« 現実を知らないで批判するのもねぇ | Main | 瀬戸内国際芸術祭2016・春会期(その3) »

16. 04. 16

なゐ ふる

緊急地震速報が次から次へと出るし。
(ひとつ終わったらすぐ次の速報が出ます)

木曜の地震は前触れの地震で
昨夜のが本震だというし。

地震は熊本から大分にも
起こるようになりました。

その延長線上には
四電の伊方原発があります。
再稼働なんてもってのほかです。

そんなことしなくても電力は足りているのですから、
やめてもらいたい。

しかし地震のニュース、、。
いっそのこと
しばらく情報を聞かないように遮断したほうが
いいのかなぁ、と思っています。

朝日にこんな記事があったのですが、
地震に遭ってただでさえ
どうしたらいいのか、と不安のどん底にいる人に
余計に不安に陥れていることに
なるんじゃないか、という気がします。

近い将来、そういうことが起きる確率は高いのでしょうし、
それに対する備えはしないといけない、ということは
分かりますが、そんな報道をこの時期にするのか?
と思います。

地震直後の今の報道いうのは、
もっとほかに伝えるべきこと、取材すべきことが
あるのではないでしょうか。

例えば、今、どこの病院は何科の診療が可能で
その患者の受け入れがどういう具合に
可能なのか、とか、食べものの状況はどうなのか、とか
どこのスーパーは、臨時で何時から何時までの間、開店する、
避難所は、どことどこがあるのか、とか
そういう現状の告知をまず詳細にやってもらわないといけないのであって、

この先、地震の発現予測がどうなのか、とか
というようなことは、即今只今、
どうしてもしないといけない報道なのか、
と思うんですよ。


謙介、熊本県には友達が二人います。
熊本市内と山鹿市、なんですが、昨日
ようやっと個人的に連絡をすることができて
無事が確認されました。

マスコミは、ショッキングな映像を見せないと絵にならない、
とかいうような意識があるのかどうかは知りませんが
被害が大きかったところばかりを見せて
ほーらこんなにすごい被害が出たんだ、というようなことは言います。

でも熊本県や大分県全県下の状況についての
報道がまったくないのです。

熊本たって広いのです。天草だって、
山鹿だって三角だって阿蘇だって玉名だって
五木だってみんな熊本なのです。

大分だって同じです。
湯布院のことは少し聞こえてきますが、
宇佐も別府も大分も、、
そういう場所がどうなっているのか、ということは、
隣県に居ても全然聞こえてきません。

だから謙介、友達と連絡がつくまで
山鹿の様子というものが全く分かりませんでした。


ただでさえプライバシーを守れなくて、
つらい思いをしている避難所にいる人の
映像を延々と流して、「避難された方は眠れない一夜を過ごしています」
って記者は必ずそう言うのですが、
お前らが行ってあんなふうに取材しまくるのが、そもそも
そういう方のプライバシーを無茶苦茶にしていることに
気がつかないのか、と思うんですよね。

阪神淡路の時も、山古志村の時も、東日本大震災の時も
そして今回も。
相も変わらずの報道しかできないのかなぁ、
少しは学習なり検証をするなり、ということはしてこなかったのか、
って思います。

|

« 現実を知らないで批判するのもねぇ | Main | 瀬戸内国際芸術祭2016・春会期(その3) »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/63493668

Listed below are links to weblogs that reference なゐ ふる:

« 現実を知らないで批判するのもねぇ | Main | 瀬戸内国際芸術祭2016・春会期(その3) »