« なゐにたいふうに | Main | 嵐来る »

15. 07. 14

アートと現実と

さっき気象庁の台風の進路予想を確認しましたら
どう見たって直撃コース。

ちょっとこれは用心をしないといけないなぁ、と
思いました。

はてさて。今日は建物のお話です。

P1


先日、園部に行ったときに、2日目の午後、先生と
↑ここに行きました。

これはガレリア亀岡、という施設です。

道の駅になっていて、亀岡の農家が作った野菜や
食肉、そういう農産物を加工したコロッケとか
おかずまで売っています。

道の駅、っていうと最近はいろいろなところにできましたよね。
ああいう施設って、
野菜とか鮮魚とか売っていたり観光案内所があったり、
地元の産品を生かしたレストランやカフェがあったり、
という観光交流施設のようなものが多いように思います。

ですが、この亀岡の道の駅がちょっと違うのは
ここに市立図書館も入っているんです。

Kameokalib


でも市立図書館だけではありません。
もっと意表を突くようなものもありまして、、。

それは結婚式場。

館内は中央部は巨大な吹き抜けになっていまして
そこに椅子を並べて式をする、ということなのだそうです。

と、ここまで書いてきて、なーんだ、と少し思いました。
(自分で書いていて、なーんだもあったものではありませんが)

以前は市民会館とか公民館で結婚式、っていうのが
結構あったのです。

謙介、中学の時はプラスバンド部だったので
市民会館をよく使う機会がありました。
そこに「結婚式場」という案内があったのを
覚えています。

ただまぁ、あの当時でさえ、すでに
市民会館で結婚式なんてしないだろうに?
そんなもの、ホテルとか教会でしょう、 
というスタンスではありましたが。

館内はガラス張りで吹き抜け構造に
なっているので、教会のような
造りになっていて、まぁ昔ながらの市民会館で
結婚式というのはいやだろうけど、
ここだったら、挙式をするカップルの人が
いるかもしれないなぁ、とは思いました。

なので、この施設の中に
ブライダル関連のお店もあります。
Wedding


亀岡って観光と言えば、保津川下りの出発点と
トロッコ列車の出発点くらいしか観光がないですもんね。

明智光秀のお城だった亀岡城跡は
あるんですが、あそこは宗教法人大本の
土地なので、ほかの街がやっているように市が城跡を
観光名所として売り出すようなこともできません。
(大本のことはまた別の機会に書きたいと思います)
なので、これといった集客のできる施設がないんですよね。

それで市がこれを建てたんじゃないかぁ、と
この建物を見学していて思いました。

ところがこのおしゃれな建物、先生に聞きましたら
大きな問題を抱えているのだそうで。

それは何かと言えば「ガラス張りの構造」が問題だった、
ということです。おまけに吹き抜けです。

この建物が沖縄とかハワイにあったら問題はなかった
でしょうが、作った場所は丹波の亀岡です。

丹波の冬は寒いのです。
何せ亀岡のお隣の南丹市の園部町なんて、
滋賀の信楽と並んで毎年冬になったら近畿地方の
最低気温を競う地域です。

夏はともかく冬になったらこの建物館内を風が
ヒューヒュー通り抜けるわ、全館暖房が効かないわで
想定の数倍の暖房費が余計にかかっているのだとか。


そういえば、東京オリンピックの競技場も毎回毎回
聞くたびに予算が何百億単位で膨張していって、、
最初の計算と著しくかけ離れた金額になっている、
というのがこのところ連日ニュースになっていますよね。

最近ではその建設費分の負担だったら
ほかのこんなものに使えるのに無駄だ、
というような意見も多く聞こえてきます。


建築家は「作品」としてしか、それを考えないのですかね。

その建物が建てられる風土とか、そこでどういう人たちに
よってこの建物が使われていくのか、ということは
思考の外、なんでしょうか?

建築家の人にとっては、その建物はひとつの通過点で
あって、建てたら次、ということなのかもしれませんが、
その建築を使う人にとっては、そこからすべてが
はじまるのだし、以後永続的に使われるわけですよね。

「デザイン」「風土」と「使い勝手」を調和させた建築設計には
ならなかったものなのか、それを目指したものを
考えなかったのか。


そんなことを先生の話を聞きながら思ったのでした。

(遠くで汽笛を聞きながら アリス歌
 音源はLPレコード 友達の家に遊びに行ったら
 この歌の歌詞を書の作品に仕立てていて、
 かっこよかったから頂戴、と言ったんですよねー。
 そうしたら「自分で書け」と冷たくあしらわれて
 しまいました。あいつが書いた作品のほうが
 絶対カッコいい作品なのに。 )


|

« なゐにたいふうに | Main | 嵐来る »

おげいじゅつ」カテゴリの記事

Comments

亀岡といえば山田木材経営団地のCMしか思い浮かびません(^_^;)
さて、国立競技場はどうなるんでしょうか。
奇抜な外観じゃなくて、もっと機能的で安価でできるデザインに今からでも変更すればいいと思うんですが、機敏に方向転換できないのがお役所なのでしょうね。
台風、明日から影響があるとか。祇園祭の山鉾巡行も荒天中止になるかも知れないですね。くれぐれもご用心ください。

Posted by: mishima | 15. 07. 15 at 오후 12:45

---mishimaさん
あの太鼓の音、今も覚えていますよね。(笑)
国道の9号線を亀岡から奥の八木のほうへ
走っていくと、確か山田木材団地、
という看板が建っているところが
あって、あ、テレビのCMのところって
ここだったんだ、と思ったことが
ありました。
国立競技場、どんぶり勘定で設計していた、
ということですね。この先どこまで膨らんで
いくのでしょうか。オリンピック精神から
ほど遠いようなところにどんどん
行っていくように思えて仕方ありません。

Posted by: 謙介 | 15. 07. 15 at 오후 1:38

東京で真夏に五◯なんて本当に大丈夫なんでしょうか⁇
日本人でも熱中症で倒れる人がなんてニュースが珍しくもないのに…ずっと昔に東京で開催された際には新幹線etc色々な経済的な効果もあったとは思うんですけど
競技場も以前から専門家の間では無理ではなんて話が。
地震怖いですよね、東日本の震災では報道を見過ぎない様にしてました、母は「怖くって良く寝れない」小さな子供さんが報道を見て怖がってしまうとか…福島在住の方に聞いたらいわきの家賃が上がってるとか、住んでいるからこそ原発の情報も色々と耳に入ってくる様で発表と全然違うそうですし。でも原発の審査は通したいようですが万一の場合なんて考えてはいないんでしょうかね

Posted by: ゆき | 15. 07. 20 at 오전 10:48

---ゆきさん
そうですよね。自分も今回の東京オリンピックの開催時期を聞いて、まず思ったのは
8月? ということでした。
前回は10月で一番よい季節だったのに
ほかのスポーツイベントのブッキングとか
放映権の兼ね合いとかで
この時期に決まった、と聞きました。
選手のコンディションなんかは
全然関係なくて、もっぱら経済問題
なのでしょう。
オリンピック本来の目的は忘れられて
しまって、どんどんどこか知らない
ところにスポーツが漂流してしまって
いるような気がしてなりません。

Posted by: 謙介 | 15. 07. 20 at 오후 12:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/61882014

Listed below are links to weblogs that reference アートと現実と:

« なゐにたいふうに | Main | 嵐来る »