« またアサガオが咲きました | Main | 2014年秋・西国巡礼の旅(その5) »

14. 12. 01

2014年秋・西国巡礼の旅(その4)

お昼は親戚の家でごちそうになって、
(ぶぶづけでもどうどす、と言う前に
ご飯が出てきてしまいました。笑)
1時過ぎに失礼をしました。北大路を東に行って、
洛北高校前から南に下がります。 
本当なら北大路と河原町通りの交差点なのですから
北大路河原町というのが、他の言い方からして、正しいはずなのですが
なぜかここは昔の市電の停留所の名前のままに洛北高校前、というのです。

そこを一度下がって下鴨神社の西側を通って、河原町今出川の交差点に
出ました。そこから今出川を少し東に行って、熊野神社前を
(ここもですね。本来なら東大路今出川になるのですが、熊野神社前
というほうがわかってもらいやすい。)を南に行きます。

あとはひたすら南に。
さすがに四条の八坂神社の前から清水寺のある五条かいわいに
かけては人も車も多いです。

さらに下がって七条まで行きます。
京都国立博物館は人が多いのでパスして
その東側の智積院に行きました。

Chijyaku1

ここも真言宗の智山派の本山です。
本当なら書院のお庭とか襖絵が有名で見たいのですが、
あまり長く歩くのもどうかと思い、本堂におまいりして
ご朱印をいただいて、というだけにします。

本堂前の紅葉がことのほかきれいでした。
Chijyaku2

実はここからほど近い泉涌寺にも行く予定で、実際行ってみたのです。
そうしたらものすごい人で、駐車場が2時間待ちだそうで、
あ、これはあかんわ、ということになって、、、。
仁和寺に行こうかなぁ、と思ったのですが、、
たぶんこの時期のあの辺は紅葉で人が大いに決まっているので
その近くの妙心寺だったら、大丈夫だろうと思いました。
それで、妙心寺に行くことにしました。

妙心寺に着いた時、陽が射しているのに
さっと雨が降ってきました。 時雨が降るようになりました。
これが冬の京都の天候なんですよ。
15分おきくらいに雨になったり、曇ったり、また晴れたりと
目まぐるしく天候が変わるのが冬の京都の天候なのです。

京都もそろそろ冬だなぁと思いました。

Myoshin2

妙心寺の駐車場に車を置いて、本坊に行きます。

これは途中の塔頭寺院の紅葉ですが、ここの紅葉も本当にきれいでした。
Youshin1

本坊におまいりして、塔頭寺院のひとつ、退蔵院に行きました。
Taizo1

方丈をお庭から見たところです。
「方丈」の額は、、
Gtaizo2

あ、とすぐにこの字を見たら
あ、むーちゃんの字やな、ってすぐにわかりました。

敬意をもって、正しくは山田無文管長猊下と呼ばないといけないのですが、
みんなむーちゃん、って呼んではったし(笑)ということで、ここではむーちゃんに
しておきます。
Muchan

1978年から山田無文老師は臨済宗妙心寺派の管長に
おなりになったので、

この額はおそらく34、5年前にできあがってここに掲げられたものだと
大体想像がつきます。

再び駐車場に戻って、今度は洛中に。

両親の希望で錦市場に行くことにしました。
こういうふうに急に言われたときにやはり自動車ですと
すぐに移動がしやすいのです。若い人だと
バスや駅の階段の上がり降りは苦にならないのですが
やはり膝が痛い、というようなことがあると、不自由です。
それに移動がやはり簡単にできます。


大体が、泉涌寺から妙心寺だって、京都の地理をご存知なら
分かるのですが、真反対の方角です。泉涌寺は、京都市内の南東の端ですし
妙心寺はどちらかというと北西です。
車があるとそういう移動がしやすいです。
(CO2の削減には逆行して申し訳ないのですが。)


丸太町通が混んでいるのか、と思ったら、全然混んでいなくて、
ちょっと拍子抜けしました。丸太町を東に行って河原町丸太町まで行って、
右折して、市役所のところをまた右折して、寺町を通り過ぎて
御幸町御池(ごこうまちおいけ)を南に行きます。
御幸町の通りのコインパーキングに車を置いて、南下すると錦に行きます。

まぁ秋の行楽シーズンの、それも土曜午後の錦市場なんて
人で混雑してないはずがないのですが、、
ものすごい人で、、、いつも行くお店でニシンの煮物を
買って、錦の近くのカフェでお茶というのか、休憩しました。


御幸町ということで、同じ御幸町通りにある
柳桜園でお茶を買いました。

今回はホテルでは夕食をとらず
朝食だけつけていただいて
夕食は外でいただくことにしていました。

1日目の夜は岡崎の近くの「餃子王」というところで
水餃子と炒飯をいただきました。
Gyouzaou


Gyouza


Gyouzaou2_2

まぁ京都まで来て中華、ということもなかったのですが。(笑)

今年の春、知恩院で泊まった時に
お豆腐料理の店に行ったのですが
コースだと時間がかかりすぎる、
(年よりは割とせっかちになる)ということが
ありました。

毎回、変化をつけて食事の内容も
違うジャンルのものにしたいのですが、、
さりとて、エスニックとか、他国の民族料理になると
年寄りの舌が受付ませんし、
そういうお店って、地下にあったり
階段をあがったり、で、そういうお店はまたダメなんです。
なので、お店の選択も
結構気を遣います。


2日目は北白川の「魚兼」で
Uokane
(晩だったので昼間の写真を)
てんぷらご膳をいただきました。
(すいません、食べるのに夢中になっていて
写真がないのです。)

前菜は、海老芋の煮つけ、柚子の皮をおろして
かけたものが上にふわっとかかっていました。
それからてんぷらです。

エビが2匹、
牡蠣に大葉を巻いて揚げたもの
サツマイモ、
しいたけ
きす、などが出てきました。
後はご飯と赤だし、かぶのお漬物。
というようなことでした。

お料理がおいしかったのは言うまでもありませんが

お店の隣がコインパーキングなので
歩いて移動する距離が少ないので、
そういう意味でもよかったです。

ホテルに入る前にガソリンを入れて、ホテルに入りました。

後はお風呂に入ってのんびりゆっくりしました。
今日はここまでにします。

(今日聴いた音楽 ひこうき雲 歌雪村いづみ
 ユーミンは最初この歌を雪村さんにあてて書いた曲だった
 と聞いたことがあります。本当は雪村さんの歌だったのですね。
 雪村さんののびやかな声のひこうき雲もなかなか素敵です。)

|

« またアサガオが咲きました | Main | 2014年秋・西国巡礼の旅(その5) »

おでかけ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91870/60723554

Listed below are links to weblogs that reference 2014年秋・西国巡礼の旅(その4):

« またアサガオが咲きました | Main | 2014年秋・西国巡礼の旅(その5) »