« 悲喜こもごも | Main | オオタニの戒めもしくはエイトネン »

16. 01. 10

両てんびんにかけてみて

テジアジョシ、(テジはハングルで豚、アジョシはおっさん)
またやったのですね。

ここ数年はテジアジョシのところ、最悪の経済状態から
少し上向きになった感じだったし。
(と言っても、今まで-10だったのが、-6か-5くらいになった程度
ですかね)

それでも2012年に平壌に行った人に話を聞いたり、
写真を見せてもらった限りでは、
日本のいろいろなマスコミで言われているほど
極限まで悪化して、もうどうしようもない、というようなところまでは
行っていない、と思いました。

まぁ、外国人に見せるところですから、
極限までひどいところは一切見せない、
見栄を張ったところだけ、ということではあるんでしょうけど。
それでも、平壌の街の様子とか、農村へ向かう道路沿いの状況を
見る限りでは、あまりにひどい、というふうではありませんでした。

だから今がそういう多少ましになった
経済状況、食糧状況だということ。
それから、自分の事績もここいら辺で一発作らないといけないし、、
というような現在状況ということだったのでしょうね。

中国は絶対に自分の目の前の鴨緑江の対岸に
テジアジョシのところが倒れて、むくげおばさんの国が
吸収合併をしてしまった結果、
大韓民○の国旗、大極旗が翻るのだけは
なんとしても阻止したいですから、
その緩衝地帯として、テジアジョシのところは
戦略上もなければ困るわけです。
そのことは当然テジアジョシだって知っているわけです。

下品な表現で申し訳ありませんが、
ここいらで一発ぶっ放したって、美帝とむくげおばはんと
ウエノム(ハングルで言うところの日本人の蔑称)は
どうせまたいきり立つだろうけど、
北京とモスクワがふにゃふにゃ言って
それで終わりよ。

一発やってみての影響としても
どうせ外野はいきり立ったところで、口先ばっかで
実効的な制裁措置なんて取れやしないんだから、
というようなあたりのプラスマイナスの情勢を両てんびんにかけて、
一発やったっていうようなところでしょうかね。

|

« 悲喜こもごも | Main | オオタニの戒めもしくはエイトネン »

はんとうもんだい」カテゴリの記事

Comments

 あのー,さすがに豚呼ばわりは・・・豚に悪いんじゃないでしょうか(笑)

 状況を総合したところ,単に国内向け「実績」作り,ってところじゃないですかねえ。
 実際に地下で水爆をドカンとやるってのは,威力から見ても狂気の沙汰に近いようなところがありますし,大体そんな技術はまだ持ててない筈(なので,僕は最初から疑ってます)。
 国外で分析すればバレても,国内には情報統制でなんとでも言えますもんね。

Posted by: Ikuno Hiroshi | 16. 01. 12 at 오전 1:12

---Ikuno Hiroshiさん
まぁねぇテジは食べられますが、あのアジョシだけは全くもっていただけませんもんね。アジョシが、こうしただ、と言ったら、国民こぞって褒めたたえなければなりませんもんね。この辺で、こういうことをやった。それに対して美帝はいきりたっておるぞ(これは事実)どうだどうだ というところなんでしょうね。

Posted by: 謙介 | 16. 01. 12 at 오후 4:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/63034611

Listed below are links to weblogs that reference 両てんびんにかけてみて:

« 悲喜こもごも | Main | オオタニの戒めもしくはエイトネン »