« 米朝さんのこと | Main | 西分のしだれ桜 »

15. 03. 26

板は重いぞ

うちの仕事場に「さーやん」がやってきました。

Itahiroge


世間的には Surface Pro 3 とかいうのらしいのですが
まぁ道具ですから適当に名前をつけました。
謙介の場合レノ○のthink padだっておなべ6号ですから。
裏はこんな感じです。
Ura


キーボード部分とタブレット部分は外して使うことができます。
で、こちらはタブレット部だけです。


Sayan


それで文系人間の謙介さんの
しばらく使ってみての感想です。

結論から言うと、あんまり使い勝手のいいものでは
ないですね、ということでした。


まずもって重い。
タブレットだけですと800グラムありますし
Omosa1

キーボードを含めると1.1キロを越えます。
Omosa2

このさーやんを持って外出したとしてですよ、

1.1キロのものをずーっと持ち続けないと
いけないわけです。

正直重いです。

もうちょっと軽くならないのでしょうか。
たとえば500グラム以下とか。


これを持って使いながら移動する、ということも
考慮に入れているらしいのですが、
おっさんはともかくも、おねいさんがこんなもの
日常持ってうろうろ、というのは結構疲れると思います。

それとこのタブレット、前々から言っているように
どうしても「板状」のものがカバンの中で自己主張して
しまうんですよね。
紙だったら適当に曲がってくれて、カバンに入っても
収まりがいいのですが、
タブレットは「板ですから曲がらない」と自己主張します。

厚さは1センチくらいなんだから薄いだろ、
と思われるかもしれませんが、
紙と違って全然曲がらない板がカバンの中に入ると
結構それだけで場ふさぎになったりします。

前にこういうタブレットの研究会に行ったときには
数年で「しなったり曲げられるタブレットが出ます」と
聞かされて、それだったらいいなぁ、と思ったのですが、、

まだ今のところ「曲がらない板」のままです。


キャッチコピーは「ノートPCの進化形」だそうですが

謙介に言わせたら、ノートPCの発展途上形としか
思えない。

それから使った感じですが、
手で操作しようとしてもレスポンスが鈍いです。

操作の中でも
スマホみたいに手で画面の映像を拡大・縮小するのは
スムーズに行くのですが、右肩上の画面を消すとか
アイコンをクリックするような動作になると
非常に感度がよくない。

手だと反応してくれないことのほうが多いです。
添付の電子ペンで、2回押しても
(マウスのダブルクリックに相当する)
3回に1回くらいしか反応しません。

それについてはコツが必要なのかもしれませんが
今の世の中、誰でもが使いこなせる
ユニバーサルデザインのものがますます
重要視されて行っているのに、
そんなコツが要るようなものでは、全然ダメでしょう。
どんな人でもストレスなく使えないと。

ですからレスポンスを正確に。
そして迅速に反応するようにしてもらわないと。
あれではまだまだ使い勝手がよくなったとは
決して言えない代物だと思います。

ノートPCに普通にできることが、
できにくいのに、それを進化形と言えるのでしょうか。


(まぁそういう意味もこめて、これは発展途上形でしかない、
と言ったのですが。)


仕事の道具だから使いはしますけど
まだまだ使い勝手がイマイチで
「もっとがんばりましょう」としか評価できない、と
思いました。


そういうことで、結構なお値段がする上に
使い勝手がいまひとつ、ということであれば、
やっぱりもうしばらくタブレットは買うの見送ったほうが
良いなぁ、というのが結論になったのでした。


(今日聴いた音楽 Raindrops Keep Fallin' on My Head 
 邦題 雨にぬれても 映画『明日に向かって撃て』より
 歌 B.J.Thomas)


|

« 米朝さんのこと | Main | 西分のしだれ桜 »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

タブレットは扱いが難しいですね。
見た目ではほしくなるのですが、いざ目の前にすると、何に使おうか?と悩んでしまいます。
見るだけならスマホで良いですし、作業をするならPCのほうが良いです。
Surface Proはいろいろな面で中途半端なので、自分で買うのをためらっていました。
職場ではiPadが配られていますが、ほとんど使ったことがなく、充電すらしていません。
業務処理のほとんどをPCで済ませています。
さーやんの活躍の場が見つかると良いですね(^o^)/

