« The End of Summer | Main | 水曜日のハルモニのこと »

15. 12. 25

むりこやりこ

Xmas


今日のタイトルは、謙介の仕事場の街の方言です。
みなさんの知っている言葉でいえば「むりやり」という言い方だと
思います。

でも「むりやり」と言う言い方よりも
なおさらいっそう無理にやった、という表現に
なっているような気がします。

この言葉、はじめて聞いたのは
うちの仕事場に来ていた年配の方の会話の中でした。

「もうなぁ、向こうはつついっぱいで、どもならんと
いいよったんよ。しゃーけどな、わし、そんなことしらんがな、
いうて、むりこやりこどしこんでやったんよ」

(相手は定員一杯で、もうこれ以上は受け入れはできない
と回答してきた。 しかし、私はそんなことは関知しないと
言って、無理やり申込みをしたのだ) 

田舎ってねぇ、申し込みの定員なんてあってないようなものです。
だから定員100人、ったって、実際は130人だってオッケーなんて
いうこともあります。どうしてそんなことが起こりうるのか、と言えば
田舎はコネ社会だからですよね。日頃お世話になっている人から
「頼むわの」と言われたら、「定員です。ダメ」とは言えません。
そういうことが日常茶飯事なので、みんなそういう状況を
知っていて、「むりこやりこ」ねじ込む、ということをよくやります。


いやまぁ今日の謙介の場合はちょっと違っていて
「自分の仕事」のことなんです。
昨日で今年の仕事を終わらせました。

本当に年末進行で、仕事はやってもやっても片付かず、
ということではあったのですが、メモ用紙を取り出して、
自分の中で急ぎの仕事を書きだして、
この仕事は、ここまで、これはここまで、と一応できるところまでの
工程表を作りました。
それで、一応、工程表でできたところまでやったら、
それでよし、としました。

だって、そうでもしてどこかでエイやあっ! って、キリをつけないと
仕事はいつまでもずるずるべったりのままで、、、。
ああもう面倒だ、と思って、「むりこやりこ、ここまで!」と
宣言したのでした。

今週は月曜からずーっとそのために仕事に追われていましたが
昨日は午前中でその仕事のめどをつけました。
午後は専門の仕事の研究会があって、3時間半、
いろいろと討議をしたり、今年のまとめをしました。
それも5時に終わって、勤務終了(というのか強制終了。)
仕事帰りにつけのあった本屋に支払いに行って、、。
その本屋でBGMにホワイトクリスマスがかかっていて、
「ああ、クリスマスイブだった」とか思い出したようなありさまで、、。

で、帰ってきたら日頃渋滞なんてしないような道路が
右端の車線、渋滞していて全然進まないのです。
途中で、ああそうか、と気が付いたのですが。
ちょっと向こうに「カーネルおじさんの店」があったのです。

まぁ、そんなこんなで終わりまして、
帰って昨日の晩から今日の午前中、ずっと部屋の掃除をしていました。

ということで、今晩、実家の街に移動して、、、
後はそちらでまた片付け掃除の日々になるかと
思います。

あと一回ぐらい更新できるかなぁ、、
それでは今日はこれにて。

(今日聴いた音楽 悲しみは雪のように 1981年
 浜田省吾 なんだかこの時期になるとこの曲を
 聴きたくなりますですね。はじめて聴いたのが
 中島みゆきのオールナイトニッポンでしたね。)

|

« The End of Summer | Main | 水曜日のハルモニのこと »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

お疲れ様です。
土日が休みの事業所は、25日で仕事納めのところが多いようですね。
24日、友人が「カーネルおじさんの店」に行ったら「今日は予約分しか販売が無い」と断られたそうです。クリスマス、本当は七面鳥だけど、日本では馴染みがないので鶏になったんでしょうね。
私は同じ鶏でも、「餃子の王将」でチューリップを食べてきました。24日の王将はガラガラで、店員と客が5名ずつと同数でした(笑)

Posted by: mishima | 15. 12. 27 at 오전 12:14

---mishimaさん
やはりそうでしょうね。七面鳥、と言っても謙介はずいぶん前に動物園で見たなぁ、という感じで、、田舎のスーパーなんかには
売っていません。 やはり鶏のほうがなじみ
深いと思います。
今日ケンタのお店検索をしてみましたら、
こないだまであったはずの店が廃止に
なっていました。仕事場の街のケンタの
お店、とうとう1軒だけになっていました。
今治名物で焼き鳥があったりして、鶏料理を
食べないお土地柄ではないのですが、ケンタ
については、嗜好と合わないのかしれません。

Posted by: 謙介 | 15. 12. 27 at 오후 9:16

今年は、いろいろとありがとうございました。感謝。はやいですね。明日は、大晦日です。
つけのきく本屋さんをおもちなのですね。うらやましい。
善いお年をお迎えください。

Posted by: ホーリー | 15. 12. 30 at 오후 1:13

---ホーリーさん
大きな本屋さんでなくて、仕事場に昔から入っている本屋さんなのです。個人経営の本屋さんなので、請求書が月末に来ます。その請求書を持って、本屋さんに行って支払いをする、というようになっているのです。
今年一年もいろいろとありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いします。

Posted by: 謙介 | 15. 12. 30 at 오후 4:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/62917058

Listed below are links to weblogs that reference むりこやりこ:

« The End of Summer | Main | 水曜日のハルモニのこと »