« 手書き文字の字形変化をめぐって | Main | ニッカリ青江(その1) »

15. 11. 16

他人のコンサートの次は自分たちのコンサート

先日パイプオルガンのコンサートを開きましたが、
今度は恒例の自分たちの第九演奏会がありました。


コンサートそのものは今年で29回目です。
そのうち、、28回は出てるという、、。

で、毎年、今年はもうやめようとか思うんです。
練習はきついし、本番だって、
朝の発声練習にはじまって、
合唱練習→ゲネプロ→本番、
とほとんど立ちっぱなしですし、、。


でもね、最後歌い終わって、オケがコーダ(終末部)を
演奏しているときに、じわーっと背筋が感動してきて、
ああ、今年も歌い切った、とても充実していた!とか
思うんですよ。

それでまた、ついつい歌ってしまうんですよね。

今年は指揮者もいつもの飯森先生や
藤岡先生はなかったですし、
どんなことになるのか、という興味もありましたし、、。

今年の指揮者は
宮内庁式部職・楽部の指揮者でいらっしゃる
(と、敬語になってしまいますですよ。)
北原幸○先生でした。

北原先生、ご先祖が高松藩に仕えていたとかで
こちらに来られるのが、ちょっと楽しみだった、
とかお伺いいたしました。

オーケストラは例年通り同じオーケストラだったのですが
指揮者が変わると音が確かに変わりました。
なんだか、おだやかーな感じの春風駘蕩とした音色の
第九になりました。

毎年同じ写真なので、写真を出すのも全然新鮮味が
ありませんけれども。(笑)

いつものように8時半に楽屋入りです。
Img_9916


関係者以外立ち入り禁止のドアも
どんどん通り過ぎます。
Img_9917

9時にステージ集合で、事務連絡がありました。
このときはまだオーケストラの団員の方々は
来られていません。
Img_9918

その後、ステージの並びの位置確認をして、
発声練習の後、最後の合唱団だけでの通し練習がありました。

通し練習のおしまいごろにオケの庶務の裏方さんがさささっと椅子や
大物の楽器(ティンパニ、大太鼓、ダブルベース)
をセッティングします。
Img_9919
その後、オーケストラ・指揮者・ソリストが入ってゲネプロ。

で、合唱団はお昼ごはんとなりました。
(その間、オーケストラは、第一楽章から第三楽章までのゲネプロ)

指揮者とオーケストラですが、何度も何度も合わせたりするような
ことはありません。オーケストラだって、プロですから。
よほど直したかったら、演奏を止めて、ここは
もうちょっとこうして欲しい、と言いますが、
大抵は演奏が終わってから、第○小節のところ、
もうちょっとこうしてね、
というふうに言っておしまいです。

音楽会開場は1時。開演は2時。
(開場と開演の間が1時間もあるという、、。)

2時から音楽会の総指揮の実行委員長が挨拶をして
その後、演奏に移りました。
最初にエグモント序曲、を演奏してそれから
第九です。
合唱団はいつも2楽章終わってから、入ります。
3楽章、4楽章と立っていないといけません。
これも結構きつい。

で、いよいよちゃぶ台返し(笑)の第4楽章です。
5d3da30b
客席から写真を撮った方にいただきました。

練習のときは、もうこんなのしたくないしたくない
したくないしたくないと文句の100回くらい言うのですが、、

やっぱりあの曲のダイナミックなところが
こちらに劇的な気分の変化をもたらすのだろうと
思います。

ということで、今年も(いろいろと内的葛藤は
あったのでしたが
)無事に歌って演奏会を
終えることができたのでした。

来年は30回の区切りなので、
最初から嫌だとか言わずに
まぁがんばって出ようかなぁ、と、思っています。

|

« 手書き文字の字形変化をめぐって | Main | ニッカリ青江(その1) »

おげいじゅつ」カテゴリの記事

Comments

ブラボー!! お疲れ様でした!

Posted by: かわちゃん | 15. 11. 18 at 오후 10:25

---かわちゃんさん
ありがとうございます。歌い終わって、演奏の最後の部分が終わったら、自分の中の血が逆流するような大きな感動があって、歌ってよかった、、って思うんです。(その熱が演奏会の前になったら、すっかり冷めているのが問題なのですが。笑)

Posted by: 謙介 | 15. 11. 19 at 오후 4:54

客席から写真を撮るような知人がいるのですね。
あきれました!
演奏会の客席から写真を撮る行為は、言語道断です。
意識を改めるべきですよ。

Posted by: | 15. 11. 21 at 오후 9:39

---  さん
毎年、実行委員会から委託されて、許可された写真館の人が撮ってくださっています。記録用そして記念用としてです。
それは、実行委員会も、出演者も、みんなお願いをして撮ってもらっているので、問題はありません。今回の場合は地元のローカル紙の記者さんと、その実行委員会から委託を受けた(今回写真をいただいた)方は、お願いをして撮ってもらっています。そういうことです。

Posted by: 謙介 | 15. 11. 22 at 오후 11:42

そうだとしたら、「客席から写真を撮った方にいただきました。」という表現にはならないはずです。
ブログ発信には、責任をもって、しっかりと取り組む自覚をもちなさい。

Posted by: | 15. 11. 23 at 오후 11:24

無署名であらせられるので、お礼の申し上げようがございませんが、ご口説傷み入ります。

Posted by: 謙介 | 15. 11. 24 at 오전 10:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/62645600

Listed below are links to weblogs that reference 他人のコンサートの次は自分たちのコンサート:

« 手書き文字の字形変化をめぐって | Main | ニッカリ青江(その1) »