKのラジオをつけたのですが
その時間帯のニュースって、詳細は報道せずに
項目しか読み上げないのですよ。

「○○市で、男性が女性の部屋に入り込んで、
女性を監禁するという事件が発生しました。
現在もなお、女性を監禁しているとのことです。
次のニュース、、」

謙介はその○○市に住んでいたので、
おいおい現場はどこやねん、町名を言えよ。
こっちはそこが大事なんやし! と思ったのでしたが、
NHKのニュースを読み上げていた人は
さっさと次のニュースに移ってしまい、謙介にとって肝心な
この市のどの辺で、ということはわからずじまいでした。

別のニュースサイト、何か所か見て、ようやっと
その場所は自分の家と真反対の市内の北西側で起こっていて
とりあえず通勤コースも支障なく行けそうなことがわかりました。

で、驚いたのは、事件はその後延々と膠着状態が
が続いて、解決までに17時間かかった、ということでした。

おそらく全国的にはこのニュースが
世間の人の耳目を惹いたと思うのです。


が、


実際地元の人間の注目は、そのニュースではなくて
もう一つのニュースのほうに耳目が行っていたのですよ。

それはどういうニュースかといえば、
こちらの地元でしか知られていない、
ローカルタレントというのかローカル歌手の人が
逮捕された、というニュースでした。

仕事場に行って、うちの上司に
「あの人、逮捕されましたね」と言ったら、
手を叩いて、「そうそう」と大笑いしながら「逮捕されたなぁ」
という反応でした。(この反応も結構すごいと思ったけど)


最近はご当地アイドル、という人たちが
あちこちで活動していますよね。

先日もそういう人に対して
偏執的なファン(とでもいうのでしょうか)
との間で事件が起こっていましたが。


今回、逮捕されたのは
そんな若いおねいさん・おにいさんの
アイドルという感じの人ではなくて
中年の男性演歌歌手なんですけどね。

いやまぁ最近は演歌歌手たって、
アイドル系の人も(おばちゃんの)
いますけど、この人は違うと思います。

ただ、謙介の住む市民は、この方のご容貌に関して、
アイドルと言うには、相当に厳しいのではないか、という
見方をしていたのですが、
ご本人は自分は相当にいけているぞ。
ぼくはアイドルだぁい、という意識まんまんで
活動していらっしゃったのです。

だって、歌う時の衣装なんか、
王子さま、という感じの長めのジャケットに
白い蝶ネクタイとかして歌っていましたもん。


自分はアイドルだよ、と思っている歌手の人と
やめてキモいから、思っている大方の市民と、
その両方の乖離状況が余りに大きくて、

(ミスマッチなどというかわいらしいものではありませんでした)

それはもう正直笑うしかない、というような状況がずっと
続いていたわけです。

この人、歌手のほかに実家が仕出し屋で、
仕出し屋はその歌手のお父さんが経営しています。
(今も営業中)

たぶんその仕出し屋で稼いだお金の一部をその息子は
歌手の活動の資金にしていたはずです。

その歌手の人は、地元の私大の経営学部を
卒業していて、若手実業家もめざして
一時は市内のあちこちに、
イタリアンだったり、割烹だったり、スイーツのお店だったり
5軒ほどの店を立ち上げて多角経営をしていたのですが、
どの店も不入りで2,3年で閉めてしまって、
今は2軒ほどの営業になっていたはずです。

同僚はそのうちのイタリアンの店に行ったことが
あると言っていましたが、うーん、2度と行かない、
と言っていました。
お店はこじゃれた感じだったそうですが、
肝心の料理が、ちょっとねぇ、、それにお店の人のサービスも
いまひとつで、、、だったそうです。

でね、自分ちの仕出し屋の配達車のドアに
自分が赤いバラを手にもって、ウインクしたご本人の写真を
でかでかと貼っていたりしたわけです。

謙介はひとさまの容貌の件に関しては、
決して論評できるような立場にはありませんので、
コメントはありません。

ただ、


うちのバイトのおねいさんは、「岩田剛○くんがそれ
(赤いバラを持ってにっこりすること)をしたら
素敵! とか思うけど、あんなやつがするなんて、
許されないただただやめてほしいわキモいから」と言っていました。


その歌手の人は8月になったら、
市内のお寺で夏の縁日があるのですが
その時には必ずゲストとしてご出演になって
歌を歌うことが続いていました。
それから地元のスーパーでミニコンサートを
したり、同じく地元の放送局のラジオ番組を
持っていたりもしました。


ただその目立つ方向が、ちょっと恥ずかしいなぁ、という
方向だったのでしょう。 それで、みんな「ようやるわ」という
眼で見ていたのだと思います。

謙介が上司に「逮捕されましたね」と上司に言った時に
上司が「そうそう」と言って手をたたいて笑ったのは、
おそらく日ごろのこうした活動を、この街の人が
結構批判的な意識で見ていたから、ではないかと
思うのです。


謙介がおかしいなぁ、と思ったのは実はそのラジオ番組が
きっかけでした。

その歌手の人が逮捕される前週から、番組の内容が
急に変わったのです。

それも5月の2週目からなんていう中途半端な時期に
何の予告もなく、突然番組内容が変更になりました。

どうしたのだろう、と思っていたら、、、
しばらくして新聞にその人が逮捕された
という記事が出ました。


2009年9月市内の金融機関(信用金庫だそうです)に
新規の飲食店の設備資金を申し込んだ際
水増しした請求書などを提出して
2億円をだまし取った疑いだそうです。
容疑の認否は明らかにされていません。
警察はおととし12月に金融機関から告訴を受け
捜査していて、このたびの逮捕になった、
ということでした。

放送局が突然番組変更をしたのは
こういうことであったのか、とその時思ったわけですが
その変更が2週間前だったわけです。

ということは、放送局の番組編成・制作部門は
当然そのことを知らされていた、ということなんでしょうね。

田舎のタレントさんで、あまりに変な目立ち方を
していた人だったので、逮捕された、という今回の
事件はより印象に残ったということでした。


|

« あっという間のひと(その2) | Main | あっという間のひと(その後) »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

どこにもローカルタレントっていますね。
私の地元のローカルタレントは、市長選に立候補するために地方局のレギュラーを降板したものの、落選したので同じ番組に出戻り。「なんで戻ってくるの?」って噂になっています。
サミット、第二名神が草津から伊勢方面へ伸びてるので、その近辺は警備が厳しかったようですが、大きな影響はありませんでした。テロなどの大事がなくてひと安心しています。

Posted by: mishima | 16. 05. 30 at 오후 12:28

---mishimaさん
 うーん、やはり観ている側からしてみれば、ちょっと口は悪いですが、「どの面さげて」ということなんですかね。
 ローカルタレントさんって、見てみたら、たいていの都道府県においでのようですね。以前謙介の住む街で、晩御飯の時間になったら、県内の個人の家に上がりこんで、その家の晩御飯をレポートする、という人がいたのですが、その人は前の朝ドラに登場した「お梅さん」でした。(笑) サミット、とりあえず終わってくれて、良かったです。
 

Posted by: 謙介 | 16. 05. 30 at 오후 12:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/63692682

Listed below are links to weblogs that reference 事件2つ:

« あっという間のひと(その2) | Main | あっという間のひと(その後) »