« ちかごろ食べたものを淡々とアップする(その2) | Main | ちかごろ食べたものを淡々とアップする(その3) »

15. 01. 01

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いします。

Img_8616

ことしはひつじ年なので
それにちなんで羊毛の筆で書いてみました。
筆を買うのって、本当にバクチみたいなところがあります。

たとえばマーケットに行ってインスタントのカレーのルウを
買ったとします。ハウスのジャ○カレーの辛口であれば
何箱並んでいてもどれを買っても同じ味に違いありません。

でも筆は違います。同じ銘の筆を買っても
すごく書きやすい筆と、全然ダメな筆があります。
一定していないのです。
ひどい時には10本買って全部だめ、っていう場合もあります。
本当に泣きたくなりますが。

羊毛の筆は非常に扱いが難しい筆です。
というのが毛の質がふにゃふにゃだから書きにくいのです。
(書きやすいのはイタチとかタヌキのような剛毛の筆です。)
でも羊毛の筆は摩耗が少ない、という長所もあります。

そういうことでふにゃふにゃの毛でしっかりした線を出すのは
なかなか苦心するのです。


大みそかになって、ようやっと冬休み中に書こうと思っていた
論文の参考文献とか本を読みだした謙介。
しかしそれにしても学生時代以来、まったく進歩がないというのか、、。
横では紅白がかかっていました。

一人当たりの歌唱の時間も相当に露骨でしたね。
NH●が出してやる、と言った歌手のほうの演奏時間は短くて、
頼んで出てもらったほうの歌手の時間は延々と長くて。

それから
やっぱり中森さん、声の出る音域がすごく狭くなっているなぁ、と
思いました。かつての「DESIRE」のころだったら、もっと張りのある
高音域だって出たはずなのに、声が出たら、もっとパーンと高いところで
歌うだろうに、高音が出ないから、あそこの音域で処理してしまうんだなぁ、
と思いつつ聞いていました。

去年は例の「ありのーままでー」が流行りましたね、
あの曲聞きつつ思ったのは、
やっぱり日本って自分はありのままで
生きられていない。抑圧されまくりの人生だなぁ
と思っている人が多いのだと思いました。
だからあの歌があれだけはやったのではないか、と
思いました。

12月31日の朝は、みそ汁 白菜の卵とパプリカとハムの上にチーズをのせて
オーブンで少しあぶったもの
Asa3

お昼は委佐子の店に行ったりして忙しかったので、おやつだけいただきました。
昨日のかぼちゃのお菓子の残りです。

Oyatu_1

かぼちゃのお菓子の断面はこんなふうです。
皮を使ったやや緑色の部分と、実の部分の黄色の部分が
こうして見ると分かれているのが見えます、よね。
Oyatu2


で、夕方、黒豆だけ圧力鍋で作りました。
Yuu3
夕方は白菜の卵とじ 里芋のごまみそ煮 黒豆 大根の煮物 年越しそば

こうしてみると、野菜ばっかりであまりタンパク質がないなぁ、と思いました。
タンパク質の食べ物と言えば、そばの上のてんぷら(よその地方で言うさつまあげ)
と卵とじの卵くらいですね。

お正月の朝はこういうふうなものをいただきました。
菊花かぶ 伊達巻 かまぼこ 黒豆 雑煮(丸あんもち にんじん だいこん 白みそ
仕立て 青のりを振る)
Img_8612

お雑煮はあんもち入り。
Zoni

(今日聴いた音楽 ベートーヴェン交響曲第9番 
 飯森泰次郎指揮 関西フィルハーモニー管弦楽団演奏
 2014年11月の自分たちが歌ったコンサートの分を
 聴きました。もうお先真っ暗な世の中だけど、せめて正月
 くらいは、めでたいことがあってくれぃ という家持さんの
 ような心境です。)

|

« ちかごろ食べたものを淡々とアップする(その2) | Main | ちかごろ食べたものを淡々とアップする(その3) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

あけましておめでとうございます。
北陸は、大雪の年明けになって、雪かきにおわれています。汗笑。
今年もなかよくしてください♪

N●●の中森さん、体調がまだ、ばんぜんでないんでしょうかね?中継でなくて、晴れ晴れと会場で歌ってほしかったですね。

例の「ありのーままでー」は僕は、実は、だ一嫌いな歌なのですよ。
そのまんまの自分をそのまんま受け入れて、そのまんまで、みとめろ~って、みとめろ~。みとめろ~って歌ですよね。

なんだか人間じゃなくて野生の動物の振る舞いのような歌で、好きになれません。
流行ったのも世の中の写しだなぁって思っています。
モンスタークレーマーや、理不尽なマナーの人が多いのも、こんな曲が流行るのも、「ありのまま」で畜生みたいな人が多いのかもです。
人間は、ありのままでは、こまりますよね。

いろんな事を経験したり、知識をえたり、考え理性で行動して学んでいかなくては、「ありのまま」の人が多すぎて争いが起こるに…

ディズ○ーのキャラクターも昔の2Dの頃はヒロインもそこはかとない色気や美しさもあったのに、なんだか3Dキャラになってから、だんだんグロテスクにりました。なんででしょうね?
表情がアニメーションで付けやすいってのも技術的にあるのかもですが、それにしても、
ヒロインもデフォルメの似顔絵のようなでデザインの顔で、美しくないし、王子様も魅力がどこにもなくなりました…なんだか残念。
ちっともかわいくないデザインなのに、なんでかわいく感じる人がいて人気がでるのか不思議です。同じデフォルメの顔でも、もう少し美しく出来ると思うんですけどね…欧米人のデッサンですね…。

羊の毛の筆は、僕は使ったことがないです。絵を描くときは硬い毛はぼかしに、柔らかい筆はくっきり描くときによいのですが、あまり柔らかすぎるのも描きにくかったり、書きずらそうですね…。
羊の筆で書かれたのですね、書道家らしいですね。ステキですね。
美しい字や書が書ける人がうらやましいです。

Posted by: holly | 15. 01. 03 at 오후 2:47

---hollyさん
ありのままでー、っていう曲ですが、
いかにもディズニーらしい曲だなぁ、
って思いました。主人公は何をしても
うまくいかずに、不幸で鬱屈した生き方を
ずーっと送ってきていて、最後になって
はじけて、っていうところで、、
この歌なんですよね。
曲的に言えば、以前これも流行りましたけど
フラッシュ・ダンスのあのテーマの曲
みたいな曲だなぁ、って思いました。
中森さんは声の出る音域が狭くなっていましたね。やはりいろいろなストレスが
あったから、なんでしょうね。
羊の毛、って今度写真に出しますね。
羊の毛、っていうと、普通毛糸を
連想してもこもこじゃないか?
って思われるかもしれませんが、
ストレートな毛なんですよ。
でもくにゃくにゃしてて
本当に書きづらいんです。
羊毛の場合は、真上から力を一点に
こめて字を書かないと、ふにゃ、っと
した線になってしまいます。
昨年もいろいろなお話、ありがとう
ございました。いろいろなところで
考えさせられたり、救われたりしました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

Posted by: 謙介 | 15. 01. 03 at 오후 6:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/60901115

Listed below are links to weblogs that reference あけましておめでとうございます:

« ちかごろ食べたものを淡々とアップする(その2) | Main | ちかごろ食べたものを淡々とアップする(その3) »