« 天下分け目の結願・卒論ツアー(その7) | Main | 校正って、しないのかなぁ »

15. 11. 12

あじゅま

先日首相がソウルに行ったとかというニュースを見ました。

首相動静、っていうので見たら、まぁソウルの旧市内を
あちこちと動き回りまくりでしたね。

11月1日の午後の日程はこんなふうでしたよ。

 午後、ソウルの青瓦台(ちょんわで=大統領府)で、
 韓国の朴槿恵大統領、中国の李克強首相と
 日中韓首脳会談に出席。
 共同記者発表。
 ロッテ・ホテルで日中韓ビジネス・サミットに出席し、あいさつ。
 新羅ホテルで日中首脳会談。
 国立現代美術館で日中韓首脳晩さん会。
 ウェスティン朝鮮ホテル泊。

「ちょんわで」から南に下がってロッテホテルに行ったのですね。
午後の時間の感じから言ってロッテホテルのビジネスサミットは
祝辞を述べるだけですから、ほんの数十分の滞在だったのでしょう。

ロッテホテルから乙支路(うるちろ)か忠武路(ちゅんむろ)
を走って南東方向の新羅ホテルに移動。
(正しくはホテル新羅 ほてるしるら ですけど)

で、現代美術館ですか? ひょんでみするぐわん は2つあるんですが
もちろんこれは景福宮(きょんぼっくん)の東側の施設でしょう。

旧市内を南に行ったり東に行ったり、
また戻って北に行ったり、また南に
行ったり、とあちこち動き回っていたわけですね。

で、その日の宿泊が「ウエスティン朝鮮(ちょうすん)」ホテルだった、
というのが非常に興味深いところでありました。

ロッテホテルとウエスティン朝鮮ホテルはお隣どうしです。

下の写真のような具合です。南西側の小公路(そっこんろ)から
撮った写真ですが。
左側の白っぽい建物がロッテで、右が朝鮮ホテルです。


Hotel_2


あ、そうそう。
韓国語で「朝鮮」という発音は
すべて「ちょうすん」と発音します。

正しくはいうまでもなく「ちょそん」ですが、
ちょそん、としてしまうと、38度線以北の国の名前
となるので、それは認められない、という立場ですから、
かの国で朝鮮は「ちょうすん」と発音することになっています。


ですから「朝鮮日報」は「ちょうすんいるぼ」ですし
ウエスティン朝鮮も「うえすてぃんちょうすん」と
発音することになっています。

このウエスティン朝鮮ホテルって、
昔(植民地時代)からあった老舗ホテルです。
これは植民地時代の写真。

Chousun_hotel_2


謙介的にはこのウエスティン朝鮮、好きなホテルです。
どうしてかと言えば、日本人宿泊客が比較的少ないから。(笑)

お隣のロッテとか、市庁前の「ぷらじゃほてる」は日本人が多い
ホテルなんですけどね、、。

ちなみに「ぷらざほてる」は「ぷらじゃほてる」と
韓国語では発音されます。

日本語の「ざ」の発音が韓国語には無いのです。

というのか、日本語の「ざじずぜぞ」とか、「つ」の発音が
韓国語にはありません。
ですからどうしても「ぷらじゃほてる」と発音するわけですね。


それで朝鮮ホテルのことでした。

このホテルは、日本人客が少ない、はずだったのですが、、。

ソウルに住んでいた時に、その朝鮮ホテルの地下のティーハウスで
大学の先生と待ち合わせをしたことがあったんですよ。
ティーハウスに行ったとき
ボーイさんが案内してくれて、「あんじゅせよ」(お座りください)
と言ってくれた椅子に腰かけたわけです。

そうしたらお隣のおにいさん二人から聞こえてきた会話が
「フェリ○の女がさぁ、、」というようないきなりの会話で、、。(笑)
おもわず顔を見てしまいました。
相当にこみいった話をおおっぴらにしていたのですが、、、。
聞きたくないのに聞こえてくるから、、全部聞いちゃった。


