« 電気自動車 | Main | 朋あり遠方より来たる »

15. 11. 25

年賀状

カレンダーを見たら、もう11月も終わり。

何せ1年に400日は郵便局に行くので、(笑)
(と書いたら、1年はそんなにあるもんか、
正しく書け、とか言われるんですよね。
野暮の骨頂。)

何せ平日は毎日郵便局に行くので
当然郵便局の方とは顔なじみです。
年賀はがきなんて、予約の段階から
「予約してね予約してね予約してね」とこんこんと言われて、
10月の末の発売開始日には、もう受け取って
いました。


でもねぇ、そのころなんて、まだ四国なんて暑くてさー、
郵便局員さんも、謙介も半袖のシャツ姿で、
年賀状のはがきを買っても、年賀状っていつ出すの?
というようなことでした。年賀状なんて全然意識の中には
ありませんでした。


ただ、毎年、知り合いに頼まれて、
その人の年賀状の印刷用版下を
作ることになっていたので、
今年も昨日作って渡しました。

版下を渡して、それを印刷所に持って行って
印刷にかかりますから、どんなに遅くても
今月中には版下を作って渡しておく
という必要があったからです。

とりあえずそっちは済んだのですが、
自分のほうはどうしようかなぁ、と。
全然考えられないような状況です。

謙介が毎年、出す年賀状は180枚程度です。
仕事関係の知り合いに30枚。
プライベートな友達に150枚。
くらいになると思うのですが、、、。

でも、ここ数年は、ちょっと出す枚数が定まりません。
というのが、この時期になると、賀状欠礼のはがきが
来ることがあるのですが、それが予想以上に多かったり
するのです。

去年は15人の方からそんな欠礼のお知らせが
来ました。今までは多くても3、4人くらいだったのが
15人になると、、さすがに多いなぁ、と思いました。
今年もすでにお二人の方からそういうお知らせを
いただいています。

その書こう、という気持ちになって、
墨をすりはじめるまでに
時間がかかっちゃうんですよねー。

ただ、まぁ、その一方で書きはじめたら
180枚なんて一気呵成にパーッと
書いてしまうんですけどね、、。

今年は一体いつごろになったら
やる気が出るかなぁ、、、

あ、そうだその前に、来月10日までの
報告書を作って提出しなければ。

年賀状を書くということにたどりつくまでには
まだ相当の紆余曲折があるなぁ、と予想されるので
ありました。

|

« 電気自動車 | Main | 朋あり遠方より来たる »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

何時も素敵な書の賀状をありがとうございます。私は、もう何年も前から、年賀状、不義理です。反省。
年賀状、エネルギーがいりますね。尊敬です。
私は、年々、気力と体力も衰え、どうしたものやら…。感謝の気持ちはあるのですが、忙しくてそれどころではなくなってしまうここ、何年かです。ほんとに、反省。
欠礼のお知らせと言うのは、引越しされたりとの事なのですかね?

この二日ほど山沿いで雪になるのでは?という感じくらいに、寒くなってきましたが、そちらは、まだ暖冬の傾向なのでしょうか?
日本列島、長いですね…。

Posted by: holly | 15. 11. 26 at 오후 12:25

---hollyさん
年末は、本当に忙しいですよね。
同時進行でいろいろな用事をしないといけないし、、。加えてご家族のお世話とかあるし、、、正直なところ、年賀状まで手が回らない、っていうことですよね。
欠礼というのは、その家のご家族とか親族のどなたかがお亡くなりになったために、喪に服す、ということで「今年はおめでたい年のはじめのあいさつを止めます」というお知らせです。最近はそういうことにこだわらないで、喪中でもお年賀のやり取りはします、という人も増えてはいるようですが。
 寒くなってきました。なんだか、今まで甘やかされていて、一気にどーんと落とされたような感じですよね。

Posted by: 謙介 | 15. 11. 26 at 오후 12:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/62746732

Listed below are links to weblogs that reference 年賀状:

« 電気自動車 | Main | 朋あり遠方より来たる »