« 再びの、神戸へ | Main | さらに読書感想文の書き方について考えてみる »

16. 02. 01

地元の話とかいいそこまちがいの話とか

30日の土曜は夜、ブラタモ〇見ておりました。
謙介の仕事場の街が特集だとかいうことで。

でもまさか謙介が買い物に行く、
スーパーセブンス〇ー石手店の横が出るとは
思わなかったです。

あそこの辺の川の岩盤を掘って、
水路を確保した、という説明でしたが、
あの辺の地名が「岩堰」(いわぜき)って言うんですけど
はぁ、それで岩堰だったのか、と見ててわかりました。

以下は説明に無かったことですが。
岩堰で川の流れが二つに分かれています。
それで一部は市内に流れて、お城のお堀まで
行っているということです。

まぁその部分は都市計画、というテーマからは
若干外れるので、割愛したのでしょうね。


加藤氏が勝山という平野の真ん中の小高い山に
城を作って、その城下町を作っていったわけですが、
城下町である平野は扇状地であって、山から急激に
平野になったところで大水の被害が出ることがあった、と。

その上流からの出水を防ぐために
土塁を作った、という説明があったのですが、
謙介が仕事から帰るときに通る道というのが、
ほぼその水害を防ぐために作った土塁沿いの道を
帰っていたのだ、ということがわかりました。


6日の土曜にも続いてこの街が特集とかいう
ことなので、見てみたいと思います。

その前日、浄瑠璃の豊竹嶋大夫さんが、
地元に帰ってこられたことが
ローカルニュースで出ていました。
知事から県の特別文化功労賞を授与されたとのことでした。

嶋大夫さんのご実家へは謙介の仕事場から
直線距離で500メートルくらいでしょうか。
嶋大夫さんのご実家は料理屋だった、と聞きました。

あ、料理屋さんだったら、あの辺だ、とすぐに
ご実家の大体の場所が分かりました。

田舎町なので、そういう料理屋がある地区というのは
限られた区画ということなので、あの辺だっただろう
ということは容易に分かるわけです。


嶋太夫さん、北条の街に戻って、
どんな感慨を持たれたのでしょうか。
お話をお伺いしてみたいような気がいたしました。


    ×      ×      ×

先日市内電車に乗ったのですが、その車内での
20歳前後のおねいさんとおにいさんの会話。
「えええええしんじれん。 まじで、そうやとおもってたん?」
「----------」
「あれは、あんのうん、って読むんやん。 あ・ん・の・う・んで」
うるさいわ。ちょっと間違えただけやろ」
「ちょっというて、、、、あんな恥ずかしいまちがい、、ああはずかし」
「ふん」(おにいさん拗ねちゃった)
「うんこなう、や、どうしたらよめるん」

どうも unknown をそのおにいさん、変な読み方をしていた
らしくて、、、。
まぁ間違えたのはおにいさんですが、その間違いをおねいさんが
連呼するものですから、、もう笑いをこらえるのに苦労しました。


そういえば前にスーパーの肉売り場で「ごうばんみんち」と
読んでいたおにいさんもいました。

うちの家ではそれ以来「今日はハンバーグ作るし、ごうばんみんち
こうてこ」といったりするようになってしまいました。

|

« 再びの、神戸へ | Main | さらに読書感想文の書き方について考えてみる »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

読み間違いって、自分もよくあります。
専門用語ですら、変な覚え方をしていたものがありました。
ラテン語を先に覚えたので、あとで付け足した日本語訳がちょっといい加減で、それを覚えてしまったとか。
LinuxのOSの一つに“Xubuntu”というのがあります。「ズブントゥ」と読むのだそうですが、正しい読み方を知る前に自分勝手に「クスブントゥ」と読んでしまったので、それを覚えています。
残念。

昔、こんなCMがありました。
“電子辞書”を販売するコーナーです。
https://youtu.be/KgfwIbtdOSI
鹿児島弁っぽいお母さんからの手紙がなんとも言えませぬ(^.^;

Posted by: 正憲 | 16. 02. 02 at 오후 11:00

---正憲さん
 そういえば、高校の時の同級生が、地理の時間に「ストックホルム」のことを「スコットホルム」と真顔で言いました。 みんなが「なんやそれー」と言い出すと、真剣な顔をして「そやからスコットホルムやないか」と抗弁しました。 後から分かったのですが、
彼は、ストックホルムでなくて、スコットホルム、と覚えてしまっていたようです。高校生のころは、思い込みも激しいので、そういうことが何かの加減で露見してしまって、、大笑いになることがありました。後、理科で使う「乳鉢」の読み方を、「ちちばち」と覚えていたやつがいました。実験の報告をした時に彼は「ちちばち」と読んでしまったのです。高校生なんて「ちち」とかに異常反応します(笑)から、大笑いになりました。そのせいでそいつはかなり後まで「ちちばちの○○」と言われていました。こういうのよくありますですね。

Posted by: 謙介 | 16. 02. 03 at 오후 12:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/63134957

Listed below are links to weblogs that reference 地元の話とかいいそこまちがいの話とか:

« 再びの、神戸へ | Main | さらに読書感想文の書き方について考えてみる »