« 算数もあかんけど、国語もねぇ | Main | 思い出したこと »

15. 12. 10

来年の干支の話

仕事場で年賀状の話になりました。
来年の干支はさるだねぇ、
という話がきっかけでした。

さる、というと同僚は日光東照宮の「みざるいわざるきかざる」を
すぐに思い出す、と言っていました。

どうして日光東照宮にあのさるの彫刻があるかと言えば
家康が「東照大権現」という諡号を後水尾天皇からいただいた
からです。そして、権現様の使いが「さる」なんですよ。
だから日光東照宮にさるの彫刻があるわけなんですが。

権現様のお使いのさるですが、田舎では本当に困っています。
「猪鹿蝶」というと花札ですが、今田舎で困っているのが
「猪鹿猿」のトリオです。

前にも言ったように高知県では鹿が増えすぎて困っていて
今、鹿肉をどんどん食べよう、と言っています。

イノシシは、獲って処理して牡丹鍋用にでもするのか、
と思ったら、それはほんの一部で、後は火葬にしてしまうのだそうです。
これも1匹2000円かかるんだそうで、、かかる経費もバカにならない
と役所の人が言っていました。


で、問題はさる。
イノシシやシカみたいに食肉処理もできませんし、、
なので増える一方です。

たとえば近くの田んぼですが、こんなふうにやってきます。
81f831ea252d6fac31ff385f994a89f1

で、知り合いの家の畑、せっかく育てた自家農園の野菜が
さるによってこの有様です。髙いフェンスをしていても
ささっと登ってやってきます。
23fa7349706e8b78e575141f61c5babc_2

猪と鹿と猿の農作物の被害が
今や何十億、という単位になっているのだそうで、、。
軽視できるようなものではありません。

今やさるはいたるところにいて、、
先日謙介が実家から仕事場に戻ろうとして、途中国道を
通っていたのですが、(日曜のお昼の2時過ぎくらいでした)
さるが国道を横断していました。

人の集落の中まで入ってうろうろしているんですよね。

今、田舎ではさるの問題って結構深刻なんですよ。


|

« 算数もあかんけど、国語もねぇ | Main | 思い出したこと »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

ほんと、農家の方や田舎の商店の方は、お猿様の被害にあって大変ですね。
これだけすき放題されると、なんだか努力を一気にダメにされるわけだから、それはそれは、ストレスですよね。なんだか想像しただけでぐったりしそうで…。
何かいい手はないのですかね?人間が考えた手もすぐに、学習しそうだし、お猿様もなかなか、悪賢そうだし、手ごわいですね。う~ん。
エテコウ(お猿さん)の年回りは、また、いろいろと日本でおきそうですね。
そんな予感の師走です。

Posted by: holly | 15. 12. 11 at 오후 8:11

---hollyさん
 もうね、自家菜園を作っていたおじさん、おばさん、がっくりきていましたよ。この辺はお正月のお雑煮に大根を使うのです。それでお雑煮とか、お煮しめ、お漬物用に大根を作っていたのですが、それがほとんどダメになってしまったそうです。やっぱりさるは学習能力がありますから、いろいろと防御の工夫をしても、すぐに抜け道を見つけるのだそうで、本当に困る、とおっしゃっていました。過疎化が進んで山林が荒れた結果、こんなふうになっていっています。何とか人間の知恵で、、と思うのですが。

Posted by: 謙介 | 15. 12. 11 at 오후 11:09

謙介さん
お久しぶりです。
どこも、害獣に悩まされているのですね。
まあ、鹿や猿、熊達からしたら
人間が彼等の住処を食料を奪ったのではないかと
抗議されそうですが…
うちは、柴犬を外で飼っているので
敷地内の畑には猿は、はいってこないですね。
犬猿の仲って、本当かもしれません。
柴犬に限ってかもしれませんが、気性が強く
飼い主に従順なので、敷地内に
他者がはいってくると、すごく攻撃的になります。
普段は、大人しいんですけどね。

Posted by: 陽子 | 15. 12. 15 at 오후 6:16

---陽子さん
これは、あくまでもこちらの市の対策室の人の話ですが、かつて里山は、動物にとって餌をとる場所で、人間が猟をしたり、薪を取ったりする場所で、こうした里山は、人間がいるので、いつ殺されるのかわからない動物に緊張を強いる場所だった、と。なので、動物は里山を簡単に越えて人里へは来れなかった、というのです。
 ですが、今の里山は人間に利用されていません。里山は、今や動物にとって安心できる場所に変わり、里山を住みかにするようになったそうです。
 そうすると、里山のすぐ脇には目の前に畑があって、おいしそうな農作物があります。しかも、畑には人がいないので容易に食べることができるということになりました。加えて、そういう農作物を食べるので、栄養状態が飛躍的によくなり、以前はサルは隔年出産でしかも産んでも半数ぐらいが栄養不良で育たなかったものが、今や毎年出産でしかも、ほとんどが成長してしまうと聞きました。そういうことで、四国なんかでは、シカとかイノシシが増えているのだそうです。 
 岡山の友達の家でもサルが出没するので、対策として犬を2匹飼っている、と聞きました。謙介なんかはたまにしか行かないので、彼らには他者の認識ですから、それはもうものすごい勢いで吠えられてしまいます。でも、それくらいの対策が必要なのですね。

Posted by: 謙介 | 15. 12. 16 at 오후 12:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/62835210

Listed below are links to weblogs that reference 来年の干支の話:

« 算数もあかんけど、国語もねぇ | Main | 思い出したこと »