« 長月・京都へ (前編) | Main | 距離を置くこと »

15. 09. 22

長月・京都へ (後編)

翌日の朝、京都の空は快晴でした。
空の青が本当にきれいでした。
Hanakanasa

朝食をいただいて、会計を済ませると
出発です。
旅館からちょっと西に行き、双ヶ岡の高架橋を南に。
謙介の車の車線は京都から出る方向なので
空いていましたが、逆の御室・福王寺方面の
道路はものすごい渋滞です。
京都外○の辺から、ずーっと北はもう渋滞していました。
天神川を下って五条通りに出ます。
ここを右折して、西山に向かいます。

昨日の逆コースで沓掛から高速に乗ります。
表示が出ていて見たら、「八木西から丹波町まで渋滞4キロ」
とありました。八木西までは2車線ずつなのですが、
八木西に料金所があって、そこを出たところから車線が減って
対面通行になるので、それで混雑するのだろうと思われます。

渋滞に巻き込まれないように、八木西で下りて
9号線を走ることにしました。
2年間園部に通って、園部周辺をあちこち見ていたので、
八木とか園部の裏道は何とかわかります。

ところが、老の坂を越えて亀岡に入ったら
八木西から丹波町渋滞6キロに変わっていました。
数分の差で、渋滞が激しくなってきているようです。

亀岡を越えて、八木東を通過しました。
車は亀岡盆地の真ん中を走っていきます。

先日、園部の恩師を訪ねた時に、
亀岡駅の北側にラグビー場を作る、という計画を聞きました。

思わず「どうするのでしょうね」と
言ってしまいました。

亀岡駅の北側は、園部川の遊水地なのです。
今、そこには大雨が降った時に
川が氾濫しないように、洪水調節の
遊水地があります

そこを埋め立てて、ラグビー場を作るのだとか。
園部川というのは、保津峡を経て、桂川になって、最終的に淀川に
合流する川です。

最近のゲリラ豪雨で、
以前はあまりなかった
嵐山の辺の洪水が頻繁に
起こるようになりました。

これからもゲリラ豪雨は増えるように思います。
別にラグビー場を作るな、とは言いませんけれども、
そんなものを作ったがために、
洪水調節機能が喪失されて、
嵐山とか桂、といった下流域の洪水が
さらに激しくならないのかなぁ、という
ことを心配します。

八木西の表示が見えてきました。
なるほど、本線の彼方を見たら、
八木西の料金所を出た
すぐのところで渋滞しているのが
見えました。

本線からおりて、9号線へ入る交差点に出ました。
ここを右に行くと、前にも行った男前豆○の本社が
あります。
今日は左折して9号線に入ります。
やはり9号線は空いていました。
ほどなく園部町です。
園部の周辺も働いていたころとはずいぶん
変わってしまいました。
中世(室町時代)の経筒が発掘された
竹藪はいつしか宅配便のサービスセンターに
なっていました。

園部駅の手前で9号線から離れて
駅の南を走ります。
9号線の下をくぐって木崎町から
北へ。
帰りも道の駅で少し休憩しました。
そこからまっすぐ西へ西へと走ります。
ひたすら西に行くと、天引トンネルを経て
兵庫県の丹波篠山に入りました。

Sasayama


帰りは丹波篠山でお昼をいただきました。
家用に黒豆を買ったり街並みを見たりして
午後2時に篠山を出発です。

帰りは若狭舞鶴道を南に行って、
吉川ジャンクションで中国道に入り、
中国道を西に福崎まで行って
そこから播但連絡道で姫路東まで行きます。
姫路東から山陽道に入って、倉敷ジャンクションまで
そこから瀬戸中央道で四国へ、
というコースを走りました。

帰りは鳴門回りは徳島香川の県境で
渋滞が出ていたので、避けました。

実家に帰り着いたのが
午後4時半でした。
丹波篠山から2時間半ほどで帰ってきました。
やや車の流れの悪いところもありましたが、
それでも渋滞に巻き込まれることなく
帰ってくることができました。

今回、ネクスコの渋滞情報を参考に
して、渋滞しそうなところを通らない
ようにしましたが、謙介の通った範囲で言えば
あの渋滞情報は相当に正確だ、と実感しました。
やはりあれもビックデータからの分析なんでしょうね。

それともう何度も通ったり行ったりした実感ですが
丹波というところは改めて本当にいいところだなぁ、と
思いました。農作物が豊かにできるし、空気もいいし、、
冬寒いのが難ですけどね。
別に9月のこの時期は全然問題ないのですが。

どういうわけか、西へ行くときは
みんな大阪に出て、神戸を通ってでないと
行けない、と思い込んでいるんじゃないですかね。

急がば回れで、京都からだったら、大阪神戸を避けて
丹波回りで姫路に出れば、渋滞もないのにね。


今回は自分で運転をしていたのと、
時間的にどうなるやらわからなかったので
全体に余裕がなくて写真を撮ることが
あまりできませんでした。


ただまぁ、京都といってもいつも行くところばかりだったし
このブログにも何度もアップした場所ばかりで
今更写真もねぇ、というようなもので。(笑)
それで写真があまりありませんでした。

今度行くときは、写真をバシバシ撮って
いきたいと思います。
乞うご期待
(って一体いつ?)


|

« 長月・京都へ (前編) | Main | 距離を置くこと »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/62331464

Listed below are links to weblogs that reference 長月・京都へ (後編):

« 長月・京都へ (前編) | Main | 距離を置くこと »