« 南山城の古寺へ(その7) | Main | 図書館をどう考えるのか »

15. 10. 14

南山城の古寺へ(その8)

今回の旅行のタイトルは南山城、と
なっているのですが、

もはや南山城ではない場所めぐりに
なっていますが、そのままのタイトルで
最後まで行こうと思います。


      ×       ×       ×

龍安寺から次に、鷹峯(たかがみね)の光悦寺に行くことに
しました。

カーナビ大先生様を見ますと、金閣寺の前を右折して
西大路通りに出ろ、そこを左折して、、
という道を指示しています。
まぁその道が一般的と言えば一般的なんですけどね。


でもでも、へんくつの謙介さんときたら
ごめんやっしゃ、その道は行きまへんねんと
言って、違う道を指示するのでした。

龍安寺からまずいったん南に下がって
一条通りを東に。そして、西大路に出ると、
左折して少し北に上がります。

北野白梅町の交差点に出たら、右折して今出川通りを直進。
で、今度は千本今出川の交差点を左折します。
後はひたすら千本通りを北上するのです。

そして千本北大路に出ても
そのまま北上します。

どうしてこのコースを取ったか、と言えば
金閣寺の周辺を避けたのです。

朝の9時くらいから夕方の5時まで、
要するに金閣寺の拝観時間中は、金閣寺周辺は
バスやら乗用車が来ていていつも
道路渋滞がすごいことになっています。

だって大型観光バスが3台くらい連なっただけでも
結構な長さになりますもん。加えてそこにタクシー
やら商用の車、観光客の自家用車、、、
もうあの辺は通れません。


そういう状況なので、その個所を避けて走るに
こしたことはないのです。


千本通りを北上して
佛教大学の前を通ったところで道が二つに
分かれているので、左側の道をずっと
上がって行きます。

ここからは坂の勾配がさらにきつくなるので
北に行くことを上るという京都の言い方が
よりはっきりと身を以って体験できる道です。


で、途中で車を停めてもらいました。
ここには「お土居」が残っているのです。

Odoi1

お土居も最近はブラタモ〇の番組とかで
知られるようになってきましたね。

洛中のお土居はほとんど無くなって
しまったのですが、この辺は辺鄙な
場所で、宅地開発というようなことが
あまりなかったために今まで残ったのでしょう。

Odoi2


さらに坂をどんどん上がって上がって、とうとう
突当りに来ました。この辺を鷹峯(たかがみね)
といいます。

そこを左折して少し行きますと、
光悦寺に到着です。

Koetsuji1


ここは本阿弥光悦が工芸村を
作っていた場所で、光悦の死後は
光悦の菩提を弔うお寺になりました。
光悦が創案したと言われる光悦垣ですね。

Koetsujigaki

冬になると、京都駅付近で雨だったら、
この鷹峯ではみぞれ。
さらに北の大原に行くと(寂光院とか
三千院のあるところです)雪です。
この辺は、四条河原町辺よりも
気温は確実に2,3度は低いと思います。

Koetsuji2


そういう気温の低さのせいでしょうか、
もう紅葉がはじまっていました。

ここも観光客に知られた名所のお寺では
あるのですが、まだ来訪する観光客は
少なくて、静かにお庭を見ることができました。


日は西に傾きかけてきました。
秋の日は日暮れも早いですね。
そろそろ四国に戻ろうか、という
ことになりました。

車に再び戻りました。
カーナビ様で四国に戻る道を検索したら、
名神南ICから高速に乗って帰りなはれ、というご指示です。

そんなふうな指示が出ていても、人間ナビのほうは
ごめんやっしゃ、かんにんえ、と言って
また別の道を行くのです。


鷹峯からまっすぐに道を下り、佛大の前を通過して
千本北大路も通過します。

千本今出川で右折して西大路まで出て、
今度は曲がらず直進して
嵐電の北野白梅町駅とイズミ○の間の細い道を
西に走ります。
(一条通は東行一方通行のため通れないのです。)

馬代(ばたい)通りに出たら、南下して丸太町に出て
今度は右折して丸太町通りを西に走り、常盤のガードから
天神川に出て、そこを南下します。

天神川五条で右折して9号線に出て
沓掛まで。沓掛交差点を左折して南に
ちょっと行くと京都縦貫道の大原野インターが
ありますので、そこから高速に乗りました。

そんなもの、京都の北の端の鷹峯から
南の名神京都南ICまで行っていたら
途中渋滞個所もありますし、
1時間以上はかかるはずです。

京都南まで行かなくても、大原野までは25分ほどで
行けましたから、時間短縮になりますし、渋滞箇所も
パスできました。


後はいつもの道を走りました。
大山崎ジャンクションから名神に入って吹田まで、
吹田で中国道、山陽道を経由して
明石海峡大橋を渡ります。

Akashikaikyo
(今回は運転していませんから、
こんなとこでの写真撮影だってできます♪)


淡路パーキングエリアで
休憩にしました。

Awaji1

ここのサービスエリアの
スタバのテラス席なんかで優雅に
コーヒーとお菓子を食べている人は
鳥の標的になりますよん。

トンビが急降下してきて
持っているものを
嘴や足で奪い去って行きます。

お菓子を取られるくらいだったら
まだいいのですが、嘴とか鋭い爪で
顔や手を切られたりする被害も
出ています。


トンビに油揚げ、ということわざ通りの被害を
被ったり、ということになりかねません。
いや、それ以上か。


なので、ここではいくら気候がいいから、
景色が素敵だから、といって、お外で
飲食をすることはよくよく気をつけなければ
なりません。

そういう被害があるので、5分おきくらいに
サービスエリアから放送があって注意は
しているのですが、それでもやはり
事故は起こっているようです。


3人で、最初に出し合ったお金の清算をしたり、
これからの話(親の介護のことなど)を
しているうちに陽は沈み、空も薄暮になりかかって
いました。
Awaji2


家に帰りついたのは、7時過ぎでした。
1泊2日の短い旅行でしたが、本当に楽しい旅行で
あっという間の時間でした。


楽しい時間は本当に過ぎるのが速いですね。

これで今回の旅行のお話はおしまいです。
いつのながらの長々とした文章
最後までお読みくださってどうもありがとうございました。

|

« 南山城の古寺へ(その7) | Main | 図書館をどう考えるのか »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/62455174

Listed below are links to weblogs that reference 南山城の古寺へ(その8):

« 南山城の古寺へ(その7) | Main | 図書館をどう考えるのか »