« 日本でいちばん営業日数の短い駅へ(1) | Main | 日本でいちばん営業日数の短い駅へ(3) »

15. 05. 12

日本でいちばん営業日数の短い駅へ(2)

津島ノ宮駅は前回も書きましたが
津嶋神社の祭礼の時だけ営業する駅です。

で、こんなところに臨時駅を作って
どんだけの乗降客があるんだ、
という話ですね。

8月のお祭りの時にこの駅を利用する人は
2日間で5万人だそうです。

今のことですから駐車場だって
少しはあるのですが、それは数十台分しか
ありません。
ですから津嶋神社に参詣する人はほとんどが
今回の謙介みたいにJRで来ることが多いと思います。


駅も2日間の営業ですが
この神社もお社まで行けるのは、8月のお祭りの時の
年に2日間しか行けません。
津嶋神社については、また次回。


津島ノ宮駅の駅名表示版は
列車通過側と、ホーム側で少し違っています。
こちらはホーム側。

たぶん記念撮影を意識しているんじゃないか、と思います。
Tsushimanomiyasta6

で、こっちが列車通過側。 こちら側のほうはほかのJR四国の
駅名表示と同じで実用的なものです。
Tsushimanomiyasta61
最近JR四国も駅番号をつけるようになったのですが
津島ノ宮駅は臨時駅なので、駅番号が付されていません。
前はこちらに切符売り場の窓口が2つあったのですが、、
今は閉鎖されています。


それでどうしてこの駅看板が、らぶりーなことになっているかと
言えば、昨年、「SHIKOKU SMILE STATION」っていう
プロジェクトをJR四国がしていまして、、、。
Tsushimanomiyasta32

それは各駅をそのまんまゆるキャラ化してしまおう、
というものだったのです。「こうちえきちゃん」とか。
Kouchista

その一環で「津島ノ宮駅」も「つしまのみやえきちゃん」ということになって
それでこんなことになっているのだそうです。

駅を裏から見たところ。 夏にしか営業しない駅で
しかも海に近い(海まで50メートルくらい)駅なので
ほとんど海水浴場の海の家、という感じです。
Tsushimanomiyasta3
ぱっと見は海の家ですが、冷やしうどんとかカレーとか
かき氷は売っていなくて、売っているものは切符だけ
ですが。
この裏側にテーブルを置いて、そこに駅員さんが座って
切符を売っています。(あまりに人が多くて撮れませんでした。)

この日は、結構な数の駅員さんを見ました。(10人くらい)

ただおそらく現職のJR四国の駅員さんは2,3人で
後は年恰好から見て、退職されたJR四国のOBの方が
手伝いで来ていたんじゃないか、と思いました。

駅の周辺には「開設100周年ののぼりがいたるところに
立ててありました。のぼりの上と下のそれぞれのイラストは
おそらく「つしまのみやえきちゃん」なんだと思います。
Tsushimanomiyasta4


今日はここまでにします。

(今日聴いた音楽 いい日旅立ち 歌山口百恵
 1978年 音源はカセットテープ)

|

« 日本でいちばん営業日数の短い駅へ(1) | Main | 日本でいちばん営業日数の短い駅へ(3) »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/61574345

Listed below are links to weblogs that reference 日本でいちばん営業日数の短い駅へ(2):

« 日本でいちばん営業日数の短い駅へ(1) | Main | 日本でいちばん営業日数の短い駅へ(3) »