« おわったぁい、今から夏休みだ | Main | たぶんこうなるだろうな、と予想はしていましたが »

15. 09. 01

なかなかに難しいことでございます

こないだ、謙介が最初に勤めた勤務先の
仲のよかった連中が集まろう、という会が
ありました。

それで出かけていろいろ話をしたのですが、
その時上司だった人からさ来年で
定年がくるのよ、という話を聞きました。
それにまずびっくり。

まぁ冷静に考えたら、その間、歳月は確実に
経過していたわけですしねぇ。


そして再来年に定年なんだけど、定年を待たずに
1年前倒しで退職する、
という話を聞きました。
そうか、もうそういう時期が来るようになったか、と
改めて月日の流れに思いを致したり、、、。

で、その後定年後の生活をどうするか、という話でひとしきり
盛り上がったのでした。

外国に移住するとか、豪華客船に乗って世界一周したいとか
というような話から、とっても現実的に
年金が出るまでしばらく別の仕事をするとか、、。

謙介の周囲なんて最近の話題と言えば、
親の介護、貯金通帳の管理、なんていうようなことです。
ケアマネさんとか地域包括センターとか、通所介護とか、、
こういうような言葉が
知り合いや友達との話で出てこない日はありません。

ただまぁ自分の退職後、というのは
まだそういうふうになるまで
多少は時間があるので、
そういうことを現実感を持って考えることも
しなかったのですが、、。
その時はさすがにそんな先の事も少し考えたりしました。

だけど退職したとして、、
再就職なんてできるような
技術もないし、、、。


早期退職して
自分で起業して、たって、、
身体だって弱いしなぁ、、、起業なんかして
やっていくだけの体力的な裏付けもないし、
商才もないしなぁ、、
定年後なんて全然想像できないや
とか思っていたのですが、、、。

そんなときに某歌手(特に名を秘す)の方が
お藝術書道ぱふぉーまんすをしている、
というニュースをたまたま見てしまったのです。

思わず
えええええええええええええ、うそぉぉぉぉ。と思いました。

あんな基礎練習のかけらもないようなクソみたいなもんでもええんか?


まだ筆に対抗する体力があって、
筆が勝手な方向に走って行こうとするのを
ねじ伏せるような力と技量があったら、
紙からその人の力強さがバーンと出てきたと思うのです。

その人の書いた字を見ていたら
暴走する筆と紙に引っ張られてしまった字でした。
筆のコントロールができていないのです。
ですから「書いた字」ではなくて、筆に引きずられて
しまった、としか思えなかった。
だから出来上がった「作品」が本当に貧相で
見ていて哀しささえ覚えました。

しばらくその字を見ていたのですが。

そんなのを見ていたら、ふと思ったのが
なんだ、あれだったら、自分にもできるじゃないか、っていうことでした。

よっしゃぁ、仕事辞めたら、いっちょ書道のパフォーマンスでも
するか、と思い立ったのでした。


そして数日後、友達にそのことを話したのです。
「仕事辞めたあとのこと考えてん」
「何をすんの?」
「書道のお芸術パフォーマンスやってみよか、と思ってんねん」
と言ったら、、

「アホ」と簡単に一言で片づけられてしまいました。
「えええええ、そやかて、あんなん謙介にかて書けるで。」
と言ったら、「あかん」と彼は言うのです。
「なんでやねん」と聞いたら
「ああいうパフォーマンスすんのは、イケメンでなかったら
あかんのや」と言うのです。

「えええええ、どうしてぇ? 」

「ほら、一見字が下手そうな若いイケメンの子が
ほれぼれするような字を書いたら意外性があって
すごい! ということになるやないか。謙介みたいな
おっさんが書いたって、何の意外性もあらへん」
ということで、あっけなく却下されてしまったのでした。

ということで話は振り出しに戻ってしまったのでした。

なかなか、先のことを考えるのも難しいことでございます。

(今日聴いた歌 ジョニーの子守唄 歌アリス
 1978年盤と2010年盤を聴き比べてみたのですが
 何が違うって、曲のテンポが全然違いました。)

|

« おわったぁい、今から夏休みだ | Main | たぶんこうなるだろうな、と予想はしていましたが »

おげいじゅつ」カテゴリの記事

Comments

将来を思うと憂鬱になりますね。
私もそうです。
仏壇をどうしようとか、財産分与とか、自分の骨はどうしようとか、キリがありません。
もちろん、生活の糧についてもですが、技術職なのでいつまでも若い頃と同じようにというわけにはいきません。
段々と見えなくなってきますし(苦笑)。
退職金がないのも頭の痛いことです。

