« ろくなことのなかった2014年だったけど | Main | あわてて国際電話をしたあの日のこと »

15. 04. 13

どこでどうなるやらわかりませんねぇ

ここでも何度かお話したことでしたが、
謙介、大学院の時にアカハラ
(アカデミックハラスメント)に遭いました。

指導教官が手前勝手な都合をつけて
謙介に対する指導を拒否して
学位論文に対する指導を何もしてくれなかったのです。

最初、謙介、それがアカハラとは
気づけなかったのです。
忙しいからご指導していただけないのかなぁ、とか
のんびりしたことを思っていました。

そうしたら、他の学生にはちゃんと
論文指導をしていて、謙介だけ意図的に
していない、ということらしくて、、。

途中、あまりにいろいろあったどろどろの部分については
省略しますが、謙介も腹が立ったので、
大学のハラスメント委員会に申し出をしました。

謙介は文学部だったわけですが
ハラスメント委員会は全学組織で
学生であれば、どの学部の委員の教授に
申し出てもいい、ということになっていました。

なのでわざわざ工学部のハラスメント委員の
先生に言いにいったのです。

どうしてかといえば、同じ文学部の先生に
申し出たら握りつぶされてうやむやにされてしまう
可能性がありましたから。

で、その工学部の先生に時間をとっていただいて
事情を話して、それからその工学部の先生から
謙介の指導教官に話が行って、ようやく話し合いの
機会がきたわけですが、「忙しかったので、
指導ができなかった。君が望むなら学会紹介や
発表の機会を与えるとかお世話をしよう。」と
いうことになりました。

どうして謙介がその先生からアカハラを受けたのか
と、その理由を想像してみましたら、たぶん
指導教官の嫌いな先生の授業を取っていたからだ
と思い当りました。

謙介のいた大学の文学部の国文の教員は
最初から国文科の教員だった人と
教養部の国文学の教員だった人で、教養部が解体したために
文学部に配置換えになった教員がいました。

で、最初から文学部だった人と、後から配置換えで
文学部の所属になった先生とは非常に仲が悪かったわけです。

その教養部出身の先生と親しくしていたために
謙介は排斥されたのだと思います。

もしくはあいつ(謙介)はバカだからどうせ指導しても
仕方がない、とか。


それくらいしか理由が思いつかない。

自分が嫌いな先生の授業を取っていたからというような
ことで勝手に八つ当たりされてアカハラに遭うのか。


その後の対応は、本当に面白かったです。
しばらくお義理でお世話じみたようなことをしたら
「もう義理は果たしたからなふん」というようなことで
また無視をするようになって今に至っているのです。

謙介はその間もずーっと毎年年賀状を出して
おりました。

もちろん去年の暮れにも
出しましたから、今年のお正月には
届いていたはずです。はい。

ご縁は大切にしなければいけません。

嫌がらせで毎年年賀状を出していたとはいわない。


それがあなた。

今年の人事異動とやらで
そのアカハラをして無視をしていた先生が
謙介の所属の団体の担当になって
かわってきたわけです。

任期は4年です。

所属の団体の担当者の名前、謙介の仕事場では
代表者に上司の名前を出しているのですが、
それは表向きで
実際的には謙介が処理や対応の一切をしています。

うちの上司はいないことがほとんどですから
謙介が窓口なんですけどね。

今までもうちの上司、「謙介と直接話をしてくれ」
と言っていましたし、今年も謙介が実務担当になっています。

なのでその先生がやがてこまかな打ち合わせを
しに来ることになるはずなのですが、、。

謙介の名前は出てませんから、その先生
油断をしてやってくるでしょう。


張り切って打ち合わせの場所に行ったら、
一番見たくない顔のヤツが座っていて。
「せんせいおひさしぶりでしたね」とか。


どんな反応を示すでしょうか?


