« ダイシモチのごはん | Main | 瀬戸内国際芸術祭2016・春会期(その2) »

16. 04. 12

瀬戸内国際芸術祭2016・春会期(その1)

3月のお彼岸頃から、
瀬戸内国際芸術祭2016が始まっていたのです。

美術展の開催形式はトリエンナーレなので
前回が2013年でしたが、(前々回は2010年)
あっという間の6年、3年でした。
もうそんなふうに時間が経ってしまっていたのだ、
ということを開催の告知を見て思っていたりしました。

ですが、3月は週ごとに用事があって京都に行って
いたので、こちらの芸術祭、行くことができてなかったのです。
というのか、観覧券さえ買ってないありさまで、、。

開催日程を見ましたら、春会期はなんと、4月17日まで、
となっています。

あれま、ということで、
思い立って急いで行ってきました。

今回からしばらく
そのご報告をしたいと思います。

瀬戸内国際芸術祭のいいところは、
やはり瀬戸内の自然を実感しながら
アートの巡礼ができるところでしょうか。

この時期、島に行くといろいろな野鳥が飛んでいます。
ウグイスの鳴き声もあちこちから聞こえてきます。
そんな中、里山や島を歩きながら
ゆっくりと歩いて、そこここに置かれた芸術作品を鑑賞できる、
というのはやはり贅沢なことだと思うのです。

よくあることですが、
有名な作品の展示される美術展に行くと、
入場するまでに、2時間も3時間も並んで待って、
それでいざ入館したら、
今度は「立ち止まらないでください」
って係の人に言われて、
結局のところ、展示の目玉を見る時間が
1分もない、なんてなんだか悲しいです。

なんだか観光ツアーでパリに行って、
はいここはエッフェル塔ですよ、
はい、凱旋門、
はいリュクサンブール公園、
はいルーブル美術館
とか言って写真を撮ったりしている、
っていうのとあまり変わらないような気がします。

見た、と言えば、確かに見た、という
事実にはなるのでしょうが、、。
それではちょっとねぇ、、。

ゆっくりとのんびりと自分のペースで
現代アートの作品が鑑賞できる、
というのがいいですね。
それと、謙介からすると、
地元の見慣れた風景の中に
アート作品が点在していて、そのコントラスト
なんかもおもしろいなぁ、と思います。
気楽に楽しめるます。
やはりそういう楽しみがあるので、
何度も足を運ぶ、ということになるかなぁ、と思います。


芸術祭の展示期間はその会場によって異なります。
会期はそれぞれ春会期、夏会期、秋会期と
ありまして、3つの会期全部開催する場所と
春だけ、夏だけ、秋だけ、という会場があります。

今回、謙介が行こうと思ったのは2カ所。
高松港地区と坂出の沙弥島の2カ所です。

で、高松港は3会期ともやってはいるのですが
芸術祭の鑑賞パスポート販売のブースが
高松港にあるので、ついでに、ということで
出かけたのでした。

今回のパスポートはこれです。

あれまぁ。
Setogei_053

謙介が学校を出て、
就職した仕事場があった島へ運航している船が
表紙の写真ですよ。

勤務していた時は、この船に乗るのが、
もう嫌で嫌で仕方なかったんですけどねーぇ。(笑)

前回の時もお話しましたが、パスポートの中は
こんなふうになっています。
Setogei_054


鑑賞するそれぞれの
作品には全部番号がついていて、その番号とパスポートの番号が
対応しているわけです。

それぞれの作品の横にはハンコが置いてあって、
パスポートの番号のところに「鑑賞した」ということで
そのハンコを捺すようになっています。


お店のポイントカードというのか、
夏休みのラジオ体操の出席カードみたいですよね。

このハンコはもちろんそれぞれの会場で違っています。
高松港地区のハンコは「港」
女木島だったら「女」 
沙弥島だったら「沙」というふうになっています。

でも、結構このハンコ捺しが、また別の作品を
見てみよう、という動機にもなっていたりするんですよ。

さてさて。
今回はいくつこのハンコを捺せるのか??

というところで今日はここまでといたします。

|

« ダイシモチのごはん | Main | 瀬戸内国際芸術祭2016・春会期(その2) »

おげいじゅつ」カテゴリの記事

Comments

スタンプ押していくようになってるんですね。全部押されると、何か交換とかされるですか?
面白い。

Posted by: holly | 16. 04. 14 at 오전 1:28

---hollyさん
各会場にあるアート作品ですが、
無料のものと有料のものがあります。
有料のものが結構ありまして、一か所300円です。そんな作品が100カ所くらい
ありますが、パスポートを持っていれば、
料金を支払っているので、提示で、鑑賞
することができます。それから今のところは
スタンプラリーをしてどんな景品がもらえるか発表はないですが、前の時は、結構
いろいろなものがもらえる、という
ことだったみたいです。
(謙介は応募しませんでしたから
よく知らない)

Posted by: 謙介 | 16. 04. 15 at 오전 11:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/63473435

Listed below are links to weblogs that reference 瀬戸内国際芸術祭2016・春会期(その1):

« ダイシモチのごはん | Main | 瀬戸内国際芸術祭2016・春会期(その2) »