« 祈りの対象と美術品と | Main | おわったぁい、今から夏休みだ »

15. 08. 24

小学生のようなことを言って

今週木曜にとあるところで、
研修会の講師をすることになっています。
その会に参加する人は全部で4000人くらい
いるのですが、謙介の講座は人数制限していて
30名、ということにしてあります。
だって不特定多数の人に話をするのは
困るんだもの。どこに焦点を絞ったらいいのか、とか
わかんないし。

その話が来たのは今年の3月で
謙介、やってくれへん? ということだったので
一応考えてみるとだけ、言ったつもりだったのですが

何時の間にやら、お引き受けする、ということになっていて、、
はい、シラバス(授業の計画書)を出してね、
定員は何人にするの?
会場はここでいい?

と、いうふうに話はどんどん進んでいって、、
とうとうその本番が今週の木曜日に
迫ってきたわけです。

通常、その種の研修会と言うのは、
研究しているところが、発表をして、
発表の後質疑応答があって、その繰り返しで終わる
というパターンなんですが、

今回は全然違っていて、
参加者に最初ワークをしてもらい
それぞれの組織での問題点を出してもらった後で、
謙介がその問題を考える上のヒントをいくつか説明したあと、
グループでその問題を克服するためのプランを作成する、
というものなのです。

最近の言い方で言えば
アクティブラーニングを取り入れた
講義形式で講義を行うのです。

アクティブラーニングというのは
一方的な講義ではなくて、
受講者同士が意見を出し合って
方向性を見つけ、解答を出す、ということをします。

そこで間違っていけないのはディペート(討論)
をするのではありません。
意見を戦わせてどっちが勝ったの負けたの、
というようなことでは決してありません。

行うのはダイアローグ(対話)をするのです。
お互いの意見をすり合わせていって
新しい回答を見つけ出す、というものなのです。


そのアクティブラーニング形式による講義を
行ってみようというのがちょっと冒険かなぁ、とは
思ったのですが、引き受けた理由なのでした。
新しいことをやってみたかったんです。


ただね。謙介が心配しているのは
参加者の方が謙介の想定した専門分野の人が
あまりいなくてほとんど部外者ばっかりなんですよ。
専門の人が集まったら、専門用語だって使えるし
余計な説明をしなくて済むのですが、専門外の
人がいたら、そこから説明しないといけないし、、
理解してもらえるかなぁ、というところがちょっと心配なんですよ。


今までだってこういうことをする機会はあったのです。
話をするのは別に苦痛ではないのですが、
今までは自分の組織とか、
他の機関でも同じ専門の人とかで、
知り合いだった人も結構いる中での話だったのですが、、。
今回は日本中から人が集まってくるのです。
北は青森とか西は九州とか、、


友達に言ったら、
野心的な試みやな。と言ってにんまり笑った後で
まあ、ある種無謀とか。
と言われてしまいました。

だって、そんなことをした人、今までに
誰もいないんだもん。前代未聞とはこのことで、、。

まぁ失敗してもいいから、レッツトライの精神で
やってくれ、と主催者から言われているのですけど、、。

急に不安になってきまして、、
今日は一日、果たしてうまく行くのか、と思いながら
スライドをスクリーンに投影させてリハーサルをしておりました。


台風が来て、いっそ中止にならんかなぁ、とか。
まるっきり小学生ですね。(笑)

まぁ台風もさっさと行きすぎるでしょうから
予定通りその講義をしないといけないのだと
思います。

明日もう一度リハーサルやって、、
まぁとにかくがんばってみます。

(今日聴いた音楽 海を見ていた午後
 歌 Hi Fi Set なんかこういう聴きなれた曲を聴くと
 今週は気分が落ちつく気がいたします。)

|

« 祈りの対象と美術品と | Main | おわったぁい、今から夏休みだ »

おべんきゃう」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/62142727

Listed below are links to weblogs that reference 小学生のようなことを言って:

« 祈りの対象と美術品と | Main | おわったぁい、今から夏休みだ »