Posted by: タウリ | 15. 03. 26 at 오후 10:37

---タウリさん
実はこのさーやんの使い方を習熟して
教えないといけないのです。
スマホを使っている子であれば
少し教えたら、後は自分でなんとか
やってくれるだろうと思うのですが、、。
うちの仕事場もキンドルとかも
あるのですが、ほとんど使えず、
というのか使えねぇ、ということで
お蔵入りです。このさーやん、
もうちょっと軽くて持ち運びに便利で
レスポンスももっと速かったら
いいんですが、、これではちょっと
なぁ、、とか思っています。
キンドルと同じような道をたどらないように、と願っているところです。

Posted by: 謙介 | 15. 03. 26 at 오후 11:10

「おねいさん」ではなく、「お姉さん(おねえさん)」です。
日本語について、あれこれ述べる資格がありませんよ!

Posted by: | 15. 03. 27 at 오전 10:28

---   さん
どうも申し訳ございません。
この「おねいさん」というのは、
クレヨンしんちゃんの言い方を
面白がってずっと使っております。
洒落で使っております。
最初からお読みいただけると
そういう点お分かりいただけるか、
と存じます。

正しい日本語ということについて
どこで判断するのかといえば、
語彙(呼称)ではなくて
語順とか、単語の順序が
正しく文法順に来ているかどうか、
という部分で見ていただきたいと存じます。

たとえば、「コンピュータ」の言い方ですが
日常で発音として考えた場合、
「コンピューター」と最後を
伸ばして発音しています。コンピュータ、
と文字に書かれたとおりに発音している
人は少ないように思います。
しかし理工学分野での表記は
「コンピュータ」
と最後を伸ばさないものが一般的です。
それでは、発音通りに表記していない
「コンピュータ」の表記は間違いなのか、
正しい日本語ではないのか、ということに
なりますが、決して間違いではありません。

このような一般的な名詞の表記については
1986年内閣訓令第1号で出た
「現代仮名遣いの表記について」の前書きの
2番目に「常用漢字表は個々人の表記まで
に及ぼそうとするものではない」と明確に
書かれております。
したがってこの個人的なブログで管理人が
個人的な好みとして「おねいさん」という
呼称を使用するのは私の自由裁量です。
どうぞそうした点をお含みいただきますよう
伏してお願い申し上げます。

Posted by: 謙介 | 15. 03. 27 at 오후 12:43

僕もこの大きさのタブレットは、ちょと苦手かも、どうかと思いますよね…。

A4くらいのサイズのものならば、ウルトラブックのような従来のノートのほうが僕が買うならば買います。

タブレットならipadミニくらいの大きさなら鞄に入れても、まだ、邪魔にならないかもですが、写真の、このサーフェイスだと嵩張るかもですね。それに、ほんとにタッチパネルって反応が悪くてイラっとするときありますよね、僕のスマホはiPhoneなんですけど、タッチパネルが反応が鈍くて手がいたくなるときあります。汗。
結局、ボタンやマウスがいいって思うときあります。

800グラムもしない従来のノートタイプのウルトラブックが、今は、もろもろ発売してるので、買うならウルトラブックがいいかもです。
僕もタブレットには購買意欲がわきません。特に仕事や何か作業でバンバン使いたいときは、タブレットはよさげだけど、いまいちに思います。

しかしこの写真のSurfaceってやつは、CMにばんばんお金かけてますね~。TVやネットで目にします。そんなに売れてるんですかね…。


Posted by: holly | 15. 03. 31 at 오전 9:49

---hollyさん
CMではやはり買わせるために
「これ1台ですべてオッケー」とか
言っていますが、やはり使ってみての
感想はまだまだだなぁ、と思いました。
どうせ板でかさばるのであれば従来型の
ノートのほうが使い勝手もいいし、
表示のレスポンスも速いので
ストレスなく使える気がします。
理工系の方のように図表中心なら
いいのでしょうが、文系人間は
やはり文字を打つことが多いですからね、、。
でも売れているんですかね。謎です。
売れないからがんばって宣伝しているとか。(笑)

Posted by: 謙介 | 15. 03. 31 at 오후 4:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/61339598

Listed below are links to weblogs that reference 板は重いぞ:

« 米朝さんのこと | Main | 西分のしだれ桜 »