やれやれ。ソウルまできて、にいちゃんのもてた自慢話
だの下半身の反応がどうだったの、というような話を
聞かされたってなぁ、とか思いました。あーあ。

そうそう。
朝鮮ホテルの地下には昔「キサナドゥ」っていう名前の
ディスコがありました。

ソウルではじめてできたディスコ
だったんですけどね。 名前だけ聞いて、、
どんなとこやろ、と思っているうちになくなって
しまいましたけど、、。

で、今回の訪韓、ロッテホテルの隣にありながら、
ロッテを使わずにウエスティン朝鮮を宿所にしたのを
見て、謙介、ははぁ、と思ったわけです。

日本政府の明確な意志を感じたというのか、、。
あてつけがましいというのか、、。


去年、在韓日本大使館が
ロッテホテルで自衛隊創設60周年の
記念行事を開催する予定だったのです。

案内状も送って用意万端整えたはずの
開催前日になってロッテホテルが
「みはんへよ。(すまんのう)うちはお引き受けするのやめにしました。
よそに頼んでね。」
って言ってきたから、さぁ大変。 
案内状だって送っているし、大騒動になったことがありました。

文字通りのドタキャンですよね。

どうして開催前日になって断ってきたのかは、
明らかにしていませんから、
委細の理由は存じ上げませんが。


そういうふうに、
一度引き受けておいて、開催前日になって
うちではできません、と言ってくるようないい加減な
対応をするホテルは信用できない、ということになって
それ以来、日本政府の行事関係は
ロッテホテルを使って会合を開くというのは
止めたと聞きました。 


で、今回も意思表示として、わざわざ隣のホテルを宿所に取って、
あんたんところは絶対に泊まらんからねー、と、示威行動を
したわけね、と、謙介さんは
首相動静を見ながら思ったのでした。

え? きょうのタイトルのあじゅま、って何、って?
韓国語で「おばさん」の意味です。
いやまぁ誰のことなのか、は、、、(笑)

할머니라고 말하지 않은 것 만큼 늘어나.

|

« 天下分け目の結願・卒論ツアー(その7) | Main | 校正って、しないのかなぁ »

はんとうもんだい」カテゴリの記事

Comments

 晋坊がロッテに寄ったのは,「これ以上関係を悪化させるつもりはないぞよ」との意思表示だという穿った見方をする日本の新聞記事もありましたが,単にそこで行事が開かれたから寄っただけって感じですね(笑)

 ・・・おばあちゃんは,さすがにカワイソウ,かも(苦笑)

Posted by: Ikuno Hiroshi | 15. 11. 13 at 오전 1:15

---Ikuno Hiroshiさん 
たぶん行事冒頭のあいさつだけでしょうから、ほんの数十分の立ち寄りだった、
と想像します。90年代の半ばでも
ロッテホテルのロビーに
どう見たって、売春してるだろう、
というふうな女の人が、うろうろ
していましたし、、。
ロッテだのウエスティン朝鮮だのという
五つムクゲのホテルなんかじゃなくて
普通の韓国の人が商用で泊まるような
ホテルに泊まっていたのに、「私は
日本人のノムラというもーのですが、
かわいいじょーしだいせい紹介します
よー」とかいう電話がかかってきて
いました。向こうは日本人のノムラ
というのですが、どう聞いたって
ネイティブの日本語ではない発音です。
なんか胡散臭そうな人がいっぱいいて、
ひええええ、と思ったことが
ありましたが、、
60歳代、って、以前はもうばあちゃん
でしたが、今の60代はまだまだ
若いですもんね。 あじゅまで
とめておきたいと思いますです。

Posted by: 謙介 | 15. 11. 13 at 오전 9:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/62607585

Listed below are links to weblogs that reference あじゅま:

« 天下分け目の結願・卒論ツアー(その7) | Main | 校正って、しないのかなぁ »