« 永き日や 欠伸うつして 別れ行く | Main | タイヤのつけかえ »

16. 04. 08

春という季節に

この写真はうちの仕事場の桜です。
Sakura_004


Sakura_007


わざわざよそに出かけてまで花見をしなくても、
自分の職場にこうして咲いていますし、、。

うちの仕事場の桜、って、花が
本当に低いところまで咲きます。
(最初の写真の桜なんて、
地上50センチくらいのところで咲いている)

自分のところで見れば、と思うし、
謙介は年度替わりのこの時期、結構忙しいので、、
花見なんかのんびりできるほどの余裕もないし、
とか思って、桜の花なんて毎年ぞんざいな扱いのうちに
満開の季節は終わっていて、結局
見られなかった、ということで終わるのですけれど。


この時期、こちらでは二つの全国的なイベントが
開催されます。 一つは3年ぶりの
瀬戸内国際芸術祭。

春会期のイベントは
もう3月のお彼岸頃から始まっているのですが、
忙しいので行けていません。

島の人たちからは「いつ来るんな」という
連絡がしょっちゅう来ているのですが、、
そのうち行きたいと思います。

今回はバイエルン自動車
スポンサーに入ったんだとか。

どうでもいいけど、
車で芸術祭を見に行く、というのが
一番似合わない行為だと思うんですけどね、、。

島なんか車で行けないところが
一杯あるし、そもそも自然の豊かな
のんびりしたところを鳥の声とか、
波の音を聞きながら散策して、
その間に点在する現代アートを
見て回る、というのが、そもそも、この
芸術祭の主眼だったはずなのに。
そんな瀬戸芸に自動車なんて一番似つかわしくない、って
思うんですけど。
まぁいいや。
いろいろと浮世の義理ができていくのは
仕方がない。


それから明日から琴平町では、
こんぴら歌舞伎大芝居が
はじまります。 
(今日は「お練り」があったと思う。)

今年は鴈治郎丈の襲名披露のようなので
謙介、今回見に行くのはパスします。(ごめんなさい。あまり好きな
役者さんじゃないのと、ここでも何度も言ってますが
銭になると思ったら、役者本人の芸に対する習熟度とか
観客の思いとかいったことは全く考えずに
もうなんでもかんでも襲名披露させたがる松竹の
考え方についていけないので)


謙介は、仕事場と実家の行き来で
毎週、琴平町内を走っているのですが
3月の終わりくらいから、琴平町内には
芝居のはじまりを告げるのぼりが立って
ちょっとだけにぎやかそうな雰囲気になります。


琴平町も町内を歩くとよく分かるのですが
ものすごい勢いで、人口が減っています。
琴平の中心街にそれはそれは空家が
増えています。 その空家も、もう
かつての居住者がいなくなってから
もう何年も放置された状態なので、
崩壊しかかっている、というふうな空家です。
そういうのがすごく多い。

地方なら、どこでも、の状況がやはり
琴平町でも、見られます。

加えて以前は琴平に来る観光客は、
必ず1泊していたのですが、
瀬戸大橋が出来て、琴平は大阪からでも
日帰り圏になりました。

まぁ逆に四国に住むわれわれも、
以前は大阪は、「旅行に行く」という場所でしたが
今は、ちょっと買い物に日帰りで出かける
という場所になってしまいました。
そんなことで、観光客が琴平にお金を
落とさなくなっていって、
街も収縮していっているのだろうと
思います。

それはさておき。

今年のこんぴら歌舞伎には
愛之助丈が出ています。
うちのオフクロ、「紀香はくるの? 」
謙介「そんなの知らないよう」

今までの場合ですと、出演役者の奥さん、何人かお見かけした
ことがありました。

大名跡の役者さんになりますと、金丸座の入り口右側に
その役者さんの後援会の「個人ブース」のテントが建てられます。

そこに日によっては奥さんが詰めて、後援会の方々に
ご挨拶をしたり、いろいろな差配をする、ということが
ありますけど、、さて、どうなのでしょうね。

金丸座はともかくも、瀬戸芸には
行きたいのですが、、仕事のスケジュール表を見たら
手一杯に詰まっているし、、
どうなるのかなぁ、無理そうかなぁ、というところです。


で、気がついたら春が終わって
いつのまにか初夏になっているのでしょう、、。

|

« 永き日や 欠伸うつして 別れ行く | Main | タイヤのつけかえ »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/63447019

Listed below are links to weblogs that reference 春という季節に:

« 永き日や 欠伸うつして 別れ行く | Main | タイヤのつけかえ »