予想される反応としては、内心では「チッ」とか思いながらも
しれっとした顔をして
「やぁやぁおげんきですか。すっかりご無沙汰していましたね」
とか言ってくるのでしょう。きっと。

別に私は毎年年賀状出していましたし、ご無沙汰なんて
するつもりは全然なかったですけどね。そっちが勝手に
ご無沙汰にしたかったから無視し続けただけじゃねえか、とか。


せんせい、なかなかの奸物ですからね。

何食わぬ顔をしてニコニコしてきて
お話してくるでしょう。


総会はまだずっと先なのですが、、。
はてさて。


また総会などありましたらご報告したいと思いますです。

人間関係というのは将来またどこでどうなるやら
わからないものでございます。(微笑)

(今日聴いた音楽 ファイト! 今日は吉田拓郎の歌で)


|

« ろくなことのなかった2014年だったけど | Main | あわてて国際電話をしたあの日のこと »

おもうこと」カテゴリの記事

Comments

…年賀状、お義理でも出しておいて、よかった気がします。
そのような配置展開に今後なるのですね…。
また、嫌な思いをされないといいですね…。

時を隔てると、相手も少し変わってる事や、やはり成長なく変わってない事があるかもですね…ですが謙介さんは、確実に成長されてると思うので、「いざすすめ」の気持ちで、ファイティングですよ!

応援してます。

アカデミックハラスメントって言葉は、僕は、はじめて聞きました。

いろいろありますね…。

Posted by: holly | 15. 04. 14 at 오후 11:12

---hollyさん
謙介、今までの人生の中で
(ちょっと大げさですが)
「あの時に謙介に世話になったから
今度は世話をしてあげる」と
言ってもらったことが何度か
あったんです。誰かに便宜をはかって
もらおうとか思って付き合っているわけでは
決してないですが、それでも
いい加減なことを過去にしていると
結局まわりまわって自分に唾を吐く
ようなことになります。そういうことが
謙介自身の経験として何度かあったり
しました。
果たして今度お会いするときは
どういう反応を示すのでしょうか。
よく観察してみたいと思います。

Posted by: 謙介 | 15. 04. 14 at 오후 11:23

それはとっても楽しみですね。学生時代に某部で「睨まないで」と私に言った先輩→殆ど部活動していない方から卒業する際にお詫びのメモとサイン帳に一言お願いされましたがシカトした心の狭い私。年賀状毎年なんて凄いですね私ならそんな奴に葉書1枚だって出しません‼︎顔を合わせたら巧妙な嫌がらせをしてしまいそうです。
飛行機は乗ること自体あまりないんですが新幹線は乗り遅れた事1回、台風で特急料金が払い戻された事1回あります。最近走ると息が上がってしまって…
中日劇場に行くのですがチケットがあまり売れてない…名古屋だからなのか。松竹ユニクロとコラボで猿之助丈が更に酷使されています。歌舞伎の為に命をなんて…松竹に殺されちゃうんじゃないかと…コラボも宗家・音羽屋あたりでは難しくてもおも◯かなら断れないと
中村屋さんもご兄弟揃って酷使されてますが…又被害がなければいいんですけど

Posted by: ゆき | 15. 04. 17 at 오후 8:11

---ゆきさん
ああいう人ですから、謙介からの
年賀状が来たといっても
それこそ歯牙にもかけないの
だろうな、とも思います。
が、ああいう仕打ちをされたほうは
忘れてはいないぞ、という意思表示を
し続けておこうと思っているのです。
こないだユニクロに行ったら
一番目立つところで売っていました。ユニクロ・松竹歌舞伎とか書いてあって、、。(少し買いましたけど)
でも、おっしゃるように
澤瀉屋さんだから話に乗ったのでは
ないかなぁ、と謙介も思います。
高麗屋さんとかが果たしてやったか
どうでしょうか。
本当に松竹は働かせるだけ働かせて、、むちゃくちゃです。
ちょうど今、こんぴら歌舞伎を
こちらでやっているのですが、
こんぴら歌舞伎も年々座頭が
小粒になってきてしまって、、。
金丸座の周囲はにぎわって
いるのですが、町全体は、、
あまり活気が感じられません。

Posted by: 謙介 | 15. 04. 17 at 오후 11:41

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/61407980

Listed below are links to weblogs that reference どこでどうなるやらわかりませんねぇ:

« ろくなことのなかった2014年だったけど | Main | あわてて国際電話をしたあの日のこと »