« 板は重いぞ | Main | ハニー雷蔵 »

15. 03. 30

西分のしだれ桜

今年も西分(にしぶん)というところにあるしだれざくらが
見ごろになった、という話を聞いたので、
実家から仕事場に移動する途中、ちょっと回り道をして
行ってきました。


この桜、徳島県との県境の山地の山すそにあります。
桜の木を保護するために車を少し離れたところに置いて
木の近くまで歩きます。

Nishibun1

桜の木は遠くに見えているのですが、
少しずつ、緩やかな坂を上がっていくにつれて
桜の木の全貌が見えてきます。

もちろん近づいていますから、大きく見えるようになってきます。

Nishibun3

その見える木の変化が心の高鳴りと同調するような感じで
この桜の花の印象をより深くしているような気がします。


桜の木は見る位置によって樹形がどんどん変わっていきます。
遠くから見ているときは、天蓋のようなドーム型だったのですが、
近くに行って角度を変えてみると泉の湧き出る水のような形に
見えたりします。

Nishibun4

この桜の木はエドヒガンザクラという種類だそうで、植えたのは1975年ごろ
だそうです。ですから今年で40年ほどになる、ということですね。

地元の人が保存会を作って大切に育ててきたそうです。
やはりこれだけの木になるには、それ相当のお世話が
あったから、だろうなぁ、と桜を見てしみじみ思いました。


ちょうど3月のこの時期は
卒業とか異動とかがあって
いろいろと親しい人が動く時期ですね。
その中にはやはり親しくなった方との
お別れもあって、しみじみとしてしまいます。

謙介自身は異動はないのですが
よくしてくださった上司二人が退職していくので
ちょっとさびしい気もしています。


変わること。変わらないこと。
いろいろな思いがこの時期交錯して
しまいますね。

そんな人事と、ちょうどこのころ咲いて
数日後には散ってしまう桜の花を
われわれはどうしてもそこに重ね合わせて見てしまうのでしょう。


お天気は曇りだったのですが、
ピカピカの晴れではなく
曇っていてちょっとかすんだ感じで
そのほうがいかにも春らしいなぁ、と
思いながら、しだれ桜を見てきたのでした。


(今日聴いた音楽 「お父さんが嘘をついた」
 2014年 六角精児バンド アルバム「石ころ人生」
 から。 しみじみと感じるところがありまして、
 最近の好きな曲でございます。)

|

« 板は重いぞ | Main | ハニー雷蔵 »

いなかのせいかつ」カテゴリの記事

Comments

わ,もう桜が咲いたのですね。
綺麗ですね♪

北陸は、まだ、ちょと咲いてないみたいです。
梅の花と木蓮が少し花をふくらませたり咲いたりですが桜は、どうもまだみたいです。

もう幾日かしたら桜の話題ができるでしょうか。
はやく、ぽっかぽっかの春がきてほしいです。

Posted by: holly | 15. 03. 31 at 오전 9:53

---hollyさん
この桜はソメイヨシノとは違って
エドヒガンザクラという品種の桜なので
ソメイヨシノより早く咲く品種なのだそうです。
四国はお彼岸あたりまではやたら寒くて
ストーブがまだいるなぁ、と思って
いたのですが、ここ数日、急激に
あたたかくなってきました。
北陸ももうじきあたたかい日が
来ると思います。 待ち遠しいですね。

Posted by: 謙介 | 15. 03. 31 at 오후 4:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/61357758

Listed below are links to weblogs that reference 西分のしだれ桜:

« 板は重いぞ | Main | ハニー雷蔵 »