書道教室といいましても、子供が減ってきていて、さらには学習塾以外の習い事をする時間が少なくなってきている状況ですので、経営は難しいでしょうね。
団塊の世代相手の何かであれば需要はあるでしょうけど、それも一時的なことだと思います。
う〜ん、何か明るい話題はないのものでしょうか(苦笑)。

Posted by: タウリ | 15. 09. 02 at 오후 4:53

---タウリさん
日ごろは、先のことについては
あまり考えないようにしています。
そういう状態に立ち至ってから、
考えるのでいいや、とか、先送りでいいか、
とか思います。だってそうなってみないと
分からないことだってあるじゃないですか。
それでも、時に不安になって夜
寝られなかったりすることもあります。
本当にこの問題はいくら心配しても
心配しても心配の種は尽きなくて
次から次へと出てくるのでしょうね。
とりあえず、問題の先送りでも
いいか、って思います。そうでも
しないと仕方ありませんもの。
書道を教えるのをセカンドライフには
できないと思います。顔も悪いですし(笑)
おっしゃるように人口が減っているし
需要がありませんもん。
うーん。どうして生活していこうかなぁ、、
それを考えると、また暗くなって
しまいます。本当に明るい話題は
ないでしょうかね。

Posted by: 謙介 | 15. 09. 02 at 오후 11:37

謙介さん
ごぶさたしております。
久しぶりにここにこようとしたら、検索ででてこなくて道に迷いました。

ネットの世界はしばらくお邪魔しないと「たしかこの辺に家があったのに、、、。」
みたいなことがあるので気を付けないと。

やっと夏もすぎて、夜は過ごしやすくなりましたね。

お題のテーマ 私はまさにその世代ですが、年金がどうなるかもわからず、「明日はどっちだ!」と叫びたい気分です。
遺言的なものは連れ合いと取り交わし、公証役場で手続きしました。

きちんとしておかないと何かあったとき本当に大変で、通帳一つ解約できません。

この年になると「独り」になる知人もいて「けんか相手がいない」と肩を落とします。
なにかのときを考えてきちんとしておくのは大人のたしなみと思う今日この頃です。

性格の悪い雄猫に居座られ、趣味の温泉に行くにも艱難辛苦。
友人からはこの猫のかわいいところが見てみたいと云われるありさま。

字は一生ものですのできれいな字を書けるのは大切な財産だと思います。

お互いに風邪などひかないように気を付けましょうね。

Posted by: ラジオガール | 15. 09. 03 at 오전 10:19

---ラジオガールさん
 お久し振りです。今年の夏はいかがでしたか。そうなんです。うちも両親の通帳を調べて、使っていないのとか、あまり利用の少ない金融機関のはもう解約してしまうようにしています。両親に何かあったときの
手続き関係とか、休みが取れた時に
いろいろとするようにしています。
 そういう年齢になった、ということなんですよね。まさかこんな時が来るなんて、、
って思います。自分の場合も年金なんて
あてにできそうにないので、70歳くらいまでは働かないといけないだろうな、と
思います。問題は体力なんですけどね。
いろいろと考える秋になりそうです。
夏のお疲れが出やすい時期です。どうぞ
お体ご自愛ください。
いつもありがとうございます。

Posted by: 謙介 | 15. 09. 03 at 오후 8:29

大人の書道教室しながら、パフォーマンスするってのは、
どうでしょう?主婦とか余裕のある人が来ると思うけど…。
あとは、イケメンでなくても、何か奇抜な
いっちゃてる格好で書は、一流っても、意外性があって
よいのでは?
定年後を楽しく考えるのは、よいことですね。
このご時世ですから、心は、何時も天国にして、
よい世の中にエネルギーが向かうといいですね。
私達一人一人の心のありようが時世に映し出されるの
かもです。
謙介さんの運営する書道教室なら通いたいかも。
あっ、ネットで通信教育って手もあるかも。
うーん。
なんだか、いろいろできそうで羨ましいてす。
😀

Posted by: | 15. 09. 04 at 오전 4:35

---hollyさん(たぶん)
結構書道って関心のある人も多いと
思うのですが、、問題はここに
どれくらい書道をやってみたいという
感心のある人がいるかですが。
まだそういう時期まで若干の
時間がありそう(笑)なので、
いろいろと可能性を考えてみたいと
思います。
ただちょっと思ったのは
偽物の字というのか
本当の練習をしていなくて
適当に書いたようなものが
むやみに有名になってしまって
いるのは、悲しい現象だと思います。

Posted by: 謙介 | 15. 09. 05 at 오후 9:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/62121379

Listed below are links to weblogs that reference なかなかに難しいことでございます:

« おわったぁい、今から夏休みだ | Main | たぶんこうなるだろうな、と予想はしていましたが »