« 長月・京都へ (後編) | Main | 秋のせいでしょうか »

15. 09. 24

距離を置くこと

謙介、毎週結構いろいろな雑誌を見ます。
もうジャンルはいろいろでその日の気分で
あれやこれや、なんですけれども。

で、時々思うんですが、
雑誌とかネットもそうだろうと思うのですが
ことさらに主張が全面に出ますよね。

雑誌なんかでも毎号毎号いろいろな特集記事が
あって、それはもう特集ですから、読者の
意識を惹くようなことを書いています。


ターザ○を見ていたら、出てくる人出てくる人
シェイプアップされた素晴らしい体形の人ばかりで、、
メタボの人は、まぁがんばりなさい、というような
非常に肩身の狭い境遇に置かれているように思いますし、

アエ○なんかになりますと、
毎号毎号意識の高い、現代社会をリードするような人ばかり
出てきて、謙介みたいにテンションのおぢさんなんかが
見たら、もう雲泥の差のような人たちばかりが誌面に
登場するわけですよ。

そこで、雑誌を見ている側の意識はどうなんでしょうかね。
ターザ○のよりシェイプアップされた体の人々を見たら、
やはり、ああなりたい、とか切に思う人が多いのでしょうね。

出てくる写真のからだを見て、別の妄想を抱く人とか
はいないのでせうか。

今の雑誌って、変に身近な話題で迫ってくるところと
そういう「雲泥の差」ではるかな高みにいる人が
混じって出てきますよね。 その時に雑誌を見る側の
距離感をきちんと取っておかないと、って思ったことが
ありました。

謙介の身近なところに
そのターザ○を見て、「身体をあんなふうに鍛えられない自分は
人生の落伍者だ」とか思う人がいたのです。

本人に言ったんですけどね。
雑誌の特集なんかに出てくるのは目立っているから
出るわけで、あんなのが普通じゃ決してないよ、
とか。

でも、本人はすごいコンプレックスの中にいて、、
あんなふうになれないのは自分が悪いからだ、とか
思いこんでしまっているのです。

あんなふうになれないとダメなの?
と聞いてみたら、もちろんです、だそうで、、。


うーん。雑誌とか情報との付き合い方って
鵜呑みにしないことが一番だよ、と言いました。
ためしにあなたの知り合いの人を思い浮かべてごらんよ。


あんなシェイプアップされた体の人なんかいないでしょ。
フィットネス雑誌とかファッション雑誌なんていうのは
見てくれ重視だからさ。 だって、メタボでそこいら辺を
歩いているおっさんおばさんを読者モデルで載せたって
売れやしないでしょ。

とこんこんと話してみたのですが、、
雑誌のイメージにとらわれ過ぎていて、、
あれも別種のマインドコントロールじゃないか、と
思いました。

何でもそうですが、情報っていうのは
鵜呑みにしないである程度距離を置かないと
いけないですね。

ああ、そういう考えの人もいるんだなぁ
そういうのが好きな人も(嫌いな人も)
いるんだなぁ、くらいのところで置いて
おかないと、それが正しくて後は全部
間違っている、というような極端な方向に
流れて行きそうで怖いです。

まぁ世のなか広いですから、人生いろいろ、
ということでおいておいたほうがいいんだろうな、
ということを思ったのでした。

|

« 長月・京都へ (後編) | Main | 秋のせいでしょうか »

おもうこと」カテゴリの記事

Comments

雑誌にかぎらず人と比べるってのが、そもそもおかしいような…。それぞえですよね。

こういうのが流行ってるのってくらいでいいんじゃないですかね?ほんとうにお洒落な人は、ブランド物でなくてもお洒落にできますし。モデルさんのような体型でなくても、充分に魅力的に演出できると思います。

きっと、その雑誌をみて同じようにしなくてはって思ってる人は、コンプレックスというより自分の素材がわかってないのですよ。

だから同じようにしないと心配とかダメとかインスタントになって思ってしまうんじゃないでしょうか?インスタントな考え方の人が多いですね。

チョコレートケーキにお酒をひたしたらべったりして食べられないけど、ちがうスポンジにお酒をひたしたらサバランケーキのように美味しくなるわけでですよね。素材をなげかないでいかせばいいのに。

雑誌は、カテゴリー化したり、極端に特集くんだりするんだし、たのしんだり、参考にするのはいいけど、ふりまわされて、不自由になるのは、いかがなもおのかと思ってしまいますね。

僕なんて歳をかさねて、すっごい体つきですが、それもぬいぐるみみたいで面白いかもって楽しむようにしてます。
若くて経験や感動がすくないと、そういう考えになるんですかね…。
エセな雑誌のエディターさんにふりまわされるのはばかばかしいです。
僕も、きっとそのターザン、たまたま職場でもってきてる人がいて見ましたが、この食生活で、この体つくれるの…?体質ってあるのかもとか、どんだけジム通ってるの?暇なのね?とか、性格の悪いことも思いましたが…笑。こうならないといけないなんて、コンプレックスまではわかなかったかも、よっぽどナルシストか自分の素材を大切にしていないひとかもですね…。

Posted by: holly | 15. 09. 26 at 오전 1:05

---hollyさん
雑誌やマスコミって気をつけていないと
いけないのですが、目立ったこと、
普通とは違ったことを報道しますよね。
ですが、そんな傾向のニュースばかり
見ているとそれがあたかも普通のように
なってきたり、小さいことでも連日
報道されていたら、それがあたかも
世間の大問題のような気がしてくることが
あります。そういう時は謙介はマスコミの
報道を離れて、その職の専門の人に
訊くことにしています。本職の人に
訊いてみたら、実態が分かります。
その時に大抵の専門の人が言うのは
マスコミの報道は実態とかけ離れている、
ということをよく聞くのです。
確かに雑誌の特集記事とか見たら
へええ、とは思いますが、そんなもの
立場が違うし、考え方だって違います
まぁ、そういう考え方もあるなぁ、という
ところでちょっと距離をおいて
眺めてみる、ということが
大切なように思います。

Posted by: 謙介 | 15. 09. 26 at 오후 11:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/62235912

Listed below are links to weblogs that reference 距離を置くこと:

« 長月・京都へ (後編) | Main | 秋のせいでしょうか »